クレジットカード

クレジットカードの種類一覧!銀行系、信販系、流通系の違いや特徴とは

クレジットカードには、さまざまな種類があります。
クレジットカードの違いといえばVISAやMASTER、JCBなどの国際ブランドの違いを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

しかし、クレジットカードは、国際ブランドだけでなく発行元によっても違いがあるのです。
クレジットカードは、発行元によって銀行系、信販系、流通系のクレジットカードに分類することができます。

今回は、クレジットカードの発行元によってどのような違いや特徴があるのかについて説明します。

クレジットカードの仕組みは?種類、メリット、使い方、おすすめランキングも紹介

クレジットカードの銀行系、信販系、流通系とは


この章では、銀行系、信販系、流通系とはどのようなクレジットカードなのかについて説明します。
銀行系のクレジットカードは、その名の通り銀行や銀行の系列会社が発行元になっているクレジットカードです。銀行が発行しているということで、非常にステータスが高いことが特徴になります。発行元の銀行と非常に相性が良いです。

信販系のクレジットカードとは、信販会社が発行元になっているクレジットカードになります。信販会社とは、オリコやセゾンなどの分割払いを提供している会社のことです。

信販系のクレジットカード会社は、長年分割払い(ローン)を扱っていることもあり、クレジットカードのノウハウが豊富です。

流通系のクレジットカードとは、流通系の企業が発行しているクレジットカードです。
イトーヨーカドーやイオン、楽天などが代表的な流通系のクレジットカードになります。

このように書くと、何を当たり前のことを…と思われるかもしれません。しかしクレジットカードにおいて、発行元をしっかり把握しておくことは非常に重要なことです。
次の章から、それぞれのクレジットカードの特徴やメリットについて解説します。

銀行系クレジットカードの特徴


銀行系のクレジットカードの特徴について説明をします。銀行系のクレジットカードの最大の特徴は、銀行が発行するという安心感と信頼感です。

銀行系のクレジットカードを持つだけで、保有者のステータスをあげることが出来ます。ステータスが高い分、流通系のクレジットカードや信販系のクレジットカードに比べると審査が厳しい傾向にあります。

審査は厳しいですが、ステータスが抜群に高いことが銀行系のクレジットカードの特徴です。銀行系のクレジットカードには、三井住友VISAカードやMUFGカードがあります。

銀行系クレジットカードのメリット

銀行系のクレジットカードの主なメリットは2つあります。

  1. ATMの手数料が優遇される
  2. 銀行系のクレジットカードは、銀行が発行しているだけあって発行元の銀行のATMの手数料が優遇されるクレジットカードが多いです。例えば、三井住友銀行では、ATMの時間外手数料が無料になったり、コンビニATMの手数料が月4回まで無料になるメリットがあります。

  3. キャッシュカードと一体型
  4. 銀行系のクレジットカードはキャッシュカードと一体になっていることが多いです。キャッシュカードとクレジットカードが1枚になっているので、財布にカードがかさばらず非常に便利に利用できます。

銀行系のクレジットカードは上記のように、銀行のキャッシュカードと非常に相性が良いです。メインバンクに使っている銀行のクレジットカードはぜひ持っておくことをおすすめします。

信販系クレジットカードの特徴


信販系のクレジットカードとは、その名の通り、信販会社が発行するクレジットカードになります。
信販会社は、古くから分割払いを扱っておりクレジットカード会社の老舗です。

歴史が長い事やクレジットサービスが主な事業であることから、クレジットサービスにおけるノウハウが十分蓄積されており、サービスが作り込まれているのが信販系クレジットカードの魅力です。

信販系クレジットカードのメリット

信販系カードは銀行系のクレジットカードに比べて、クレジットカードを作りやすい特徴があります。

また、キャッシングに強いことも特徴です。審査にあまり自信がない方や、キャッシングを利用したい方には、信販系のクレジットカードがおすすめです。

審査は、クレジットカードによってかなり緩いものもあるため、最初に作るクレジットカードが信販系のクレジットカードという人も多くいます。
審査は緩めですが、利用限度額が高いことはメリットになります。

流通系クレジットカードの特徴


流通系のクレジットカードとは、イオンやイトーヨーカドーなどの流通業界に属する会社が発行するクレジットカードになります。

多くの方は、スーパーや量販店、デパートなどで買い物をすると思います。流通系のクレジットカードは、発行元が経営しているところで買い物をするとさまざまな特典があります

具体的には、イオンカードやセブンカードなどが流通系のクレジットカードに該当します。

流通系クレジットカードのメリット

流通系のクレジットカードの主なメリットは、ポイント還元率、審査、年会費です。
ポイント還元率は、基本のポイント還元率は、銀行系や信販系と変わらない場合が多いです。

しかし特定のお店で買い物をすると数倍のポイントが付く特典があります。
特定のお店でよく買い物をする方にとっては非常にメリットが大きいでしょう。

審査は、銀行系のカードなどに比べると緩いことが多いので収入が少ない方や主婦の方でも作成しやすいことはメリットと言えます。

年会費に関しても、流通系のクレジットカードの多くは無料もしくは格安であることが多いので年会費の負担を軽くしたい方にも作りやすいカードといえるでしょう。

クレジットカードの種類と違いを知っておこう


以上のように、クレジットカードは、国際ブランドだけではなく、発行元によって特徴やメリットが異なってきます

ご自身の生活状況に合わせてクレジットカードを複数保有することで、現金で買い物をするよりもはるかに大きなメリットがあるのです。

ぜひこの記事を参考に、充実したクレジットライフを送っていただければ幸いです。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!