クレジットカード

クレジットカードおすすめブランドは?VISAやMastercardを比較

春から迎える新生活に向けて、クレジットカードを作ろうと考えている方は多いのではないでしょうか。
でもクレジットカードは種類が豊富で、どのカードが自分に合っているのか分からないと悩んでいる方のためにも、この記事ではクレジットカードを比較して、ニーズに合わせたおすすめのブランドをまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードについて詳しくはこちら

クレジットカードとは?


クレジットカード決済の仕組みを「クレジットカード利用者」「クレジットカード会社」「クレジットカード加盟店」の3者の立場から説明します。

まずクレジットカード利用者が加盟店でクレジットカードを利用すると、その情報がクレジットカード会社に伝わり、クレジットカード会社は加盟店手数料を差し引いた金額を加盟店に立て替え払いします。
後日クレジットカード会社にクレジットカード利用者からカード利用額が支払われて決済は完了するのです。

クレジットカードは信用が重要

ところでクレジットカードではなぜこのような仕組みが成り立つのでしょうか?
それはクレジットカードが「信用」に基づいて成り立っているからです。
クレジットカードの申込をするとクレジットカード会社では申込者を審査しますが、それは申込者に信用があるかどうかを審査しているのです。
この審査に通ればクレジットカード利用者として、その信用の証であるクレジットカードを使うことができるようになります。
クレジットカードを使うということは「信用」に基づいて加盟店からキャッシュレスで商品を受け取り、後日クレジットカード会社にその料金を支払うということなのです。

クレジットカードのブランドについて


クレジットカードの仕組みを理解したところで、次はクレジットカードを選ぶために重要なブランドとは何かを見ていきましょう。

クレジットカードの国際ブランドとは?

クレジットカードを作る際に知っておきたいのがクレジットカードの国際ブランドです。
国際ブランドとは世界中の国や地域で利用できるクレジットカードのブランドを言います。
それ以外のブランドは国際ブランドとは異なり、海外で使用することはできません。
そのため国際ブランドと提携することで利用可能な場所を広げています。

代表的な国際ブランド

クレジットカードの代表的な国際ブランドは以下の2種類に大きく分けられます。

決済カードブランド:決済機能が充実
トラベル&エンターテイメントカードブランド:旅行やエンターテイメント分野のサポートが手厚い

クレジットカードの利用目的を考えるときに、この分類を覚えておくと役に立つでしょう。
それを踏まえた上で、クレジットカードの国際ブランドは現在7種類あります。

ブランドカード分類
Visa決済カードブランド
Mastercard
中国銀聯(ユニオンペイ)
Discover Card(ディスカバーカード)
JCBトラベル&エンターテイメントカードブランド
American Express
Diners Club(ダイナース)

ブランドごとに分類が異なるのがおわかりいただけたのではないでしょうか。
次は7種類の国際ブランドの特徴を解説していきます。

Visa


1958年にバンク・オブ・アメリカが創業したためアメリカ方面に強いと言われています。
世界200以上の国と地域で決済サービスを提供し、現在全世界で5400万の加盟店があるのが特徴です。
しかし自社でクレジットカードを発行しているわけではなく、世界各国のクレジットカード会社がライセンス契約をしてカードを発行しています。
日本でもさまざまなクレジットカード会社から発行されており、最近はプリペイドカードやデビットカードも増えているのが特徴です。

Mastercard


ドイツのユーロカードと合弁して始まったブランドでヨーロッパ圏に強いと言われています。
Visa同様に自社ではクレジットカードを発行せず、ライセンスを受けたカード会社が発行しています。
日本ではクレジットカードに加えてプリペイドカードも発行されていますが、デビットカードはありません。

JCB


1961年に開始された日本生まれの国際ブランドです。
海外でも日本人の多い都市なら使用できる場所も多いでしょう。
クレジットカードは自社に加え提携カード会社からも発行されており、近年はプリペイドカードやデビットカードも増えています。
またアメリカでは提携によりディスカバーカード加盟店でも利用可能なのが特徴です。
日本国内ではアメックスと加盟店相互開放について提携しており、JCBとアメックスの互いの加盟店にて利用が可能です。

American Express(アメックス)


アメリカ発の国際ブランドで富裕層向けと言われ、ステータス性の高いクレジットカードとして有名です。そのため年会費や加盟店手数料が高く設定されています。
一流ホテルやレストランなどの優待、空港ラウンジの利用など、提供サービスの質が高いことにも定評があります。
日本国内では提携によりJCB加盟店でも利用できるのが特徴です。

Diners Club(ダイナース)


米シティグループ傘下の世界で初めて登場したクレジットカード会社です。

American Expressと同じく富裕層向けと言われ、利用できる場所が限られているのが特徴と言えます。

クレジットカードは自社発行のみで、日本国内では提携によりJCB加盟店でも一部を除き利用可能で、日本と中国を除く地域ではディスカバーカードとも提携しています。

中国銀聯(ユニオンペイ)


2002年に中国で生まれた国際ブランドで、世界一発行枚数の多いクレジットカードブランドです。
また中国で銀行口座を作ると必ず発行されるデビットカードでもあります。
最近では訪日客の影響もあり、日本の加盟店が増えて来ているのも特徴です。
中国銀聯(ユニオンペイ)ではセキュリティを強化しており、暗証番号が通常だと4桁ですが中国銀聯(ユニオンペイ)は6桁になっています。

Discover Card(ディスカバーカード)


国際ブランドとしてのディスカバーが付いたクレジットカードは日本では発行されていません。
しかしアメリカを中心に5,000万人以上のカード会員がいます。
400万店以上ある加盟店の大半はアメリカおよびその周辺国ですが、JCB・中国銀聯(ユニオンペイ)と提携しているため、これらの加盟店でも利用することが可能です。

クレジットカードのブランドごとのシェア率を比較


クレジットカードの国際ブランドの特徴をおわかりいただいたところで、今度は世界でのシェア率を見てみましょう。

世界シェア率

クレジットカードの世界中でのシェア率は以下の通りです。

ブランド名世界シェア率
Visa56%
Mastercard23%
JCB1%
American Express3%
Diners Club1%
中国銀聯(ユニオンペイ)13%
ディスカバーカード3%

VisaとMastercardで世界シェアの7割強を占めていることが分かります。

日本国内シェアランキング

また日本国内でのシェアランキングは以下の通りです。

1位:Visa
2位:JCB
3位:Mastercard

国際ブランドでおすすめは?

今まで見てきた国際ブランドの特徴と世界、日本それぞれのシェアのデータで各クレジットカードを比較すると、国際ブランドではまず決済カードとしてVisaかMastercardを持ち、次いでトラベル&エンターテイメントカードブランドのJCBを持つのがおすすめと言えるでしょう。

【動画】クレジットカードのおすすめブランドは?VISAやMastercardを比較

ここまで解説してきたとおり、クレジットカードは国際ブランドによって異なる特徴があります。
上記の動画でも解説しているため、ぜひご覧ください。

クレジットカードおすすめ5選

BITDAYS編集部がおすすめするクレジットカードを紹介します。

楽天カード

楽天カードの特徴

楽天カードマンのCMでお馴染み、楽天が発行しているクレジットカードです。年会費は永年無料。楽天カード最大の魅力は、ポイントが貯まりやすいということ。楽天サービスとは関係ないスーパーやコンビニでも、会計100円につき1ポイントが貯まります。もちろん楽天市場の利用時にはポイント2倍、その他の条件も満たせば最大で16倍にもなるので大変お得です。

楽天カードのスペック

国際ブランドJCB、VISA、mastercard、アメリカンエキスプレス
ポイント還元率1.0%~3.0%
ポイントの種類楽天スーパーポイント
年会費永年無料
申し込み資格満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く
発行スピード約1週間

楽天カードについて詳しくはこちら

dカード

特徴

dカードは、株式会社NTTドコモが提供しているクレジットカードサービスで、電子マネーやdポイント、クレジットカードが三位一体で利用できるとてもお得なカードです。
対応している国際ブランドはVISA、MasterCardで、いずれも日本国内外にて広く利用可能なカードです。ただし、Apple PayはVISAでは利用できないため、Apple Payを利用することの多い人はMasterCardを選ぶといいでしょう。
dカードはApple Payを設定して紐づけて使うことができ、iDにも対応しているため、普段からApple Payで支払いをすることによってより多くのポイントを貯めることができると人気です。

dカードのスペック

国際ブランドVISA、Mastercard
ポイント還元率通常:1.0%
ローソン:5.0%
ポイントの種類dポイント
年会費永年無料
申し込み資格満18歳以上の方(学生の方は除く)
dアカウントとパスワードが必要
発行スピード約1週間

dカードについて詳しくはこちら

ライフカード

特徴

年会費は永年無料で、ポイントが貯まりやすいと評判のクレジットカードです。ポイント還元率は、基本利用であれば0.5%、誕生日月は1.5%となります。特典として、誕生日月ポイント3倍、年間利用額に応じて次年度のポイント還元率が決まる制度、盗難補償などがあります。また、ライフカード会員専用サイト「L-Mail」の利用で、更にポイント還元率が上がります。

ライフカードのスペック

国際ブランドJCB、VISA、Mastercard
ポイント還元率0.5%(誕生月は1.5%)
ポイントの種類LIFEサンクスプレゼント
年会費永年無料
審査基準日本国内に住む満18歳以上で電話連絡が可能な方
発行期間最短3日

ライフカードについて詳しくはこちら

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルの特徴

年会費永年無料、有効期間のない永久不滅ポイント、最短即日発行が魅力のクレジットカードです。セゾンポイントモールでのショッピングで還元率が最大30倍になる店舗も。西友・LIVINでのショッピングが第1・第3土曜日は5%OFF。

セゾンカードインターナショナルのスペック

国際ブランドJCB、VISA、Mastercard
ポイント還元率1000円で1ポイント(0.45%〜0.5%)
ポイントの種類永久不滅ポイント
年会費永年無料
審査基準18歳以上(高校生は除く)で連絡が可能な方。指定の金融機関に決済口座をお持ちの方
発行期間最短即日(ネット申込み時)
キャンペーンVISAブランドに限り、Amazonプライムギフトコードプレゼント

JALカード

特徴

JALカードの特徴は、通常のフライトマイルに加え、JALカード会員限定のビッグなボーナスマイルをもらえることです。また、ショッピングでも利用額0.5%のマイルが貯まり、特約店の場合は2倍の1.0%にもなります。オプションの「ショッピングマイル・プレミアム」(有料)をつければ最大2.0%の還元が得られ、ショッピングでカード決済を活用される方には特にお得になっています。JALカードには充実した旅行保険も付帯しており、旅好きにおすすめのクレジットカードです。

JALカードのスペック

国際ブランドVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス
ポイント還元率0.50%~1.00%
ポイントの種類JALマイル
年会費2,160円(初年度無料)
申し込み資格18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で日本国内でのお支払いが可能な方
発行期間最短2〜3週間

JALカードについて詳しくはこちら

クレジットカードのブランドは種類豊富!


クレジットカードの国際ブランドは7種類もあり、それぞれの強みや持ち味が違うことがわかりました。
この記事ではおすすめの国際ブランドはVisaやMastercard 、JCBであることをお伝えしましたが、やはり最初は自分がクレジットカードにどのような機能を求めているのかを理解して検討していくことが重要です。
この記事で得た情報を参考にして、より自分の使い勝手の良い国際ブランドを選択してみてください。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。