【加盟店向け】カード決済の場合も領収書の発行は必要?クレジットカードと領収書の関係や注意点とは

店舗での支払いの際に、カード決済を選択する人は多いでしょう。
カード決済の場合には、領収書の発行は必要なのでしょうか?クレジットカードと領収書の関係やそれに関する注意点についてまとめてみました。

カード決済を店舗に導入する方法や費用、手数料は?
おすすめ決済代行サービスやエラーコードの読み方も解説

カード決済時は領収書の発行義務はない

店舗での商品代金の支払いやサービスの料金にカード決済を選択するというのは、珍しいことではありません。
ですが、カード決済時に領収書の発行を求められた場合に、対応しなければいけないのか気になるという人も多いでしょう。
カード決済の場合には、領収書を発行する義務はありません

お客さん側からすると、商品を購入したのだから、領収書が欲しい、会社の経費として証明するのに領収書が必要だという声もあるでしょう。
しかし、領収書というのは、代金を確かに受け取ったということを証明する物になります。
カード決済の場合には、店舗はその時点ではまだ直接代金を受け取ったわけではないので、領収書を発行する義務というものはないのです。

カード決済は決済代行サービスがおすすめ!

カード利用明細書(客控え)が領収書代わりになる

ただし、さきほども書いたようにどうしても領収書が必要になるというケースもあるでしょう。
その場合には、クレジットカードを利用した際のカード利用明細書が領収書の代わりになります。
カード決済をした場合のカード利用明細書は捨ててしまわずに、大切に保管しておきましょう。
利用明細書に、発行者、日時、購入内容、金額、宛名が明記されていればその利用明細書を領収書の代わりとして支払いの証明をすることができます。
この、利用明細書は税法上の領収書ではないという点に注意が必要です。

どうしても領収書が必要な人への対応

それでも、どうしても領収書が欲しいという人がいる場合どのように対応すればよいのでしょうか?
もちろん法律的には領収書の発行義務はありませんので断ってもよいのですが、実店舗の場合サービスの1つとして発行をしているところもあります。
発行する際には、必ず「クレジットカードにてお支払い」というように記載します。
これが記載されていないと普通の領収書とみなされ、一定の金額を超えると収入印紙が必要となります。記載をしている場合、これは厳密には領収書ではないため、一定の金額を超えている場合でも収入印紙を貼る必要がありません
領収書ではないがその代わりになるということを伝えるようにするのがよいでしょう。

カード決済の人へ領収書を発行する際の注意点

カード決済の人へ領収書をサービスとして発行するという場合には、色々な注意点があります。

領収書として必要な項目をしっかり記載

サービスの1つとして領収書を発行するという場合には、必要なことが記載されていなければなりません。領収書の場合、発行者、日時、購入内容、金額、宛名がしっかりと記載されている必要があります。

また、中には「日付なしで発行してほしい」という人がいる場合もありますが、日付の記載は本来必要なので、それは本当はいけないことであるということを理解しておきましょう。

「クレジットカード払い」を明記

領収書を発行する場合に必ず明記するのが、「クレジットカード払い」ということです。
もしも、この記載がないという場合には普通の領収書としてみなされてしまいますのでしっかりと記載しましょう。

5万円以上でも収入印紙は不要

一般的な領収書の場合には金額が5万円以上の場合、収入印紙が必要になります。
しかし、クレジットカード決済で発行する領収書に関しては、正式な領収書にはあたらないのでそのような場合でも収入印紙を貼る必要はありません。

カード決済は決済代行サービスがおすすめ!

レシートと領収書はどちらかのみ渡す

現金で支払いをした場合の領収書についてですが、レシートと領収書は両方渡してはいけません
レシートを渡した後に領収書を依頼された場合には、レシートを回収して領収書のみを渡すようにします。
レシートと領収書を両方渡す場合には二重発行となり、二重計上などの不正使用のトラブルを招く要因となるので注意が必要です。
そのようなことを防ぐためにも、必ずどちらかのみにする必要があります。よく起こりがちなことなので、他に従業員がいるという場合には共通の認識として共有しておきましょう。

POSレジアプリで領収書を発行するには別途プリンターが必要

スクエアやコイニーなどのPOSレジアプリを使ってカード決済を導入している店舗の場合、領収書を発行する場合には別途プリンターが必要になります。
また、それぞれのサービス提供事業者によって異なりますが、事前に印字される店舗名などの情報などを設定しておく必要などもあります。
プリンターの準備と一緒に設定についても確認しておくとよいでしょう。
POSレジアプリの場合の領収書の発行方法は簡単で、事前に設定を確認しておき領収書の印刷というボタンを押せば発行されます。
詳しい操作方法はそれぞれの公式サイトにて確認しましょう。

カード決済時の領収書の発行には注意が必要

現金で支払いをした場合と、カード決済時の場合では領収書の発行が大きく異なります。
カード決済時の場合には、基本的に領収書の発行義務はありません
正式な領収書ではありませんが、一定の条件を満たせば、利用明細書がその代わりとして使用できます。
どうしても発行して欲しいという人がいる場合、サービスとして発行しているところもありますが、これは厳密には領収書ではないことを覚えておきましょう。
現金払いの場合と違うので、領収書を発行する場合は注意が必要です。

カード決済は決済代行サービスがおすすめ!


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

ayaya

ayaya

BD編集部のニュースを担当。ファッションレンタル無料体験利用中。日々キャッシュレス決済のお得情報を集めています。