クレジットカード

Apple Pay(アップルペイ)がお得に使えるクレジットカードのおすすめは?設定方法や使い方も

キャッシュレス決済にはさまざまな種類がありますが、なかでもiPhoneユーザーやApple WatchユーザーにおすすめなのがApple Pay(アップルペイ)です。
今回は、Apple Payがお得に使えるおすすめのクレジットカードを紹介します。

クレジットカードについて詳しくはこちら

Apple Pay(アップルペイ)とは


Apple Pay(アップルペイ)は、iPhone7以降のiPhoneやApple Watchなどに搭載されている「Wallet」を利用して支払いを行う決済サービスです。
買い物をする際、スマホを専用のリーダーにかざすだけで支払いが完了するため、手早く買い物ができます。
またSuicaとしても利用でき、駅の改札でもスマホをかざすだけで利用できるのでとても便利です。

Apple Pay(アップルペイ)について詳しくはこちら

Apple Pay(アップルペイ)の使い方


Apple Payを利用する際は、事前にクレジットカードやSuicaを登録します。
どちらか一方の登録でも利用できますが、両方登録するとより便利に活用できるでしょう。
クレジットカードは、利用する端末や機種によって8枚~12枚まで登録できます。
Apple Payで支払いができるのは、QUICPayとiD、Suicaの支払いに対応した店舗です。
「Apple Pay対応」という表記があれば利用できると考えてよいでしょう。
QUICPayで支払うか、iDで支払うかはApple Payに登録するクレジットカードで決まります。
Apple Payを利用する際、レジで「Apple Payで支払います」といっても利用できないため注意してください。
レジではQUICPayまたはiD、もしくはSuicaで支払うことを伝えるとよいでしょう。

Apple Payへクレジットカードを設定する方法


Apple Payの設定方法は、iPhotoやiPad、Apple Watchなど利用する端末によって異なります。
ここでは、端末別に、Apple Payへのクレジットカードの設定方法を紹介します。

iPhone・iPadの設定方法

  1. ホーム画面にある「Wallet」のアプリを開く
  2. 画面右上の「+」マークか「カードを追加」をタップ
  3. Apple Payについての説明に「続ける」をタップ
  4. 「クレジット/プリペイドカード」を選ぶ
  5. クレジットカードの表面をiPhoneのカメラで撮影するか手動で入力する
  6.  (手動で入力する場合やiPhoneのカメラで読み取れない情報があった場合には、「名義」「カード番号」「有効期限」「セキュリティコード」を入力する枠が表示されます。)

  7. 「次へ」をタップしてApple Pay特約を「同意する」をタップ
  8. 「(QUICPayもしくはiDに)追加されました」の画面で「次へ」をタップ
  9. 認証方法を選んで登録

これでApple Payが利用可能になります。

Apple Watchの設定方法

Apple Watchも基本的な設定方法は同じですが、Apple Payの設定画面を表示する手順が異なります。

  1. iPhoneで「Watch」のアプリを開く
  2. 「マイウォッチ」に進み「WalletとApple Pay」を選ぶ
  3. 「カードを追加」をいう表示をタップ
  4. Apple Payについての説明画面で「続ける」をタップ

以降の手順は、iPhone・iPadの設定方法と同じです。

楽天カードはApple Payの買い物でも楽天ポイントが貯まる!

Apple Pay(アップルペイ)に登録可能なクレジットカードは?


Apple Payで利用できるクレジットカードは現在300種類以上、日本国内で発行されているクレジットカードの85%以上がApple Payに対応しています。
しかし、ごくまれに非対応クレジットカードもありますので、利用するクレジットカードが登録できるかどうかは事前に確認しておくと安心でしょう。

Apple Pay(アップルペイ)に登録するクレジットカードの注意点


Apple Payに登録できるクレジットカードの種類は多いですが、VISAカードをApple Payに登録する場合は注意が必要です。
ウェブでの決済など一部利用できない機能があります。すべての機能を利用したい方は、VISA以外のカードを登録するのがおすすめです。

オリコカード・ザ・ポイントは入会して6ヶ月間は還元率2%!

Apple Pay(アップルペイ)がお得に使えるおすすめのクレジットカード7選


Apple Payに対応しているクレジットカードはたくさんありますが、そのなかでもおすすめのクレジットカードを7つ紹介します。
Apple Payの場合、「Apple Payに登録したらお得な特典がある」といったキャンペーンを常時行っているクレジットカードはありません。
そのためApple Payに登録するクレジットカードは、ポイントの貯まりやすさなど、クレジットカードのスペックを意識して選ぶとよいでしょう。

楽天カード

普段から楽天でよく買い物をするという方におすすめなのが、楽天カードです。
Apple Payでの買い物でも楽天ポイントがつくため、お得に利用できます。また、1%~3%と高いポイント還元率もおすすめのポイントです。

楽天カードのスペック

国際ブランドVISA、JCB、MasterCard
年会費永年無料
ポイント還元率1.00%~3.00%
貯まるポイント楽天ポイント
カード発行日数最短3日
申込資格18歳以上(高校生不可)

リクルートカード

リクルートカードも、高い還元率を誇るクレジットカードです。
そのポイント還元率は楽天カードよりも高く、1.2%~3.2%です。
リクルートカードに付与されるポイントは「リクルートポイント」で、ポンパレモールやじゃらんなどのリクルートグループで利用できるほか、Pontaポイントに交換することも可能です。

リクルートカードのスペック

国際ブランドVISA、JCB、MasterCard
年会費永年無料
ポイント還元率1.20%~3.20%
貯まるポイントリクルートポイント
カード発行日数最短3日
申込資格18歳以上(高校生不可)

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイントは、入会してから6ヶ月間のポイント還元率は2%、それ以降も1%という高い還元率がおすすめのクレジットカードです。
ポイントの有効期限は付与されてから1年間ですので、時々しか利用しないという方は注意しましょう。気づいたときにはポイントが失効していることもあります。

オリコカード・ザ・ポイントのスペック

国際ブランドJCB、MasterCard
年会費永年無料
ポイント還元率1.00%
貯まるポイントオリコポイント
カード発行日数最短8日
申込資格18歳以上(高校生不可)

JCBカードW

JCBカードWは、作成時39歳未満の方が作れる若者向けのクレジットカードです。
JCBの他のカードと比べてポイントが貯まりやすいのが特徴ので、通常の買い物では他のJCBカードの2倍、セブンイレブンでは3倍、スターバックスコーヒーでは、なんと10倍ものポイントが付きます。
海外旅行保険と海外でのショッピング保険が付帯しているので、海外に行く機会が多い方にもおすすめです。

JCBカードWのスペック

国際ブランドJCB
年会費永年無料
ポイント還元率1.00%
貯まるポイントOki Dokiポイント
カード発行日数最短3日
申込資格18歳~39歳(高校生不可)

dカード

100円利用するごとに1ポイントたまるdカードは、少額の買い物でもポイントが貯まりやすいのがおすすめのクレジットカードです。
また、期間限定でApple Payに登録した方を対象にポイントプレゼントのキャンペーンを行っていることもあります。
タイミングがあれば1,000ポイントがもらえることがありますので、今からdカードをApple Payに登録する方は、キャンペーンを行っているときを狙うのもおすすめです。

dカードのスペック

国際ブランドVISA、MasterCard
年会費永年無料
ポイント還元率1.00%~4.00%
貯まるポイントdポイント
カード発行日数カードの発行は最短5日

(iD決済は即日利用可能)

申込資格18歳以上(高校生不可)

ビックカメラSuicaカード

SuicaユーザーにおすすめなのがビックカメラSuicaカードです。
ポイント還元率は0.5%~ですが、ビックポイントも別途0.5%つくため実質1.0%が還元されます。
また、Suicaへチャージするときには還元率が1.5%になるのもおすすめのポイントです。
2年目からは477円の年会費がかかりますが、年に1度利用することで次年度も無料で利用することができます。

ビックカメラSuicaカードのスペック

国際ブランドVISA、JCB
年会費524円(初年度無料)

(1年に1回の利用で翌年無料)

ポイント還元率0.50%~10.00%
貯まるポイントビックポイント
カード発行日数最短即日
申込資格18歳以上(高校生不可)

三井住友カード

Apple Payでコンビニやマクドナルドを利用すると、2.5%の高還元率になるのが三井住友カードです。
他にも、自分で選べる3つのお店で買い物をすると、常にポイントが2倍になるサービスもありますので、普段の生活で利用するお店での買い物もお得になります。
三井住友カードで貯めたポイントはさまざまなポイントに変換できるほか、オンラインギフトカードにも交換可能です。
三井住友カードにはVISAカードとMasterCardがあります。
Apple Payでの利用を前提にこれからカードを作る方は、MasterCardで作成すると機能もフルに活用できるのでおすすめです。

三井住友カードのスペック

国際ブランドVISA、MasterCard
年会費1,375円

(マイ・ペイすリボに登録し、年に1回以上の利用で無料)

ポイント還元率0.50%~2.50%
貯まるポイントVポイント
カード発行日数最短翌営業日
申込資格18歳以上(高校生不可)

Apple Pay(アップルペイ)には還元率の高いクレジットカードがおすすめ!


Apple Payはとても便利な決済サービスです。
Apple Payに登録するクレジットカードは、ポイント還元率や付帯されたサービスを確認しながら、お得に使えるクレジットカードを登録するのがおすすめです。
また、貯まったポイントの使い方がライフスタイルに合っているかどうかも選ぶポイントになります。
Apple Payに登録するクレジットカードを選ぶ際は、今回紹介したおすすめクレジットカードをぜひチェックしてみてください。

三井住友カードをApple Payに登録すると還元率が最大2.5%にアップ!

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
お得なクーポンやキャンペーン情報から話題のキャッシュレス、スマホ決済、仮想通貨、信用スコアなど新時代の金融・投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信しています!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。