Cedyna(セディナ)カードローンの特徴やメリット・デメリット、融資までの流れは?

株式会社セディナはクレジットカード事業・信販事業を行っている会社ですが、昔から利用している人であればセディナカードというよりもOMC(オーエムシー)カードという方がしっくりくるかもしれません。
もともとあった株式会社オーエムシーに株式会社セントラルファイナンス、株式会社クオークが合併することで誕生したのが株式会社セディナなのです。
そしてこのセディナではカードローンも取り扱っています。
ここではそのセディナのカードローンについて紹介していきます。

Cedyna(セディナ)カードローンの特徴とは

カードローンにもいくつかの種類があります。
セディナのカードローンは「信販系」と呼ばれるもので、これはクレジットカードを出している会社が該当します。
その他には銀行が行っているカードローンである「銀行系」や、消費者金融が行っている「消費者金融系」のものがあります。
セディナでは個人利用者向けにカードローンが行われており、新規利用者は融資上限が50万円となっています。
金利は基本的には18%となっており、15%前後が多い銀行系のカードローンと比べると少し高めに設定されています。

Cedyna(セディナ)カードローンの基本情報

カードローン名 セディナカードローン
金利 18.0%以下
限度額 1~200万円まで ただし新規利用時は50万円まで
申込資格 満20歳以上~満64歳以下
パート・アルバイト 可能 ただし学生は不可
年会費 なし
カード発行スピード 最短30分
キャッシング支払い方法 引き落としのみ
支払日 毎月27日

Cedyna(セディナ)カードローンのメリット・デメリットは?

セディナのカードローンにはメリットとデメリットの両方があります。
それぞれの特徴を見て、自分に合った条件かどうかを判断していきましょう。

メリット

銀行系のカードローンや消費者金融のカードローンの場合は多くは保証会社を立てて審査が行われます。
しかしセディナは保証会社を立てずに自社での審査となりますので、他のカードローンよりも審査に通りやすいと言われています。
ただし当然ですが、ブラックリスト入りしているといったことがある場合はまず審査には通りません。

申し込み時に書類を提出する必要が無い

インターネットで必要な項目に入力して送信すれば審査を受けることができます。
この時点では本人確認書類や収入証明書などは必要ありません。
審査に合格してカードを受け取る際に本人確認書類が必要となります。

主な本人確認書類としては、

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

などがあります。

ただし「即日振込」を申し込む際には振込先の口座番号と一緒に本人確認書類をFAXする必要がありますし、「最短即日スピード発送」で申し込んだ場合はカードを受け取る際に本人確認書類を提示する必要があります。
また、新規借り入れ時は最高でも50万円までしか融資を受けることはできませんので収入証明書は必要ありません。

初回の7日間は無利息サービス

セディナのカードローンでは新規入会日から30日以内の期間でカードローン初回利用時には、利用日から7日間は利息がつかないという「ゼロプラン」が行われています。
初回ですのでそれほど金額は高くはなっていませんが、利息がつかないというのは嬉しいサービスですね。

ハローキティのカードデザイン

セディナでは若者や女性の新規利用客を獲得しようという動きが活発です。
セディナカードの表デザインは2種類から選ぶことができ、1つは落ち着いた色のグラデーションで見た目も綺麗なカード、もう1つがハローキティのデザインとなっています。
女性に人気のキャラクターを採用することでカード自体を持ちやすくしています。

デメリット

多くのメリットがあるセディナカードのカードローンですが、残念ながらデメリットもあります。
例えば返済方法が「口座引き落としのみ」という点。
最近ではATMでの返済やインターネットでの返済、銀行振り込みによる返済などさまざまな返済方法が出てきていますが、セディナのカードローンの返済は基本的には口座からの引き落としのみとなっています。いろいろな返済方法があるカードローンと比べると少し不便かもしれません。

金利が高い

セディナでは金利が18%となっています。
消費者金融系のカードローンではだいたい同じ18%ほどですが、銀行系のカードローンでは15%前後であることを考えると少し高いと言えるでしょう。

種類 会社名 金利
信販系 セディナカードローン 最高18.0%
信販系 三井住友カードゴールドローン 3.5~9.8%
銀行系 みずほ銀行カードローン 2.0~14.0%
銀行系 三菱UFJ銀行カードローン 1.8~14.6%
消費者金融系 アコム 3.0~18.0%
消費者金融系 プロミス 4.5~17.8%
消費者金融系 オリックスVIPローン 1.7~16.8%

 

初回申し込みの限度額が50万円以下

カードローンの限度額は200万円までですが、新規回申し込みのときには上限が50万円となっています。
単純にもっとお金が必要という人にはデメリットとなるでしょう。
ただし現在お金の借り入れ(カードローンやキャッシング)を行う際には「総量規制」が適用されます。
これは他社からの借り入れなども合わせて融資の合計が本人の年収の3分の1を超えないようにするというものです。
これがあるためにある程度まとまったお金を借りるにはその3倍以上の年収があることが必要となっています。

即日融資が不可

普通に申し込んで結果を待っているときには即日融資を受けることができません。
即日に融資を受けたい場合には、「即日振込」で申し込みをする必要があります。
これは午前11時までに申し込みをしなければ利用することはできません。
その際には本人確認書類も必要になりますので注意しておきましょう。

Cedyna(セディナ)カードローンの申し込みから融資の流れは?

セディナのカードローンの申し込みの仕方を簡単に説明していきます。

申し込み

インターネットのセディナのカードローン申し込みの項目から申し込みフォームに必要事項を入力し、送信します。

審査

最短で30分ほどで審査についての回答が返ってきます。
申し込み時に記載した勤務先に在籍確認の連絡がいきます。

本人確認書類提出

保険証、運転免許証、パスポートのコピーなどの本人確認書類を郵送やFAXなどで提出します。

入金

金融機関が営業日で午前11時までの申し込みであれば即日に入金がされます。

カードの受け取り

原則申し込み日の翌日に簡易書留で発送がされます。
そのため申し込み日から2~3日ほどでカードが手元に届くこととなります・

必要書類の発送

送られてきたカードに同封されている必要書類に記入して返送すれば一連の流れは終了です。
申し込み時に「最短即日スピード発送」を申し込むことができます。この場合はカードは早く届くのですが、即日に振込入金をしてもらうことはできません。
すぐにお金が必要な場合は考えて申し込むようにしましょう。

カードローンは金利のことを踏まえ、返済できる範囲で

急なお金が必要なときなどにカードローンは非常に便利です。
しかし借りたお金には利息がつきますし、いずれ返さなくてはいけないお金です。
金利手数料のことも考えて、計画的に利用することが重要です。


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

Asuka

Asuka

BD by BITDAYS編集部ディレクター・ライター。 2017年10月より仮想通貨界に参入。毎日の情報収集は欠かしません。主に海外からのニュースを担当しています。 最近は「ポイント還元」や「キャッシュバック」という言葉に目がなく、お得情報の配信に尽力しています。 趣味は映画鑑賞、無類のネコ好きです。