イオンカードの種類、メリット、ポイント還元率、キャンペーンは?アプリを使うのがおすすめ

近年、日本ではキャッシュレス化が進みつつあります。
しかし日本では各地にATMが非常に多く点在しており、いつでも現金を引き落とすことができるため、他国に比べてまだまだ現金派が圧倒的に多いのが現状です。

さらに治安の面でも強盗や盗難にあう危険性もなく、偽造紙幣が出回るなどの心配も無いため、日本では現金決済に困りません。

しかし、他国のキャッシュレス化はすでに多く浸透しており、韓国では約9割近く、中国でも約6割、アメリカも約4割と非常に多くの国でキャッシュレス化が進んでいます。

日本ではまだ約2割弱と少ないものの、2020年のオリンピック、また10年後には約半数の決済がキャッシュレスで行われることが予想されます。

また、クレジットカード決済でポイント還元率を高める政府の方針により、クレジットカード決済に今非常に注目が集まっています。

目次

イオンカードの特徴は?

特徴

イオンカードには、じつにさまざまな種類のカードがあり、詳しくは後述しますが、ほどんどのカードが年会費無料で利用できます。

しかも家族カードも本人のカードと口座を一緒にできるため、ポイントの合算もでき、さらにポイントが貯めやすいのが特徴です。

また、年会費がかからないのに補償やサービスが充実しているイオンカードは、必ず一つは持っておきたいカードです。

しかも、近くにイオングループ店舗があり頻繁に活用する方なら、イオンカード一つあればほとんど全ての生活がまかなえてしまうことも多く、人気です。

運営会社

イオンマークのついたクレジットカードの発行は株式会社イオン銀行が行っており、発行業務はイオンクレジットサービス株式会社が受託しています。

国際ブランド

VISA、Mastercard、JCB全てに対応しています。

審査

イオンカードの審査基準は高校生以外の18歳以上で電話連絡可能な方です。
また、この際に未成年の方は親の同意が必要で、後日確認の電話がきます。
ただし審査はこれだけで、勤続年数や職種、年収などを問われることはありません。

手数料

年会費はかかりません
またイオン銀行のATMでの預け入れや引き出しが24時間365日無料で利用できます。

キャンペーン情報

総額1億ポイントプレゼントキャンペーン

キャンペーンに応募し、対象店舗でカードで3,000円一口として抽選で合計10,000名に10,000ポイント(10,000円相当)がもらえます。

イオンカードクレジット払いでの応募と電子マネーWAON利用での応募はそれぞれ応募ページが異なります。
また、キャッシングは対象にはなりません。
(2019年1月27日(日)まで)

イオンカードセレクト新規入会キャンペーン

こちらはWEB限定のキャンペーンで、イオンカードセレクトに新規で入会すると、最大8,000円相当のときめきポイントがプレゼントされます。

イオンEーNEXCO passカード新規入会キャンペーン

新規で入会すると、最大7,000円分のときめきポイントがもらえます。
(2019年1月31日まで)

コスモ・ザ・カード・オーパス新規入会キャンペーン

新規で入会した方に、ガソリン50L、最大500円までキャッシュバックされます。

イオンカードの種類

イオンカードは非常に多くの種類があり、その数なんと55種類にも及びます。
しかも今回はそのカードの中からさらにお得なカードをご紹介します。

イオンカードセレクト

イオン銀行のキャッシュカードとクレジットカード、電子マネーWAONが1枚になったカードです。
入会費、年会費とも無料で作れて、イオングループ店舗での買い物で優遇割引されるうえポイントもザクザク貯まります。

さらにETCカードや家族カードも年会費無料で使えるので、さらにポイントが貯めやすくなります。
また盗難保険やショッピング保険も自動で付いていて、クレジットカードの不正利用や商品が破損したり失くしてしまっても、180日以内であれば商品を補償してもらえます。

イオンカード

こちらはイオンクレジット機能とWAONが一体になったもので、イオン銀行のキャッシュカード機能はありません。

イオンゴールドカード

通常のカードよりもさらにお得な特典が付くゴールドカードは、一定条件を満たした方に発行され、年会費が無料です。
しかもゴールドカード会員だけのお得な特典として、ドリンクやお菓子が無料で、さらに新聞や雑誌なども置いてあり、買い物に疲れた時など気軽にゆっくり休めるイオンラウンジが利用できます。

さらに、羽田空港の第1ターミナルや第2ターミナルのラウンジも無料で利用可能です。
無料で旅行保険もついており、国内外ともに最高で3,000万円の高額な保険が付きます。

イオンカードでは毎月お得な割引券『サンキューパスポート』が送付されてきますが、ゴールドカードならさらに割引条件が良く、また適用される範囲も広い特別なパスポートが送られてきます。

イオンSuicaカード

Suica機能が付いたイオンカードで、発行手数料も無料です。
年会費ももちろん無料で、買い物だけでなく通勤も便利でお得に利用できます。

また、Suicaへチャージする時、400円毎に1ポイントときめきポイントが貯まります。
自動チャージ機能もあるため、駅で急いでいるときに残高不足などで煩わしい思いをしなくて済みます。

ショッピング保険も付いていて、購入した日から180日以内の被害で補償されます。
そのため高額な商品はクレジットカードで支払った方がお得になります。

また、自動で旅行保険も付き、最高で500万円まで対象になります。
さらに傷害や疾病治療については最大50万円まで可能です。

その他イオンカードについてくるお得な割引やポイントもそのまま利用することが可能です。
ただし家族カードは作れません。

イオン E-NEXCO pass カード

高速道路でお特にポイントが貯まるカードです。
年会費は無料で国際ブランドはVISAとJCBに対応しています。

貯まったときめきポイントを、EーNEXCOポイントに交換すると、全国の高速道路料金に使えたり、NEXCO東日本エリアのSAやPAで利用できます。

しかも、ときめきポイントが200円で2ポイント貯まります。
WAON一体型のカードで、イオングループ対象の店舗でときめきポイントがいつでも2倍になります。

もちろんイオンカードのカードの盗難保障やETC専用カードが無料で付いてくるうえ、iDや家族カード、Apple Payを追加できます。
毎月の20日と30日の5%オフや、他のお得な特典も利用可能です。

コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ石油でお得な会員価格でガソリンを入れられるカードです。
年会費は無料で、ETCカードや家族カード、Apple Payが追加でき、オンライン申し込みも可能です。

対象となる国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCBに対応しており、200円で1ポイント貯まります。
また、もちろんイオンカードのお得な特典も受けられます。

イオンカードのメリットは?

全国に使える店舗が多い

イオングループは日本最大の小売流通グループで、イオンカードが使える店舗でお得に利用できます。
ちなみにイオングループは、イオンはじめイオンモール、ザ・ビッグ、マックスバリュー、イオン銀行、ミニストップなど利用できる店舗が多いのも魅力です。

WAONポイントがザクザク貯まる

これらイオングループ系列の店舗でWAONを使うことで、200円毎に1WAONポイントが貯まります。
クレジットカードから電子マネーWAONへオートチャージするだけでも1WAONポイントが貯まります。
つまり1回の買い物で合計2ポイント貯まることになります。

WAONポイントは使える店舗が多く、ザクザクポイントが貯まるうえ、ワンタッチで簡単に支払いができるところも嬉しいですね。

毎月定期的に割引を受けられる

毎月20日、30日はなんと5%オフでお得にお買い物できます。
しかも毎月10日にはWAONポイント、ときめきポイントが5倍になります。

優待システムでさらにお得に

優待パスポートをもらうことができ、なんと5~20%もお得になります。

ゴールドカードでも年会費は無料

通常のイオンカードは年会費がずっと無料で利用できますが、さらに驚きなのは、なんとゴールドカードも年会費がかからないことです。

イオン銀行も普通預金金利が0.1%上乗せになる

キャッシュカード付きのイオンカードセレクトは、普通預金でも金利が通常より0.1%上乗せされます。
また、イオン銀行のATMでは、24時間365日預け入れや引き出しが、手数料無料で利用できます。

さらに一部の店舗では、レジでお金を引き出せるサービスも行っており、今後そのサービスは全国へ展開していくと予想されています。
そうなるともっとお得になりますね。

ネットショッピングならときめきポイントTOWN経由がお得!

amazonや楽天などのネットショップで買い物をする際にはときめきポイントTOWNというイオンのポイントサイトを経由するだけでポイントが最大21倍になります。

あっという間にポイントが貯まる

さらに毎月ボーナスポイントがもらえるイベントが開催されていて、知らないうちにどんどんポイントが貯まります。

イオンカードのポイントの上手な貯め方・使い方

イオンカードのポイントは「ときめきポイント」です。
また、イオン系列のポイントにはときめきポイントの他に「WAONポイント」と「WAONPOINT」の2つがあります。
ポイントを上手に貯めることによってお得に利用することができます。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
イオンカードのポイントの上手な貯め方・使い方は?

イオンカードのときめきポイントを交換する方法は?

ときめきポイントはWAONなどの電子マネーや電子ポイントと交換できるほか、カトラリーやキッチン用品など素敵な商品と交換することができます。
イオンのときめきポイントをWAONポイントへ交換する方法を以下の記事で紹介しています。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
イオンカードのときめきポイントをWAONポイントに移行する方法は?

イオンカードの請求額・限度額・ポイントを確認する方法

イオンカードの請求額を確認するには、請求書やインターネットのマイページから確認する方法と、電話での確認、そしてスマートフォンアプリの4つの方法があります。
以下の記事でそれぞれの確認方法をチェックしてみてください。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
イオンカードの請求額・限度額・ポイントを確認する方法は?

イオンカード付帯の国内・海外保険について

イオンカードには付帯保険がついていません。
付帯保険がついているのは提携カードとイオンゴールドカードのみとなります。
渡航先での急なケガや事故にあった場合に焦らないためにも、海外旅行保険についてみていきましょう。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
イオンカード付帯の海外保険の内容は?使い方は?

イオンカードでキャッシングする方法は?

イオンカードでは、住所、氏名、電話番号などの手続きはネットから簡単に申し込むことができます。
電話での手続きも充実しているため24時間申し込み可能です。ネットや電話を利用した手続き方法について詳しくみていきましょう。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
イオンカードでキャッシングする方法は?ATMの使い方について

イオンカードを盗難・紛失した場合の対応方法について

イオンカードが紛失や盗難の被害にあった場合、イオンに連絡して無効手続きをするほか、警察など関係各所に届け出る必要があります。
下記の記事に番号一覧が乗っているので、旅行前などにはこのページを印刷して置くことをおすすめします。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
イオンカードを紛失したら?緊急電話から再発行の手続きまで

毎日の暮らしがお得になるイオンカードがおすすめ


イオンカードはさまざまなライフスタイルに合わせて活用できるよう、種類が豊富にあります。
いずれも年会費は無料で、ほとんどのカードで家族カードも作れるため、より多くポイントを貯めやすいのも魅力です。

イオン銀行と提携しているカードであれば、キャッシュカードも搭載されているため非常に便利で、その他にもさまざまな特典やキャンペーンなども随時行なっています。

イオングループ系列の店舗や提携しているネットショップ、高速道路、SA、PAなどで使えばより多くのポイントが貯まります。
ぜひ一枚は持っておきたいカードです。