クレジットカード

クレジットカード裏面のサインの意味は?

クレジットカードでショッピングする際には、サインが求められることがあります。
今回は、クレジットカードのサインにはどのような意味があるのかについて解説します。

クレジットカードについて詳しくはこちら

クレジットカードとは


クレジットカードは、ショッピングなどの代金を後払いで支払えるカードです。
また、ショッピングなどの代金は、カード会社が肩代わりしており、決済日になったタイミングで、その代金が引き落とされます。
VISAやMASTERといったブランドが決まっており、指定されたブランドの加盟店でなければ、カードは使用できません。

現金を持たずに買い物できる点では、デビットカードにも似ています。しかし、デビットカードの場合は、口座と連携しているため、口座にお金がなければ使用することができません。対して、クレジットカードは、口座に現金があるかは関係なく使用できます。

決済日はカード会社が決めるため、利用者が決定することができません。決済日までに、指定口座にカードの請求額を用意しておく必要があります。

支払方法

クレジットカードを使用した場合、使用した金額に対して以下の支払い方法を選択可能です。

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボ払い
  • どの支払い方法を選んでも決済日は変わりません。支払い方法を変えると支払いのタイミングや金額を調整できる点はメリットです。

    クレジットカードの裏面にサインが必要な理由


    クレジットの裏面にサインが必要な理由は、以下の2つです。

  • 不正利用を防ぐ
  • カード会社の補償対象になる
  • サインがないと補償対象外になる

    サインの有無は、不正利用の補償の対象になるかを決める証明手段になります。
    サインがない場合、不正利用された金額はカードの本来の持ち主に請求されます。カードを停止していたとしても、停止する前に使用された金額は全て使用者に請求されます。
    カードの裏面にサインを行っていた場合は、不正利用があったとしてもカード会社の補償対象となります。
    不正利用の防止と本人確認を兼ねているため、会計時の署名に必要な手書きのサインとカードの裏面のサインは同一でなければなりません。
    そのため、サインは本人確認やセキュリティの確保だけでなく、不正利用に対する有効な対抗手段の1つだといえるでしょう。

    サインの代筆と家族カードの扱い

    クレジットカードのサインは、代筆不可です。
    使用する本人が書くことに意味があり、仮に代筆した場合は、不正利用の対策としての意味が全くなくなってしまいます。

    家族カードを取得している場合も使用している本人がサインを行う必要があります。
    代筆は、家族での使用であっても不正利用と判断されることがあり、カードの使用停止や強制解約などの可能性があります。

    クレジットカードのサインの書体


    サインは、どのような書体で書いても問題ありません。
    以下の記述方法であれば、すべて正式なサインとして認められます。

  • 漢字のフルネーム
  • ローマ字や英語
  • 苗字や名前のみ
  • 再現できるが解読できない
  • ひらがな及びカタカナ
  • どの書体を選択しても、自分の筆跡で書いてることには変わりがないため、再現性のある文字であればサインとして使用できます。

    また、記載する言語によってセキュリティの高さがに差異はありません。
    トラブルが起きた場合、事実として裏面に署名を行ったという点が重要だからです。

    サインを間違えた場合の対処法

    クレジットカード裏面のサインは間違ってしまった場合、書き直しや上書きはできません。書き直しや上書きをしてしまうと、本人確認ができなくなってしまうためです。
    空欄のままでは補償の対象にならないため、リスクが高くなってしまいます。
    サインは間違えた場合は、クレジットカード会社に再発行を依頼しましょう。

    クレジットカードのサインレス


    サインレス決済は、サインをせずに支払いを行うシステムです。
    管理する店舗や買い物を行う方々の手間を省くために利用されていきます。

    システムを取り入れていれば、どこでも使用できる点もメリットだといえるでしょう。
    サインレス決済は以下のような場所でよく使用されています。

  • 高速道路の料金所
  • スーパー
  • デパート
  • 支払える上限金額なども数万円ほどと決められているため、リスクの低いシステムだといえます。

    クレジットカードおすすめ5選

    ここでBITDAYS編集部のおすすめクレジットカードを紹介します。

    dカード

    特徴

    dカードは、株式会社NTTドコモが提供しているクレジットカードサービスで、電子マネーやdポイント、クレジットカードが三位一体で利用できるとてもお得なカードです。
    対応している国際ブランドはVISA、MasterCardで、いずれも日本国内外にて広く利用可能なカードです。ただし、Apple PayはVISAでは利用できないため、Apple Payを利用することの多い人はMasterCardを選ぶといいでしょう。
    dカードはApple Payを設定して紐づけて使うことができ、iDにも対応しているため、普段からApple Payで支払いをすることによってより多くのポイントを貯めることができると人気です。

    dカードのスペック

    国際ブランドVISA、Mastercard
    ポイント還元率通常:1.0%
    ローソン:5.0%
    ポイントの種類dポイント
    年会費永年無料
    申し込み資格満18歳以上の方(学生の方は除く)
    dアカウントとパスワードが必要
    発行スピード約1週間

    dカードについて詳しくはこちら

    dカード GOLD

    dカード GOLDの特徴

    dカードの上位カードが「dカード GOLD」です。年会費は10,000円(税抜)ですが、毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」利用料金の10%がポイント還元されるので、ドコモユーザーにおすすめのクレジットカードです。また、充実したケータイ補償が付いており、万一の紛失や修理不能時、購入から3年間は最大10万円分のサポートがあります。国内・ハワイの主要空港ラウンジも無料で利用できます。

    dカード GOLDのスペック

    国際ブランドVISA、Mastercard
    ポイント還元率1.0%~4.0%
    ポイントの種類dポイント
    年会費10,000円(税抜)
    申し込み資格満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
    発行期間最短1週間程度

    dカード GOLDについて詳しくはこちら

    ビックカメラSuicaカード

    特徴

    「ビューカード」とビックカメラが提携し、発行するSuica一体型クレジットカードです。ビックカメラでの買い物時にビックポイント10%還元となるので大変お得です。ビックポイントの使い道としては、1ポイント1円としてビックカメラでの買い物に使えるほか、ビックポイント1,500ポイントでSuicaに1,000円分チャージすることもできます。

    ビックカメラSuicaカードのスペック

    国際ブランドJCB、VISA
    ポイント還元率1.0%
    (カード利用1,000円につきビックカメラのビックポイント5ポイント(還元率0.5%)+JREポイント5ポイント(還元率0.5%))
    なお、ビックカメラでの買い物時にはビックポイントを10%還元
    ポイントの種類ビックポイント、JRE PONT
    年会費初年度:無料
    2年目以降:477円(税抜)
    前年度にカード利用があった場合は2年目以降も無料
    審査基準日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。(未成年の方は親権者の同意が必要です。)ただし、高校生の方はお申込みいただけません。
    発行期間最短1週間

    ビックカメラSuicaカードについて詳しくはこちら

    JALカード

    特徴

    JALカードの特徴は、通常のフライトマイルに加え、JALカード会員限定のビッグなボーナスマイルをもらえることです。また、ショッピングでも利用額0.5%のマイルが貯まり、特約店の場合は2倍の1.0%にもなります。オプションの「ショッピングマイル・プレミアム」(有料)をつければ最大2.0%の還元が得られ、ショッピングでカード決済を活用される方には特にお得になっています。JALカードには充実した旅行保険も付帯しており、旅好きにおすすめのクレジットカードです。

    JALカードのスペック

    国際ブランドVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス
    ポイント還元率0.50%~1.00%
    ポイントの種類JALマイル
    年会費2,160円(初年度無料)
    申し込み資格18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で日本国内でのお支払いが可能な方
    発行期間最短2〜3週間

    JALカードについて詳しくはこちら

    ファミマTカード

    ファミマTカードの特徴

    ファミリーマートで決済に利用すると200円(税込)につき最大4ポイントが付与されるお得なクレジットカードです。
    ポケットカードトラベルセンターで申し込んだうえでファミマTカード(クレジットカード)で決済すると旅行ツアー代金が最大8%割引になったり、レンタカーの割引サービスがあったりします。
    また、TSUTAYAレンタルサービスを追加することもできます。

    ファミマTカードのスペック

    国際ブランドJCB
    ポイント還元率通常:0.5%
    ファミリーマート:2.0%
    ポイントの種類Tポイント
    年会費無料
    申し込み資格18歳以上(高校生除く)の方
    発行期間約2週間

    ファミマTカードについて詳しくはこちら

    クレジットカードのサインはセキュリティ対策の1つ


    クレジットカードのサインの意味について解説しました。
    クレジットカードにおけるサインは、不正利用の防止に役立つだけでなく、不正利用された場合にカード会社の補償の対象となるために必要です。
    サインを記入していない方は、この機会に記入しておきましょう。

    最新情報をチェックしよう!
    この記事を書いた人
    お得なクーポンやキャンペーン情報から話題のキャッシュレス、スマホ決済、仮想通貨、信用スコアなど新時代の金融・投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信しています!

    - BITDAYS編集部 の最近の投稿

    >BITDAYS VIDEO
    CTR IMG

    BITDAYS VIDEO

    BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。