クレジットカード

海外旅行保険付きクレジットカードおすすめランキング

キャッシュレス決済が浸透し、クレジットカードにもさまざまな種類が増えています。
クレジットカードを選ぶポイントの一つとして、「海外旅行保険の付帯」が挙げられます。海外旅行を安心して楽しむためには重要なポイントと言えるでしょう。
今回は海外旅行保険付きクレジットカードがいかにおすすめなのか解説します。

クレジットカードについて詳しくはこちら

海外旅行保険付きクレジットカードとは

海外への旅行が多い生活スタイルの場合、「海外旅行保険付きクレジットカード」の所持がおすすめされます。
海外旅行時には思いがけないトラブルに巻き込まれる可能性もあり、国外にいながら治療や通院などを行わなければならなくなることもあるでしょう。
そんなとき、海外旅行保険付きクレジットカードがあれば、金銭的な補償を受けることができます。
万が一に備えた安心の旅行ができるので、海外に行く機会が多い人は意識してクレジットカードの海外保険制度をチェックするといいでしょう。

怪我の治療補償以外にも、海外旅行保険付きクレジットカードは海外での携行品の損害補償や賠償責任を補償してくれるケースがあります。
文化の違う海外では、何が原因でトラブルが引き起こされ、どのような被害になるのかが分かりません。
海外旅行をきちんと楽しむためにも、あらゆる可能性に対応できる海外旅行保険付きクレジットカードの利用は検討してみるといいかもしれません。

海外旅行保険の適用条件は?

海外旅行保険付きクレジットカードの適用条件は、大まかに分けて2種類存在します。
「自動付帯」と「利用付帯」というのがあり、このの違いが海外旅行時には重要となります。

自動付帯とは、特別な手続きを行わなくても、対象となるクレジットカードを所持しているだけで補償を受けられる制度です。
そのまま海外旅行に出かけることができるので、保険適用のために細かな条件を気にしたくない人におすすめとなります。

利用付帯とは、海外旅行時における出国までの間に、各種代金を対象のクレジットカードで支払った場合のみ保険が適用される内容です。
クレジットカードの利用が保険のメリットを得る条件となるので、海外旅行時は意識してカードでの支払いを行う必要があります。

こうしたカードごとの適用条件を知ることが海外旅行保険付きクレジットカードを使いこなすための第一歩になるでしょう。

補償額と補償内容は?

海外旅行保険をサービスに付けているクレジットカードは多く、比較的簡単に見つけることができますが、その補償内容や補償金額はカードごとに大きく変わるため、事前に詳細を確認しておく必要があります。
まずは以下のカードを例にして、どのような補償制度が提供されているのかをチェックしてみましょう。

dカード GOLD

補償内容補償額
傷害死亡1億円
傷害後遺障がい程度により400万円~1億円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
300万円
賠償責任
(一事故の限度額)
5,000万円
携行品損害
(年間限度額)
50万円(一事故あたりの自己負担額3,000円)
救援者費用
(年間限度額)
500万円
海外航空便遅延費用特約乗継遅延による宿泊・食事費用 2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用 1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用 2万円
出航遅延・欠航による食事費用 1万円

JCB CARD W(JCBカードW)

補償内容補償額
障害死亡・後遺障害最高2,000万円
障害治療費用1回の事故につき100万円限度
疾病治療費用1回の病気につき100万円限度
賠償責任1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害1旅行中20万円限度、保険期間中100万円限度
救援者費用等100万円限度

エポスカード

補償内容補償額
傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

このように、海外旅行保険が付いているクレジットカードはそれぞれ充実した補償内容となっています。
万が一の場合にこれだけの補償が行われるということを知っていれば、気楽にして海外旅行を続けられるでしょう。
各クレジットカードの特徴や補償内容をチェックして、自分にとって最もメリットの大きいものを選ぶようにしてみてください。

海外旅行保険付きおすすめクレジットカードランキング

海外旅行保険付帯でおすすめのクレジットカードを3つ紹介します。

dカード GOLD

dカード GOLDの特徴

dカードの上位カードが「dカード GOLD」です。年会費は10,000円(税抜)ですが、毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」利用料金の10%がポイント還元されるので、ドコモユーザーにおすすめのクレジットカードです。また、充実したケータイ補償が付いており、万一の紛失や修理不能時、購入から3年間は最大10万円分のサポートがあります。国内・ハワイの主要空港ラウンジも無料で利用できます。

dカード GOLDのスペック

国際ブランドVISA、Mastercard
ポイント還元率1.0%~4.0%
ポイントの種類dポイント
年会費10,000円(税抜)
申し込み資格満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
発行期間最短1週間程度

dカード GOLDについて詳しくはこちら

エポスカード

特徴

エポスカード最大のメリットは、割引がある優待店が全国10,000店以上と非常に多いという点。飲食店や美容院、遊園地など、普段利用する店舗の多くで優待サービスを受けられます。また、年会費無料にも関わらず海外旅行傷害保険が自動付帯なので、旅行の際にも持っておきたいクレジットカードです。

エポスカードのスペック

国際ブランドVISA
ポイント還元率0.5%~1.25%
ポイントの種類エポスポイント
年会費永年無料
審査基準高校生を除く18歳以上
発行期間最短即日(マルイ店舗での受け取り)

エポスカードについて詳しくはこちら

JCBカード W

JCBカード Wの特徴

JCBカード Wは、従来のJCBオリジナルシリーズで1,000円ごとに1ポイント貯まっていたOkiDokiポイント(1ポイントで5円相当の価値)が常に2倍になります。JCBカード Wは充実の保険制度を兼ね備えているうえ、通常のお買い物で最大20倍のポイントを獲得することもできる非常に便利なカードです。国内・海外どこで利用してもポイント2倍、スターバックスやセブンイレブン、Amazonなどではさらに高還元率になるので、こういったお店をよく利用する学生の方におすすめです。

JCBカード Wのスペック

国際ブランドJCB
ポイント還元率1.0%~3.5%
年会費永年無料
審査基準18歳~39歳で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
発行スピード最短3営業日(通常1週間程度)

JCB CARD Wについて詳しくはこちら

海外旅行も保険付きクレジットカードで安心

海外旅行の際に心配される多くの問題は、こうした海外旅行保険付きクレジットカードによってカバーすることができます。
これまでポイント還元率や年会費という点だけでクレジットカードを選んできた方も、この機会に海外旅行保険という点から魅力的なものを探してみてはいかがでしょうか。
リスクをあらかじめ考慮した上で進める海外旅行は非常に有意義なものとなりますよ。
       

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYS編集部ディレクター・ライター。2017年10月より仮想通貨界に参入。日々の情報収集は欠かしません。主に海外からのニュースを担当しています。キャッシュレスについてはスマホ決済でPayPayとLINE Payを使用、クレジットカードは3枚保有しています。「ポイント還元」や「キャッシュバック」という言葉に目がなく、お得情報の配信に尽力中。

- Asuka の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!