ANA JCBカードのメリット、年会費、キャンペーン、保険内容など徹底解説!

ANA JCBカード

ANA JCBカードおすすめポイント

  • ANAマイレージクラブ、楽天Edy、JCBクレジットカードの機能を一枚に集約
  • 入会・継続時だけでなく、搭乗ごとにANAマイルが貯まる
  • 旅行好きに嬉しい優待サービスや割引が盛りだくさん

目次

ANA JCBカードの入会特典

ANA JCBカードに入会すると、最大36,100マイル相当のOki Dokiポイントがもらえます。キャンペーン期間は2019年10月15日(火)までです。

ANA JCBカードのキャンペーン

ANA JCBカードのキャンペーンには、以下のものがあります。

ANA主催のキャンペーン

ANA便に搭乗で最大5,000マイルプレゼント

入会時にキャンペーン参加登録をすると、2019年10月31日(木)までに搭乗すれば一般カードの場合1,000マイル、プレミアムカードやゴールドカードの場合5,000マイルがもらえます。

カード利用金額に応じて最大15,000マイルプレゼント

入会してから2019年11月30日(土)までのカード利用金額に応じて以下のマイルがプレゼントされます。

  • カード利用15万円(税込)以上で3,000マイル
  • カード利用50万円(税込)以上で15,000マイル

ANAカードファミリーマイル登録で最大1,000マイルプレゼント

2019年11月15日(金)までに、プライム会員としてANAカードファミリーマイルに登録すると500マイルがもらえます。

JCB主催のキャンペーン

MyJチェック登録登録で最大6,000マイル相当プレゼント

2019年12月31日までにMyJチェック(MyJCBで利用明細を確認するサービス)に登録すると、400ポイントもらえます。

カード利用10万円(税込)以上で最大17,400マイル相当プレゼント

2019年12月31日までにカードを利用した金額に応じてポイントがもらえます。

  • 10万円(税込)以上で1,500マイル相当ポイント
  • 25万円(税込)以上で6,000マイル相当ポイント
  • 70万円(税込)以上で17,400マイル相当ポイント

ANA JCBカードの特徴・メリット

ANA JCBカードの最大の特徴でありメリットは、OkiDokiポイントを1ポイント=5マイルのレートで交換できることです。通常は1ポイント=3マイルなので、かなりお得と言えます。

さらに年間手数料を支払うことで、1ポイント=10マイルで交換できるようになります。

またOkiDokiポイントとマイルの両方でポイントを貯めておけるので、自分が交換したいものに合わせてどちらのポイントに集約するのかを決めることができます。

主なANA JCBカードのメリットは以下のようなものがあります。

継続ボーナスがつく

ANA JCBカードを2年目以降も継続して使用すると、1,000マイルのボーナスがつきます。

搭乗でボーナスマイルがつく

ANA便に搭乗すると、通常のフライトマイルの10%がボーナスマイルとしてつきます。
また、利用する期間が長くなるほどマイルがお得になる「ボーナス制度」が用意されています。

ボーナスで受け取れるマイル数に関しては以下をご覧ください。

通常入会ボーナスマイル搭乗ごとのボーナスマイルカード継続ボーナスマイル
プラチナプレミアムカード10,000マイル×50%10,000マイル
ワイドゴールドカード2,000マイル×25%2,000マイル
ワイドカード2,000マイル×25%2,000マイル
一般カード1,000マイル×10%1,000マイル
ANA JCB ZERO×10%

マイル付与率が上がる

JCBスターメンバーズの適用により、年間のショッピング利用金額が一定金額を超えることで最大1.06%のマイル付与率になります。

ANA特約店でのマイル付与率が高い

ANAカードマイルプラスの提携店で対象商品を利用の際、ANA JALカードを使うとマイルの付与率が高くなります。

クレジットカードにEdy機能を搭載!Edyチャージでマイルが貯まる

ANA JCBカードに搭載されている楽天Edyで対象店舗での支払いをすると、マイル付与率が通常の0.5%から1%に増えます。

ANA QUICPay+nanacoが使える

ANA JCBカードを持っている人は、「ANA QUICPay+nanaco」という電子マネーカードを作れます。これは空港でのチェックイン手続き不要で搭乗できるSKiPサービスを利用できるものです。

そして「QUICPay」と「nanaco」の2つの電子マネーを搭載しているので、QUICPayでの支払いでマイルが貯まります。

ANA JCBカードの基本情報

発行会社株式会社ジェーシービー
年会費初年度:無料
2年目以降:2,000円(+税)
国際ブランドJCB
ポイント還元率1.0%
ポイントの種類OkiDokiポイント
申し込み資格18歳以上(高校生除く)で本人または配偶者に安定継続収入があること
発行スピード最短3営業日
ショッピング利用可能枠10万円~100万円
キャッシング利用可能枠 0円~50万円
リボ払い金利13.20%~15.0%
キャッシング金利15.0%~18.0%
支払い方法<ショッピング>
1回払い
2回払い
ボーナス1回払い
分割払い
リボ払い
<キャッシング>
1回払い
リボ払い
締め日・支払日15日締め、翌月10日払い
ETCカード年会費・発行手数料ともに無料
家族カード年会費:1,000円(+税)
申込資格:本会員と生計を同一にする配偶者・親・子ども(高校生は除く)
電子マネー機能楽天Edy搭載、QUICPay対応
スマホ決済ApplePay、GooglePayに対応

ANA JCBカードの付帯保険

一般カードのANA JCBカードには海外・国内旅行保険は付帯していますが、補償の対象は被保険者が死亡・後遺障害を負った場合のみとなっています。
付帯保険の内容は以下の通りです。

旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合)・海外:最高1,000万円
・国内:―――
国内・海外航空機遅延保険・乗継遅延費用保険金(客室料・食事代):―――
・出航遅延費用等保険金(食事代):―――
・寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等):―――
・寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等):―――
ショッピングガード保険・海外:最高100万円
・国内:―――
・自己負担額:1回の事故につき10,000円

ANA JCBカードの付帯サービス

保険以外の付帯サービスには、以下のものがあります。

会員専用WEBサービス

会員専用サイト「MyJCB」を利用すれば、カード利用代金明細やポイントの確認、各種手続きができます。

支払い内容確定メールサービス

毎月の支払い内容をメールで通知します。

OkiDokiプログラムポイントサービス

ANA JCBカードの利用によって貯まったOkiDokiポイントは、マイルに交換できます。交換方法は次のふたつのコースが用意されています。

  • 5マイルコース:手数料無料で、1ポイントを5マイルに交換できます。
  • 10マイルコース:年間で5,000円(+税)の手数料が必要ですが、1ポイントを10マイルに交換できます。

会員優待割引サービス

下記のような割引サービスを受けられます。

・機内販売 10%OFF
・ANA FESTA 10%OFF
・A-style 5%OFF
・旅行商品 5%OFF
・ビジネス公開講座 15%OFF
・空港免税店 5%OFF
・高島屋SHILLA&ANA 5%OFF

ANA JCBカードの口コミ・評価

ANA JCBカードの口コミや評価を抜粋しました。

月々の支払い、買い物代金、交通機関の移動など大半の支払いをJCB ANAカードにて行っています。また、現在住まいのある関東から、故郷の東北地方に帰るときは、JCB ANAカードで片道を移動するのに必要な費用分のマイルが貯まります。帰省など、長距離を移動することが多い方にとって便利なカードです。
申し込んだときにインビテーションを受け取り、ANAの付帯サービスが大変好印象でした。ANAのエアラウンジを使用できるなど、通常のJCBカードよりも優待度が高く満足しています。
マイル移行手数料の関係からワイドゴールドカードに乗り換えました。ゴールド会員になると、Oki Dokiポイントのボーナスマイル、搭乗分の25%マイル、JCBゴールド会員向けの日報などが新しいサービスとして追加されるので、総合的に見て満足できるカードだと思います。
年会費はありますが、マイル還元率が高いのが気に入っています。
活動範囲に特約店が多いのでマイルが貯まります。
ANA JCBカードとセブンイレブンは相性が良い。セブンイレブンでANA JCBカードの決済をするとクレジットカードのポイントとは別に0.5%分のマイルが付与される!
クレカをANAJCBカードに変えた。マイル貯めるぞー!

ANA JCBカードの作り方・申し込み方法

ANA JCBカードの作り方を説明します。

申し込み時に必要なもの

ANA JCBカードの申し込みに必要な書類などは以下のとおりです。

・支払いに指定する口座情報(キャッシュカードあるいは通帳)
・本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)
・収入証明書(キャッシングサービスを希望する場合に必要になることがあります)

申し込み手順

ANA JCBカードの申し込みはふたつの方法があります。

まずひとつめは、インターネットでの申し込みです。必要情報を入力し、金融機関サイトで支払い口座を設定します。

申し込みが完了したら審査結果がメールで送られて、申し込みから1週間ほどでカードが送られてきます。

もうひとつは、郵送によって手続きをする方法です。インターネットで申し込みを行い、審査が完了したら必要書類の返送依頼書が届きます。そこに必要事項を記入し、本人確認書類を同封して返送すればカードが送られてきます。

ANA JCBカードはこんな人におすすめ

ANA JCBカードを特におすすめしたい人は次のような人です。

ANA便をよく利用する人

ANA JCBカードは搭乗ボーナスマイルが10%つくので、ANA便をよく利用する人はお得です。飛行区間が長いほど、マイルがかなり貯まっていきます。

年間でクレジットカード利用額が多い人

普段の買い物はもちろん、公共料金の支払いなどあらゆる支払いをクレジットカードで行なっている人には、ANA JCBカードがおすすめです。

というのは、年間で5,000円(税抜)を支払えば、1ポイント=10マイル換算で交換できるからです。

ANA JCBカードのポイントのお得な貯め方・使い方

ANA JCBカードでのポイントのお得な貯め方と使い方を説明します。

ANA JCBカードのOkiDokiポイントを効率良く貯める方法

基本的にOkiDokiポイントはJCBカードと同じ使い勝手になるので、効率の良い貯め方はJCBカードと同じになります。

そこで、マイルも効率良く貯める方法を説明します。

ANAカードマイルプラス加盟店を利用する

ANAカードマイルプラス加盟店とは、クレジットカード会社のポイントとは別に、マイルが付与されるお店のことです。100円あるいは200円(税込)で1マイルが付与されます。

Apple Pay(「iD」での利用)

・ENEOS
・セブン-イレブン
・紳士服コナカ
・紳士服のフタタ
・SUIT SELECT
・DIFFERENCE
・KONAKA THE FLAG
・FUTATA THE FLAG
・西鉄ホテルズ(一部店舗を除く)
・大和自動車交通
・東京無線タクシー

GooglePay(「QUICPay(クイックペイ)™」での利用)

・ENEOS
・セブン-イレブン
・紳士服コナカ
・KONAKA THE FLAG
・SUIT SELECT(九州・沖縄・山口を除く)
・DIFFERENCE(九州・沖縄・山口を除く)
・東京無線タクシー

(2018年5月現在)

ANA JCBカードのOkiDokiポイントの使い方

ANA JCBカードで貯めたポイントの使い道を説明します。
ANA JCBカードの利用分によるOkiDokiポイントは「ANA マイレージクラブ」のマイルに移行するのがおすすめです。
ここではANAマイルの交換先を紹介します。ANAマイレージクラブより交換手続きができます。

ANAマイルの交換先

・国内線特典航空券に交換
・国際線特典航空券
・提携他社特典航空券
・ANA国際線アップグレード
・スターアライアンスアップグレード
・ANA SKY コインへ交換
・ANAご利用券へ交換
・ANAグローバルセレクション
・ANAマイレージモールクーポン
・スターバックスカード
・iTunesギフトコード
・電子マネー楽天Edy
・カエトクカードマネー

ANA JCBカードのOkiDokiポイントの交換方法

ANA JCBカードで貯めたポイントの交換先は以下のようになります。

楽天スーパーポイント

10,000マイル→10,000ポイント

Tポイント

10,000マイル→10,000ポイント

nanacoポイント

10,000マイル→10,000ポイント

JRタワースクエアポイント

10,000マイル→10,000ポイント

JRキューポ

10,000マイル→10,000ポイント

ヤマダポイント

10,000マイル→10,000ポイント

セブンカードポイント

10,000マイル→10,000ポイント

タカシマヤカードポイント

10,000マイル→10,000ポイント

マツモトキヨシ現金ポイント

10,000マイル→10,000ポイント

PiTaPaショップdeポイント

10,000マイル→10,000ポイント

μstarポイント

10,000マイル→10,000ポイント

京成カードポイント

10,000マイル→10,000ポイント

エムアイポイント

10,000マイル→10,000ポイント

京急プレミアムポイント

10,000マイル→10,000ポイント

Sポイント

10,000マイル→10,000ポイント

トラノコポイント

1,000マイル→500ポイント

ANA JCBカードのキャッシング方法は?

ANA JCBカードのキャッシング方法は通常のJCBカードと同じです。

ANA JCBカードキャッシングの手順

ANA JCBカードのキャッシング方法は、CDやATMでカードを使う方法と、キャッシング振り込みサービスを利用する方法とがあります。

振り込みサービスはインターネットあるいは電話で申請をすれば、支払い口座にお金を振り込んでもらえます。

ANA JCBカードキャッシングできる場所

CDやATMを利用する場合には、全国のコンビニに設置されたATM、金融機関のCDかATM、クレジット会社のCDかATMを利用します。

ANA JCBカードキャッシングの利息・手数料

ANA JCBカードのキャッシング利息は年率15.0〜18.0%です。手数料はATM利用料として、1万円が100円(税抜)、2万円以上は200円(税抜)となります。

ANA JCBカードの紛失・盗難に遭ったら?

ANA JCBカードを紛失あるいは盗難にあった時の対処方法を説明します。

ANA JCBカード緊急連絡先

まずは「JCB紛失・盗難受付デスク」へ連絡します。紛失したカードは使えなくなり、ANAカードの番号も変わることになります。

ANA JCBカード再発行の手続き

手順

JCBの緊急連絡先へ電話をすれば、新しいカードの再発行手続きも行います。再発行手数料は1,000円(税抜)です。

ANA JCBカード問い合わせ先

ANA JCBカードの緊急時以外の連絡先は、以下のようなJCBカードの問い合わせ先になります。

・JCBお支払い金額・ご利用残高および可能額案内サービス
・JCB暗証番号サービス
・JCB変更受付デスク
・「JCBポイントプログラム」係
・JCBファイナンスデスク
・JCBオーソリセンター
・JCB保険グループ
・JCB 「MyJCB」係
・JCBインフォメーションセンター
・「JCBポイントプログラム」係

ANA JCBカードの解約方法は?

ANA JCBカードの解約方法を説明します。

ANA JCBカード解約前に気を付けるべきこと

ANA JCBカードを解約すると、自動的にANAマイレージクラブも退会します。その結果、貯まっているマイルもすべて失効するので注意が必要です。

そこで解約の前に、ANAマイレージクラブ・サービスセンターへ連絡してANAマイレージカードを発行してもらい、マイル残高を移行するようにします。

OkiDokiポイントは残高があれば失効するので、前もって交換しておきましょう。

ANA JCBカード解約の手順

ANA JCBカードの解約は、電話だけで手続きできます。「JCB変更受付デスク」へ電話をして、本人確認とカード番号の確認をすれば手続きに移ります。

ANA JCBカードの関連クレジットカード一覧

ANA JCBカードに関連するクレジットカードの一覧です。

ANA JCB カード(学生用)

学生用のカードです。

ANA JCBカード ZERO

年会費無料の18歳以上29歳以下限定カード

ANA JCB ワイドカード

サービスが豊富なカードです。

ANA JCB ワイドゴールドカード

ワイドカードに楽天Edyが搭載されたカードです。

ANA JCB カード プレミアム

ANAカードの最上位のカードです。

ANA JCBカードでお得な生活を

ANAマイルもJCBのポイントも貯まる便利なカードです。特約店で利用すれば、OkiDokiポイントとは別にマイルも貯まるので、ダブルでポイントが加算されていきます。

またANA JCBカードはマイルへの交換レートが通常よりも高くな、1.3~3.55%のマイル換算率を誇ります。他に利用しているポイントがあればマイルに集約できるので、無駄なくすべてのポイントを活用できるようになり便利です。
優待サービスや割引も充実していますので、この機会にぜひANA JCBカードを作成してみてはいかがでしょうか。

CATEGORY

ANA JCBカード