クレジットカードが作れる年齢とは、申し込む年齢に上限はあるのか

インターネットショッピングやスーパーなどで支払いをする際に、クレジットカードで決済を行う人が多くなっています。

クレジットカードは持っていると便利で様々な特典を利用することが出来ますが、カードに申し込める年齢とは何歳からなのか。
また、クレジットカードの作成を申し込みできる年齢に上限はあるのか、解説します。

クレジットカードの仕組みは?種類、メリット、使い方、おすすめランキングも紹介

クレジットカードに申し込める年齢は?


クレジットカードを作成するには、各カード会社に申請を行います。
その際に各クレジットカード会社では、カード申込条件を記載していてその条件を満たさないとカードが発行されません。

クレジットカードに申し込みことができる条件はクレジットカード会社によって異なりますが多くの場合、高校生を除いた18歳以上の人という条件が多いです。
また、未成年者の場合には18歳以上の場合でも親権者の同意が必要であり、成人であればクレジットカード会社の定める条件を満たせば何歳でも申込を行うことが可能です。

18歳未満で収入がある場合も申し込み不可

人によっては、中学を卒業して働いているという人もいるでしょう。
しかし、18歳未満の場合には例え社会に出て働いていたとしてもクレジットカードを作成することはできません
また18歳以上の人でも高校生で未成年者の場合には、クレジットカードの申し込みはできない。

高齢者はクレジットカードの年齢の上限に触れることも


クレジットカードの申し込みは、高校生を除いた18歳以上であれば申し込みを行うことができますが、高齢者の場合にはクレジットカードの年齢の上限に触れるという場合もあります。

高齢者でもクレジットカード会社の申し込み条件をクリアしていれば、申し込みを行うことは可能ですが、カード会社の審査では収入面を見るということが多いため審査通過が厳しくなるということが多いです。
高齢者の場合には、収入が年金のみなど収入が低いためそのようなことが多くなる傾向にあるといわれています。

クレジットカード会社によっても異なりますが、条件として65歳~70歳まで上限としているところが多いようです。

若者に向けて年齢が制限されているクレジットカードも


クレジットカードの中には、若者や学生などをターゲットにしたものもあります。それぞれのカードの特徴や年会費について解説します。

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは、18歳から25歳の人限定のクレジットカードです。

年会費は初年度無料で、翌年度以降についても前年1回以上の利用があれば翌年度以降も無料。
前年の利用がない場合には、年会費は有料(税抜1,250円)となります。大きな特徴としては、他の三井住友カードのクレジットカードと比べてポイントをお得に貯めることができるということです。

通常の三井住友カードが発行するクレジットカードに比べて2倍のポイントが貯まり、さらに入会後3カ月の間はポイントがなんと5倍になります。

インターネットから申し込みを行えば最短3営業日でカードが発行されます。初めてクレジットカードを作るという人におすすめのカードです。

JCB CARD W

JCB CARD Wは、WEB限定で申し込み対象者が18歳以上39歳以下の人となっています。
年会費は無料で、使い方次第でポイントをお得に貯めることができるというのが大きな魅力です。

新規で入会するとAmazonの利用でポイントが最大7倍貯めることが可能なほか、優待店で利用することでポイントをお得に貯めることができます。

優待店にはAmazon、セブンイレブン、スターバックス、昭和シェル、Right-onなど人気の店舗で利用することができます。

WEB限定のカードなので、申し込みを行う際にはオンライン口座設定を行う必要があります。

ライフカード 学生用

ライフカードが発行している、学生専用ライフカードというものがあります。

このカードの申し込み資格は、高校生を除いた満18歳以上満25歳以下、大学、大学院、短期大学、専門学校に在学中の人となっています。
カードブランドは、JCB、VISA、MasterCardから選択可能でどれを選択しても、年会費は無料です。

カードの大きなメリットはいくつかの特典が用意されているということです。
事前に申込みが必要となりますが海外旅行先でカードを利用した場合、利用総額の5%をキャッシュバックしてもらうことができます。

さらに、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯されていたり、貯まったポイントは最大5年間有効でポイントに応じてギフトカードや他のポイントに交換したりなどのメリットがあります。

クレジットカードは定年前に作っておくのがおすすめ


クレジットカードを作成する場合、高校生を除いた18歳以上の人であれば申し込みを行うことができます。

そのため高齢者でもクレジットカードの申し込みを行うことができますが、年齢や年収などによって審査に通る可能性が低くなるため、社会人となり安定した収入があるならば、早い段階でクレジットカードを作っておくのが良いかもしれません。

クレジットカードの発行については必ず審査が行われます
審査に通過することができないとカードは発行できません。

クレジットカードの申し込み条件は、それぞれのカード会社によって異なります。年齢制限を行っている場合もありますので、クレジットカードを作成したいという場合には定年前に作っておくことをおすすめします。

おすすめ記事

この記事に関連するタグ

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!