クレジットカード

電気・ガス・水道代など公共料金がお得になるクレジットカードおすすめランキング

キャッシュレス化の影響もあってクレジットカードを使う方が増えていますが、電気・ガス・水道代など月々の公共料金をクレジットカード支払いにするとお得になることをご存知でしょうか?
ショッピングと同じような感覚で公共料金もクレジットカードで支払うことができます。毎月かかる費用ですので少しでもお得になるようクレジットカードを賢く利用しましょう。

クレジットカードについて詳しくはこちら

クレジットカードで公共料金を支払おう

日々の生活に欠かせない公共料金の支払いにクレジットカードを利用できることは、意外にも知られていないことが多いです。
実は電気代、ガス代、水道代、 通信費、インターネット料金、新聞、NHK受信料などは、クレジットカードから支払うことができます。(一部例外あり)
こうした暮らしに欠かせない支払いをクレジットカードにすれば多くのメリットを得ることが可能です。
この機会にクレジットカードで公共料金を支払うことの利点を確認し、決済方法の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

メリット①ポイントが貯まる

公共料金の支払いをクレジットカードで行うことによって、その支払額に応じたポイントを獲得することができます。
普段からクレジットカードでポイントを貯めている人は、公共料金の支払いも合わせることで、さらに効率よくポイントを手に入れられるでしょう。
クレジットカードのポイント還元率は基本的に数%となるため、日々のちょっとした買い物だけではなかなか満足のいくほど貯められないこともあります。
その点、公共料金は額が大きくなりやすいので、数%の還元率でも多くのポイントを貯められます。
ポイント還元率を重視してクレジットカードを選んだ場合には、公共料金の支払い方法も合わせて変更しておくことをおすすめします。

中部電力ユーザーはdカードでの支払いがお得!

中部電力はdカード特約店の1つなので、中部電力の電気料金をdカードで支払うと、100円につきdポイントが2ポイントも貯まり大変お得です。

メリット②公共料金の管理がしやすい

クレジットカードで支払うことで、公共料金の支払額をひとつの明細にまとめることができます。公共料金全体の管理がしやすくなるため、節約をしたい方にはメリットが大きいでしょう。
公共料金ごとに支払いの明細が届くようだと、毎月の管理が面倒に感じられることも多くなります。
ときには自分が何にいくら払っているのかが分からなくなり、無駄な出費を把握しづらくなることも。そんなときは可能な限りの支払いをクレジットカードにまとめて、簡単に管理できる環境を整備してみてください。

メリット③公共料金の支払いを1日にまとめられる

公共料金の決済をクレジットカードで設定すれば、電気代・ガス代・水道代といった複数の支払いを1日にまとめることができます。

公共料金ごとに別々の支払いを行っていると、引き落としのタイミングなどもバラバラになり、メールやハガキでの確認が複数回行われることもあります。クレジットカードなら口座確認の手間などが省略されるので、毎月の支払いにかかる負担やストレスを低減することも可能です。

管理の手間を増やし、無駄な労力を必要としないためにも、できるだけクレジットカードでまとめてしまうことをおすすめします。

公共料金の支払いにおすすめクレジットカードランキング

公共料金の支払いに使うとお得になる高還元率のクレジットカードを5つ紹介します。

REX CARD(レックスカード)

REX CARD(レックスカード)の特徴

JACCSモール経由でネットショッピングをすれば、REX POINTとは別にカード利用金額の最大12%相当のJデポもプレゼントされるという特典があります。また、ネットショッピング以外にもREX CARDでは1.25%のポイントが還元。通常のクレジットカードは0.5~1.0%が多い中、レックスカードはさらに上を行く高還元率が魅力。

REX CARD(レックスカード)のスペック

国際ブランドmastercard、VISA
ポイント還元率1.25%~1.50%
ポイントの種類REX POINT
年会費無料
審査基準年齢18歳以上(高校生除く)で電話連絡可能な方※未成年者が申込者の場合は、親権者の方の同意が必要となります。
発行期間最短1〜2週間
キャンペーン入会特典で最大5,000円分のJデポプレゼント

リクルートカード

リクルートカードの特徴

じゃらん、ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティーなど、リクルートグループのサービスをよく利用している方におすすめのクレジットカードです。
リクルート以外のサービスの使用でも1.2%が還元されるため、年会費無料なのにポイント還元率はかなり高いと言えるでしょう。特に「ポンパレモール」というオンライン通販サイトで利用すると3.0%還元となりお得です。

リクルートカードのスペック

国際ブランドJCB、VISA、Mastercard
ポイント還元率1.2~3.2%
年会費永年無料
申し込み資格満18歳以上(未成年の場合は保護者の同意書が必要)
発行スピード約2週間

リクルートカードについて詳しくはこちら

JCBカード W

JCBカード Wの特徴

JCBカード Wは、従来のJCBオリジナルシリーズで1,000円ごとに1ポイント貯まっていたOkiDokiポイント(1ポイントで5円相当の価値)が常に2倍になります。JCBカード Wは充実の保険制度を兼ね備えているうえ、通常のお買い物で最大20倍のポイントを獲得することもできる非常に便利なカードです。国内・海外どこで利用してもポイント2倍、スターバックスやセブンイレブン、Amazonなどではさらに高還元率になるので、こういったお店をよく利用する学生の方におすすめです。

JCBカード Wのスペック

国際ブランドJCB
ポイント還元率1.0%~3.5%
年会費永年無料
審査基準18歳~39歳で、本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
発行スピード最短3営業日(通常1週間程度)

JCB CARD Wについて詳しくはこちら

エポスカード

特徴

エポスカード最大のメリットは、割引がある優待店が全国10,000店以上と非常に多いという点。飲食店や美容院、遊園地など、普段利用する店舗の多くで優待サービスを受けられます。イオンシネマでは、エポトクプラザからシネマチケットの事前購入をすればいつでも1,400円になるのでお得です。
また、年会費無料にも関わらず海外旅行傷害保険が自動付帯なので、旅行の際にも持っておきたいクレジットカードです。

エポスカードのスペック

国際ブランドVISA
ポイント還元率0.5%~1.25%
ポイントの種類エポスポイント
年会費永年無料
審査基準高校生を除く18歳以上
発行期間最短即日(マルイ店舗での受け取り)

エポスカードについて詳しくはこちら

dカード GOLD

dカード GOLDの特徴

dカードの上位カードが「dカード GOLD」です。年会費は10,000円(税抜)ですが、毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」利用料金の10%がポイント還元されるので、ドコモユーザーにおすすめのクレジットカードです。また、充実したケータイ補償が付いており、万一の紛失や修理不能時、購入から3年間は最大10万円分のサポートがあります。国内・ハワイの主要空港ラウンジも無料で利用できます。

dカード GOLDのスペック

国際ブランドVISA、Mastercard
ポイント還元率1.0%~4.0%
ポイントの種類dポイント
年会費10,000円(税抜)
申し込み資格満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
発行期間最短1週間程度

dカード GOLDについて詳しくはこちら

公共料金はクレジットカードでお得に支払う

公共料金の支払いをクレジットカードにまとめることには、さまざまなメリットがあります。
ポイントでお得な体験をしたり、適切な支払い管理から節約につなげたりといったことも考えられるので、この機会に自身の公共料金の払い方を改めてみることもおすすめです。
公共料金は毎月当たり前のように支払っているものであるため、見直しをする機会が少なくなるでしょう。
この機会にクレジットカードと紐付けて、支払いの簡略化とより良いポイントの貯め方を実践してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYS編集部ディレクター・ライター。クレジットカードは3枚を使い分け、PayPayやLINE Payを利用するなど、キャッシュレス愛好家。「塵も積もれば山となる」で熱心にポイ活しています。

- Asuka の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。