JCBカードで海外キャッシングを利用する方法、金利や手数料、返済方法は?

日本ではユーザーの多いJCBカード。

日本中どこの地域に行ってもJCBカードの利用できない店舗はないと言っても良いでしょう。

そんなJCBカードですが、海外キャッシングを利用する場合どのような方法があるのでしょうか。
また、JCBカードの金利や手数料はどれくらいかかるのでしょうか。

今回の記事ではそれらの疑問について解説していくとともに、JCBカードで海外キャッシングを利用した際の返済方法についても合わせて述べていきます。

海外に行く前に要チェック!

海外でキャッシングをする際に便利となるJCBカード。
いざJCBカードを利用しようと思ったATMで現金が引き出せないといったトラブルが発生することもあります。
すぐにでも現金が必要なのにキャッシングが利用できないという事態が起こると非常に困りますよね。

ここでは海外でJCBカードのキャッシングが利用できない原因について解説します。

海外キャッシングの設定がされているか

JCBカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2種類の利用枠が設定されています。

これらの利用枠はJCBカードを申し込む時に審査をする過程で設定されるのですが、その中で海外キャッシング一回払いという枠が設定されていない可能性が考えられます。

個人カードではなく法人のカードを持っている場合は、海外キャッシング枠が設定されていませんので、あなたの持っているクレジットカードの利用可能枠がどのように設定されているのかということを、JCBカードのインターネットサイトや毎月の請求明細書などで事前に確認しておくことが必要です。

もしも海外キャッシング枠がクレジットカードに設定されていない場合は、改めて申し込み申請を行い審査をする必要があります。
またクレジットカードの支払いが遅延している場合などは審査に通らないことがありますので、十分注意が必要です。

利用枠の残高

JCBカードで海外キャッシングが利用できないもう一つの理由として「海外キャッシング利用枠まですでに利用してしまっている」ということが考えられます。

JCBカードに海外キャッシング利用枠が設定されていたとしても、いざキャッシングを利用する際にそのカードが利用限度額まで達してしまっている場合は、キャッシング機能を利用することができません。
 
また、JCBカードの総枠にはショッピング枠とキャッシング総枠があり、ショッピング枠のみで総枠を使い切ってしまっている場合は、たとえキャッシング枠が設定されていたとしてもキャッシング機能を利用することはできません。

さらにキャッシング枠の中には日本国内でのキャッシング枠と、海外でのキャッシング枠の2種類があります

日本でキャッシングした金額によっては海外キャッシング枠を全て利用できるわけではないので注意が必要となっています。
海外旅行に行くときは、あなたのクレジットカードの海外キャッシング枠がいくら残っているか確認することが重要です。

また、海外キャッシング利用枠の残額によっては海外キャッシング利用枠の増枠の手続きを済ませてから海外旅行に出発することが必要となる場合もあるので、十分に下調べや手続きを行い、準備を進めていくようにしましょう。

JCBカードの海外キャッシングを利用する方法は?


JCBカードで海外キャッシングを利用する際は海外の各地域の主要空港やメインストリートにあるATMで、平日休日を問わず24時間海外キャッシングを利用することができます。
 
まずはATMにJCBカードを差し込みます。

その後暗証番号を押し最後にenterキーを押します。

そしてATMに表示される「キャッシングサービス」を選択します。

キャッシングの方法は「クレジットカード」を選択後、必要な借入金額を入力します。

そうすることによりATMから現金とクレジットカード、利用明細書が出てきますので、それらを受け取って終了となります。

暗証番号は間違えないように注意!

海外のATMでキャッシングを利用する時に暗証番号を間違えないようにすることが非常に重要です。
なぜなら、暗証番号を3回間違えると不正利用と間違われてロックされてしまうことがあるからです。
一度ロックされてしまうと解除するために面倒な手続きを踏まなければならないので、暗証番号を間違えないように十分気をつけましょう。

もしも暗証番号が分からなくなったり、自分の覚えている暗証番号が不安な場合は、事前にJCBに連絡をしておくことがおすすめです。

海外キャッシングの金利・ATM手数料は?


JCBカードで海外キャッシングを利用する際の手数料は、ATM使用料と金利手数料の2種類に分けられています。

ここからはATMの利用手数料と金利の手数料それぞれについて解説していきます。

金利手数料

JCBカードの金利手数料は、利用限度額によって年間15%から18%と幅があります。
金利手数料の総支払額は利用金額と金利と利用日数によって変わってきます。
(利用日数とは、利用した翌日から支払日当日までの日数のことを言います。)

JCBカードの場合は毎月15日締めの翌々月10日が支払日となっていますので、利用日数は最長で55日前後となっています。

ATM利用手数料

JCBカードでATMの海外キャッシングを利用する場合は、ATMの利用手数料が無料となっているところもありますが、手数料が発生するATMもあります。

日本円で1万円未満のキャッシングの場合は100円+税、1万円以上のキャッシング利用で200円+税のATM手数料を設定しているATMが多く、日本のATMで設定している手数料と同程度の金額となっています。

ATM利用手数料は、ATMを利用した際の明細書を見ることで確認できます。

ATMキャッシングを利用する回数が多ければ多いほどATM利用手数料を支払う総額は多くなってしまいますので、1回のキャッシングでなるべく多めに引き出しておくことでATM利用手数料を抑えることが可能です。

海外キャッシングの返済方法


JCBカードを使用して海外キャッシングをした場合、基本的には規定の決算日である10日に指定の口座から引き落としをされることで返済が完了します。しかしそれでは決算日まで金利の18%が毎日かかることになってしまいます。

少しでも金利を抑えて返済するためにはJCBカードのカスタマーセンターに電話連絡して、振込金額と振込先の銀行口座を教えてもらうことで、決算日までにお金を振り込むことで繰り上げ返済することが可能です。

海外旅行ではATMキャッシングが便利なJCBカードを利用しよう


今回の記事ではJCBカードを利用したATMキャッシングのメリットや利用方法、注意点について解説しました。
返済方法や手数料についても記載していますので、お得にキャッシングをしながら海外旅行を楽しめるように事前に準備しておきましょう。

JCBのおすすめクレジットカード



この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部