イオンカード

イオンカードのときめきポイントをWAONポイントに移行する方法は?

イオンカードを利用するとたまるのがときめきポイントです。
ときめきポイントはWAONなどの電子マネーや電子ポイントと交換できるほか、カトラリーやキッチン用品など素敵な商品と交換することができます。
ここではイオンのときめきポイントについて解説します。

イオンカードの種類、メリット、ポイント還元率、キャンペーンは?アプリを使うのがおすすめ

イオンカードとは?

そもそもイオンカードは流通大手のイオンが提供するクレジットカードブランドです。
サービスとして毎月20、30日の5%オフなどのイオン関連サービスにおける特典があるほか、イオンでの利用はときめきポイントがいつでも2倍、55歳以上はGG感謝デーとして15日は5%オフなどの特典が魅力的な1枚となっています。

イオンクレジットカード

イオンクレジットカードの特徴

イオングループでお得に使えるクレジットカードです。毎月20日と30日は買い物代金が5%オフ、電子マネーはWAONに対応しています。イオングループでの買い物がポイント2倍になる他、映画鑑賞割引などの優待があります。年会費も無料なので、生活圏にイオンモールがあるなどイオン系列を使用している方におすすめです。

イオンクレジットカードのスペック

国際ブランドJCB、VISA、Mastercard
ポイント還元率0.5%
ポイントの種類ときめきポイント
年会費無料
申し込み資格18歳以上で電話連絡可能な方(未成年の場合は保護者の同意書が必要)※高校生不可

イオンカードのときめきポイントとは

イオン関連サービスでポイントがいくつか存在しているため、混同している人も多いのですが、「ときめきポイント」はイオンカードのポイントサービスです。
イオンカードを使うことでポイントがたまり、ためたポイントはdポイントやSuicaと言った電子マネーや電子ポイント、また掃除機やキッチン用品と言った日常の品々や各種グルメなど幅広い商品と交換することができます。
交換先としてWAON POINT(イオン各店で使えるポイントサービス)やWAONポイント(電子マネーWaonのポイントサービス)もあるので、イオンでためたポイントを形を変えて消費するということも可能です。

ポイント有効期限は獲得時期によって若干異なりますが最大2年となっており、2年をすぎたポイントから失効となります。
ポイントの有効期限はマイページから確認することができるので定期的に確認しておきましょう。
商品との交換は1,000ポイントからですが、公共料金の支払いなどにカードを利用すれば一度にたくさんのポイントがたまるので、高額ポイント商品との交換も可能です。
もし端数があまった場合などはネットショップで1ポイントから利用することができます。

ときめきポイントの貯まり方

ときめきポイントはイオンカードの利用額200円につき1ポイントがたまります。
使い方にもよりますが1ポイント1円相当として使うことができます。

優待特典

まず優待として、イオンやマックスバリュー、イオンスタイル、ダイエーなどのイオン各店で利用する場合、常時200円につき2ポイントとなります。
そして毎月10日は「ときめきWポイントデー」としてカードショッピング200円につき2ポイントのプレゼントがあります。
ちなみに毎月5がつく日にイオンやマクスバリューといったイオン系列の店舗でWAONを利用するとWAONポイントを2ポイントプレゼントという特典もあります。

イオン以外での優待店舗としては「ときめきポイントクラブ」という優待加盟店があります。
有名な会社としてはコスモ石油とワタミがあります。またネットの買い物であれば日本航空も対象になります。倍率は通常の2倍から5倍です。

オンラインショッピング

最後にオンラインショッピングをする場合、会員向けポイントサイトの「ときめきポイントTOWN」での買い物でポイント倍率アップという特典もあります。
これはイオンが提供するポイントサイトで、このサイトを経由してオンラインショッピングサイトで買い物をするとポイント倍率がアップするというサービスです。
楽天やアマゾンといった有名企業を始めとして家電から本やCDまで幅広いジャンルのお店がありますし、倍率も2倍から最大21倍と高い還元率を狙うことができます。
オンラインショッピングをよく行うという方はしっかりとチェックしておきましょう。

ときめきポイントの使い方

貯めたときめきポイントは商品との交換ができます。
交換できる商品は鍋やカトラリーといったキッチン用品をはじめ、ファッション、グルメといった日常生活で使える商品が中心です。
もし日用品はいらない、交換するものがない、という場合は電子マネーやポイントとの交換となります。
交換先としてはdポイントやSuicaなどがあるほか、各種商品券として交換することもできます。
またWWFやオリンピック選手強化プログラムなど、社会福祉に対する寄付をポイントで行うことも可能です。

またポイント交換は1,000ポイントからですが、イオンが提供するネットショップでの買い物で、1ポイント1円として使うことも可能なので、端数があまった場合や交換したい商品がない場合などはネットショップでも利用できます。

イオンカードのときめきポイントを交換する

イオンカードのときめきポイントを交換する方法として一番簡単なのはネットからの申し込みです。
もしネット申し込みをしたくない場合や、できない場合などは郵送や電話でも申し込みを行うことができます。

ときめきポイントを商品に交換する

ときめきポイントを商品に交換する場合、以下の3つの方法があります。

1.ネットから申し込み

イオンカードのマイページにログインし、そこでポイントの交換申請を行います。
イオンスクエアメンバーに登録していない場合、マイページにログインすることができないのでまず登録から行いましょう。

2.電話

24時間年中無休の自動音声応答サービスに電話をすることで、ときめきポイントの照会や交換申請を行うことができます。
電話番号はイオンカードのホームページで確認することが可能です。ネットの情報サイトなどでは番号が古い場合もあるので、公式サイトを確認しましょう。
電話をした後にガイダンスに従い、商品の応募を行います。

3.郵送

ネットや店頭、もしくは電話で応募用紙を取り寄せて郵送で商品を交換する方法です。
応募台紙に必要事項を記入し、封筒にいれて応募しましょう。
注意点として郵送ではWAONポイントへの交換は受け付けていません。

ときめきポイントをWAONポイントへ交換する

ときめきポイントをWAONポイントに交換する場合、ネットもしくは電話で申し込みを行います。
ポイント交換の申請が終わったら、イオン各店などに設置されているWAONステーションに向かいポイントチャージするという流れです。
有効期限が設定されているので、申し込みを行ったら忘れずに取りに行くようにしましょう。
WAONポイントは1,000ときめきポイント、1,000ポイントとして交換できます。
※WAON POINTとは別です。

イオンカードでときめきポイントを貯めて有効活用しよう!

イオンカードを使って貯まるときめきポイントは日常で使える素敵な商品と交換できるだけでなく、WAONポイントと交換してWAONとして使うこともできます。
WAONはコンビニなど様々なお店で使うことができる便利な電子マネーなので、イオンのみならず様々な店舗で利用が可能です。
イオンカードで効率よくポイントをためて、ネットショッピングや提携店で有効活用していきましょう。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYS編集部のニュースを担当。ファッションレンタル無料体験利用中。日々キャッシュレス決済のお得情報を集めています。

- ayaya の最近の投稿