VISAブランドでおすすめのクレジットカードランキング2019!

クレジットカードの主要国際ブランドの一つであるVISAは、世界200以上の国と地域で利用することができ、日本でも多くの人が保有しているカードです。
これからVISAカードへの申し込みを検討している方のために、おすすめのVISAカードをご紹介します。

クレジットカードの仕組みは?種類、メリット、使い方、おすすめランキングも紹介

VISAは世界中で使えるクレジットカードブランド


VISAは、世界で最も有名なクレジットカードブランドで、世界200以上の国と地域で決済サービスを提供しています。
そのため、海外でクレジットカードを使う場合でも全く問題なく、多くの場所で利用することができます。

海外に行くことが多い方はまず間違いなく1枚は持っておきたいブランドです。

また、企業としても、3大国際クレジットカードブランド(VISA、Master、アメックス)において、売上高は第2位であるものの利益は第1位で、金融や決済に限らずともグローバルカンパニーとして、確固たる地位を築いています。

海外でも使える

VISAは1985年に設立された歴史あるクレジットカードブランドであり、世界でも広く利用することができます。
また、万が一クレジットカードが使えず現地で現地通貨が無くて困った時も、全世界にある260万台のVisaマークのあるATMで、現地通貨をすぐに引き出すことも可能なため、心強いカードです。

VISAのブランド対応している会社が多い

VISAの一つの特徴として独自のクレジットカードを発行していません。
クレジットカードを発行する会社と提携し、クレジットカード会社がVISAマークの付いたカードを発行する仕組みとなっています。
前述のいつでもどこでも利用できるという利便性から、多くの会社がVISAブランドのクレジットカードを発行しています。

VISAのデビットカードも発行

クレジットカードを持つことに抵抗がある方でも、VISAのデビットカードを使うことができます。
デビットカードなので使う金額が即時に銀行口座から引き落とされるため、普段利用している銀行で発行でき使いすぎる心配もありません。

セキュリティが優れている

また、3Dセキュアというより強固なセキュリティを採用しているウェブサイトではクレジットカード決済を利用することができ、不正利用などを防止できます。VISAももちろんこの機能に対応しており、事前にVISA認証サービスに登録しておくことで、安全に利用できます。

VISAブランドでおすすめのクレジットカード


そんなVISAブランドのクレジットカードで、特にオススメなカードを特長とともにご紹介します。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードの特徴

ICチップや顔写真付きのカードなど、安心できるセキュリティを備えている「三井住友VISAカード」も、おすすめできるクレジットカードです。 クラシック、アミティエ、プライムゴールド、ゴールドなどの種類があります。 楽天ポイントとヨドバシカメラのゴールドポイントに変換できるポイントサービスもあるので、買い物をしたくなるような環境が整うでしょう。

三井住友VISAカードのスペック

国際ブランド VISA
ポイント還元率 1,000円につき1ポイント(0.1%)
年会費 初年度:無料
翌年度以降:1,350円(マイ・ペイすリボの登録&利用で無料が継続)
審査基準 満18歳以上の方(高校生は除く)
発行期間 約1週間

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルの特徴

年会費永年無料、有効期間のない永久不滅ポイント、最短即日発行が魅力のクレジットカードです。 セゾンポイントモールでのショッピングで還元率が最大30倍になる店舗も。 西友・LIVINでのショッピングが第1・第3土曜日は5%OFF。

セゾンカードインターナショナルのスペック

国際ブランド JCB、VISA、Mastercard
ポイント還元率 1000円で1ポイント(0.45%〜0.5%)
ポイントの種類 永久不滅ポイント
年会費 永年無料
審査基準 18歳以上(高校生は除く)で連絡が可能な方。指定の金融機関に決済口座をお持ちの方
発行期間 最短即日(ネット申込み時)
キャンペーン VISAブランドに限り、Amazonプライムギフトコードプレゼント

JALカード

特徴

JALカードの特徴は、通常のフライトマイルに加え、JALカード会員限定のビッグなボーナスマイルをもらえることです。 また、ショッピングでも利用額0.5%のマイルが貯まり、特約店の場合は2倍の1.0%にもなります。オプションの「ショッピングマイル・プレミアム」(有料)をつければ最大2.0%の還元が得られ、ショッピングでカード決済を活用される方には特にお得になっています。 JALカードには充実した旅行保険も付帯しており、旅好きにおすすめのクレジットカードです。

JALカードのスペック

国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス
ポイント還元率 0.50%~1.00%
ポイントの種類 JALマイル
年会費 2,160円(初年度無料)
審査基準 18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で日本国内でのお支払いが可能な方
発行期間 最短2〜3週間

Yahoo!(ヤフー)カード

Yahoo!(ヤフー)カードの特徴

少額な買い物でも利用可能なうえ、金額に応じてTポイントがたまるのがYahoo! JAPANカードです。 現状ではPayPayに唯一チャージ可能なカードとなっています。 PayPayと組み合わせるには便利なカードと言えます。Yahoo!JAPAN カードはTカードと一体型で便利、既存のTポイントをまとめることも可能です。

Yahoo!JAPAN カードのスペック

国際ブランド JCB、VISA、Mastercard
ポイント還元率 100円につき1ポイント(1%)
年会費 永年無料
審査基準 満18歳以上(未成年の場合は保護者の同意書が必要)
発行期間 約2週間
キャンペーン 最大10,000円相当の期間限定Tポイントプレゼント

リクルートカード

リクルートカードの特徴

リクルートグループのサービス(じゃらん、ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティーなど)を利用している方におすすめなカードです。 リクルート以外のサービスの使用でも1.2%が還元されるため、年会費無料のクレジットカードでは高い還元率です。Pontaなど他のポイントサービスへの交換をする際にもお得なカードです。

リクルートカードのスペック

国際ブランド JCB、VISA、Mastercard
ポイント還元率 1,000円につき12ポイント(1.2%) リクルートのサービスを使うと+1~3%
年会費 永年無料
審査基準 満18歳以上(未成年の場合は保護者の同意書が必要)
発行期間 約2週間
キャンペーン 新規入会&利用で最大6,000ポイントプレゼント

楽天カード

楽天カードの特徴

楽天カードマンのCMでお馴染み、楽天が発行しているクレジットカードです。 年会費は永年無料。楽天カード最大の魅力は、普段の買い物でもポイントが貯まるということ。楽天市場とは関係ないスーパーやコンビニでも、国際ブランド(JCB、VISA、MasterCard、American Express)のクレジットカードが使えるお店であれば、100円につき1ポイント貯まります。もちろん楽天市場の利用時には+2倍のポイントがつくので大変お得です。

楽天カードのスペック

国際ブランド JCB、VISA、mastercard、アメリカンエキスプレス
ポイント還元率 100円につき1ポイント(1%)
年会費 永年無料
審査基準 満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く
発行期間 約1週間
キャンペーン 新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント

「楽天カード」について詳しくはこちら


ライフカード

特徴

ライフカードの中でも一番スタンダードなカードであり、入会金無料はもちろん、年会費も永年無料となっています。 特典としては、誕生日月ポイント3倍、年間利用額に応じて次年度のポイント還元率が決まる制度、盗難補償などがあります。 ポイント還元率は、基本利用であれば一律0.5%。誕生日月は1.5%となります。 ライフカード会員専用サイト「L-Mail」の利用で、更にポイント還元率が上がります。

ライフカードのスペック

国際ブランド JCB、VISA、Mastercard
ポイント還元率 0.5%(誕生月は1.5%)
ポイントの種類 LIFEサンクスプレゼント
年会費 永年無料
審査基準 日本国内に住む満18歳以上で電話連絡が可能な方
発行期間 最短3日
キャンペーン 新規発行&ショッピングで最大7,000円相当プレゼント

クレジットカード作るなら1枚はVISA持っておくのがおすすめ


VISAブランドのカードは国内でも海外でも利便性も高いため、1枚は持っておきたいカードです。
どのクレジットカードにするかは、それぞれ普段利用しているサービスに合わせて還元が多く受けられるカードを選んでおくと、使った後の楽しみもあるため、良いでしょう。

ポイント還元率やキャンペーン、普段使うお店で特典があるかどうかなど、ライフスタイルに合わせてカードを選ぶのがおすすめです。

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

この記事に関連するタグ

かねこ

かねこ

BDディレクター。2017年12月に仮想通貨取引を開始。最近はいろんなポイント集めにはまったり、キャッシュレス化するべくお財布のダイエット(不要なカードを減らす大作戦)に挑戦したりしています。