Orico(オリコ)カード

オリコカード(Orico Card THE POINT)の解約方法とは?年会費や解約金についても紹介!

オリコカードはクレジットカードの中でも入会しやすく、便利でお得に使えるカードです。
すでに利用している人やこれから入会しようという人もぜひ活用していって欲しいカードですが、入会方法だけでなくいざと言うときの解約の仕方も知っておく必要があります。
また解約した場合の年会費や解約金など気になるところも一緒にこちらの記事で紹介します。

オリコカードについて詳しくはこちら

オリコカード(Orico Card THE POINT)とは?


まずはオリコカードについて紹介しておきます。
オリコカードは年会費無料のものや年会費は有料でも特典が付くものまで種類が豊富なクレジットカードです。
高還元率に加え2種類の電子マネーであるiDQUICpay、そしてETCの同時加入でスピーディーな支払いができます。
さらにこれらの支払いも含め、カードの利用でオリコポイントや暮らスマイルというポイントがたくさん貯められ、充実した交換先からポイント交換ができます。
またカードローンやキャッシングを申し込めるのもメリットです。審査難易度もそれほど高くなく、スピード発行が可能です。
オンラインでの入会申し込みであれば即日審査結果を知ることもでき、審査を通れば入会がすぐにできます。
オリコカードは多くのメリットがあるクレジットカードなのです。

オリコカード(Orico Card THE POINT)を解約方法


そんなお得で便利なオリコカードですが、解約の仕方もそれほど難しくはありませんし、複数の方法があります。すぐに解約したいということであれば、時間をかけずにできる電話解約がいいでしょう。

電話による解約方法

オリコテレフォンサービスに電話することで自動音声での案内で手続きができます。

オリコテレホンサービス

固定電話:0120-911-004
携帯・PHS:03-5877-5555
24時間年中無休

上記の電話番号にかけ、サービス番号の80を入力後、カード番号(16桁)と暗証番号(4桁)を求められるためそれぞれ入力し、自動音声に従って解約手続きを行います。
書類に必要事項を記入し、返送することで手続きを行う方法もあります。
書類に関してはサイト上にあるPDFファイルを印刷して必要事項を記入することができます。
一般カードとビジネスカードでPDFが異なるため注意してください。
家庭に印刷環境がない場合は、解約届を資料請求で受け取り、必要事項を記入して返送すれば手続きできます。

オリコカード(Orico Card THE POINT)で一部機能を解約する方法


オリコカード自体は解約せず、一部機能だけ解約することも可能です。
オリコカードに紐付けされる機能としてはiD、QUICPayなどの電子マネーやETCが挙げられます。
それでは解約するにはどのようにしたら良いか、そちらを紹介します。

iD

電子マネーであるiDは解約することができます。ただし入会したときの形態によってできる場合とできない場合があるので注意してください。
クレジットカード一体型での申し込みの場合は、iDだけを解約することはできません。

モバイル型は解約可能

モバイル型で申し込んでいた場合は、解約が可能です。
オリコモバイルサービスデスクに問い合わせをし、退会希望を伝えることで手続きを行えます。
退会後は携帯電話またはスマートフォンからオリコカードiDを削除する必要があります。

オリコモバイルサービスデスク

049-271-3166
9:30~17:30
年中無休

QUICPay

QUICPayも同様にオリコで契約できますが、こちらはクレジット一体型とモバイル型に加えてカード型という契約の仕方があります。
クレジット一体型は一部機能の解約ができませんが、モバイル型とカード型はオリコカードの解約をしなくても、こちらだけ解約が可能です。
こちらもオリコモバイルサービスデスクに問い合わせをして退会手続き後、携帯またはスマホから情報を削除する必要があります。
またカード型であれば退会後にハサミなどでカードを切って処分しておきましょう。

オリコモバイルサービスデスク

049-271-3166
9:30~17:30
年中無休

ETCカード

ETCカードは持っているオリコカードに紐付けされたものであり、一部機能として解約が可能です。
解約方法はオリコカードのサイトから脱会届をダウンロードするか、資料請求申込フォームから請求し送ってもらいます。後は必要事項を記入し、返送することで手続きは完了です。
返送による手続きなので投函してから1週間~10日ほど手続き完了に間があるので注意してください。
こちらも解約後はETCカードをハサミで切って処分する必要があります。

オリコカード(Orico Card THE POINT)解約の注意点


オリコカードを解約する上で注意点があります。
1つはオリコカードではオリコポイント、そして暮らスマイルというポイントが付与されますが、交換していないポイントに関しては解約後に全て消滅します。また上記のようなiDやQUICPay、ETCカードも同時に解約となります。同様に家族カードを持っている人も解約となり利用停止となってしまうので注意が必要です。
さらに、オリコカードで公共料金をはじめ各種支払いを行っていた場合は、解約と同時に支払い出来なくなるので、変更手続きをする必要があります。
他にも提携先会費加算があるカードなどを契約している場合、オリコカードへの解約届では解約できないカードもあります。
解約をする前には、これらが使用できなくなっても困らないか考えてから、解約を進める必要があります。

オリコカード(Orico Card THE POINT)を解約したら年会費はどうなる?


オリコカードは種類が豊富であり、年会費が永年無料のものも毎年年会費が引き落とされるものもあります。
これはどのカードで契約するかによりますが、毎年年会費を払っている人に関しては解約するとき年会費がどうなるかは気になるところです。
結論から言えば年会費の返金はありません。1年分をまとめて前払いすることになり、月割りなどの計算はされないため支払ってしまえば解約手続きをしても戻ってきません。
年会費はカードの有効期限月の翌月に請求されるため、その月の前月末までに退会手続きをする必要があります。

≪例≫
有効期限が20年9月と表記されているのであれば、有効期限月は9月であり、翌月は10月なので、毎年10月に年会費が請求されます。
そのため9月末日までに退会手続きを行えば、翌年の年会費の請求は行われません。

 

オリコカード(Orico Card THE POINT)解約金はいくら?


オリコカードを解約する際、解約金の発生の有無も気になるところですが、基本的には解約金はかかりません。
ただし、リボ払いなど支払いが残っているものに関しては解約後も請求が来るので注意が必要です。場合によっては残高を一括で納める必要が出る可能性もあります。

オリコカード(Orico Card THE POINT)を解約するデメリット


オリコカードを解約する、ということはデメリットが発生する可能性もあることは理解しておく必要があります。
先ほど触れましたが、注意点はそのままデメリットになるかもしれません。
貯まっていたポイントは消滅しますし、電子マネーやETC、家族カードが今後利用できなくなる、公共料金などの支払いの変更手続きが必要となるのは生活をしていく上で不便になりかねません。
また有効期限月より前の解約で年会費が返って来ないことがデメリットと感じる人もいるかもしれません。
リボ払いの残高の一括支払いの可能性がある場合、手持ちのお金が足りないのであれば解約するのは危ういです。
さらに毎月の支払いで複数回の遅延が過去に会った場合、信用情報に傷が付いている可能性があります。
信用情報に傷が付いたまま解約を行ってしまうと、向こう数年は信用情報が悪い状態のまま個人信用情報機関にデータが保存されてしまいます。
これは後々のクレジット契約やローンを組むときの大きなデメリットになるので、解約は思いとどまった方が良いかもしれません。

オリコカード(Orico Card THE POINT)を退会するときはよく考えよう


オリコカードは便利でお得なクレジットカードです。カードによっては年会費も無料ですし、ポイントも貯めやすく、電子マネーやETCなどの利用もでき、各種手続きやサービスもオンライン上でできます。
また疑問点やトラブルがあった際もサポートが充実しているので、何があっても問い合わせやすく安心して使えるのも特徴です。
クレジットカードをこれから持つならこれ、というほどの1枚なので、すでに持っていて退会しようか悩んでいるのであれば、それらの利点を失うということも念頭に置いた上でよく考えてみることをおすすめします。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。