楽天カードの種類や審査は?メリット、年会費、ポイント還元率を紹介

楽天カード

楽天カードおすすめポイント

  • 基本のポイント還元率は1%で、楽天市場での買い物なら3%になる
  • 「ネット不正あんしん制度」や「商品未着あんしん制度」など万一の場合も安心
  • 年会費は永年無料
楽天カードのお得なキャンペーン情報

新規入会&利用で最大5,000円相当プレゼント

目次

楽天カードの入会特典

楽天カードでは入会特典として楽天スーパーポイントがもらえます。

  • 通常ポイント2,000ポイント
  • 期間限定ポイント3,000ポイント

期間限定ポイントは楽天カードを初回利用することが条件なので、カードが届いたらコンビニで100円のお買い物をするだけで条件達成です。
もらったポイントは楽天市場でのお買い物などで使えますので、お得にカードを発行できます。

楽天カードのキャンペーン

楽天カードの入会キャンペーンとして、入会特典でもらえる期間限定ポイントが増量されることがあります。
過去の例では、多いときでは合計7,000~8,000ポイントがもらえるキャンペーンが定期的に実施されました。
最近では2019年7月22日~29日の期間限定で、合計7,000ポイントのキャンペーンが実施されています。

楽天カードの特徴・メリット

楽天カード最大の特徴は、楽天スーパーポイントが貯まりやすく、貯めたポイントの価値が高いところです。
ポイント還元率常時1%は年会費無料のカードの中では優秀。
楽天市場など楽天サービス内で使えば還元率がさらにアップするほか、楽天ポイントカードや楽天ペイと組み合わせて使うとポイント二重取りが可能に。
楽天スーパーポイントは楽天グループ内で幅広く使え、楽天カードの利用代金支払にも充当できるため、ほぼ現金と同じ価値で使えるのがメリットです。

ポイント還元率1%

楽天カードでは利用場所にかかわらず100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。
年会費無料のカードでは0.5%が多いなか、常時1%還元は魅力的と言えるでしょう。

楽天ポイントカードでポイントの二重取りが可能

楽天カードには楽天ポイントカード機能が付きますので、ミスタードーナツなどの対象店舗で提示すれば、現金払いでもポイントが貯まります。
さらに、楽天カードで支払いすると、提示ポイントと支払いポイントの二重取りが可能。
もし楽天ポイントカード対象店に店舗独自のポイントプログラムがあれば、最大で三重取りもできます。

楽天市場のポイント還元率アップ

楽天市場でのお買い物を楽天カードで払えばポイント還元率は3%に。
さらに、楽天市場アプリなら4%、楽天グループのセール中には利用した店舗数など条件を満たせば10%以上の還元率も可能です。

ポイントの使い道が豊富

楽天カードでは貯めたポイントの使い道が非常に幅広く、現金とほぼ同じ価値で使えるのがメリット。
楽天市場や楽天ペイ、楽天モバイルなど、楽天関連サービスをよく使う人ならその支払いで使えます。
さらに、楽天カード自体のカード代金の支払いにも使えるようになりましたので、特に使い道がないときも安心です。

カードのデザインが選べる

お得なだけでなくカードデザインのお洒落さも魅力です。
楽天は楽天イーグルスに加えてFCバルセロナ、ヴィッセル神戸のスポンサーなので、チームロゴのデザインが選べます。
女性にはディズニーデザインやお買い物パンダデザインがおすすめです。

セキュリティ

楽天カードは楽天カードはセキュリティ面でも優れています。もしもに備えてあらゆるサービスが整っているのはユーザーとしてはとても安心です。

不正利用を防ぐ仕組み

楽天カードのセキュリティサービスの『カード利用お知らせメール』では登録したご自身のメールに利用状況がいち早く届くようになっているためクレジットカードの不正利用などの早期発見につながり『不正利用探知システム』では24時間体制で不審なカード利用を監視検知しています。

ネットでの不正利用やトラブルにも対応

その他ネットショッピングでの不正利用があった場合に不正利用分を補償してくれる『ネット不正あんしん制度』や楽天市場で購入された商品が万が一届かない等のトラブルにおいて請求を取り消ししてくれる『商品未着あんしん制度』などネットショップにおけるセキュリティやトラブルに関しても対応しています。

カードの盗難にも対応

その他カードの盗難や紛失において不正利用があった場合の損害金に関しても全額を負担する対応を行っています。

楽天カードの基本情報

発行会社 楽天カード株式会社
年会費 永年無料
国際ブランド JCB、VISA、MasterCard、American Express
ポイントの種類 楽天スーパーポイント
ポイント還元率 1.0~3.0%
申し込み資格 18歳以上、学生可
発行スピード 約1週間
ショッピング利用可能枠 最大100万円
キャッシング利用可能枠 審査により決定
リボ払い金利 年15.0%
キャッシング金利 年18.0%
支払い方法 1回払い
分割払い
ボーナス払い
リボ払い
締め日・支払日 月末締め・翌月27日払い
ETCカード 年会費540円(楽天会員ランクがダイヤモンド・プラチナは年会費無料)
家族カード 年会費は無料
申込資格 本会員と生計を同一とする、配偶者、親、子(18歳以上)
電子マネー機能 楽天Edy、QUICPay
スマホ決済 楽天ペイ、Google Pay、Apple Payで利用可能

楽天Edy付き・なしが選べる

楽天カードは申込時に電子マネーの楽天Edy付き・なしを選択できます。
楽天Edyには入会金や維持費用はかかりませんので、付けておくと便利です。

カードデザインが選べる

楽天カードでは10種類のカードデザインから選ぶことができます。
デザインの種類は以下のとおり。

  • お買い物パンダ 2種類
  • 楽天イーグルス 1種類
  • FCバルセロナ 2種類
  • ヴィッセル神戸 2種類
  • ディズニーデザイン 2種類
  • YOSHIKIデザイン 1種類

本会員が選択したデザインは家族カードにも適用されます。

楽天カードの締め日や引き落とし日は?

楽天カードの締め日は毎月末です。
ただし、楽天市場で利用した場合の締め日は毎月25日になるので注意してください。
また、楽天カードの支払い日は翌月27日(金融機関休業日の場合は翌営業日)となります。

楽天カードの限度額は?

楽天カードの限度額は、カードを発行する際の審査によって決まります。
自分のカードの限度額を知りたい場合は楽天カード会員の専用オンラインサービス楽天e-NAVIにログインして確認しましょう。
また、限度額を変更する方法や一時増枠する方法も紹介していますので以下をご覧ください。

楽天カードの付帯保険

海外旅行傷害保険(利用付帯) ・死亡後遺障害 :最高 2,000万円
・傷害・疾病治療:最高 200万円
・携行品損害:最高 20万円
・賠償責任:最高 2,000万円
・救援者費用:最高 200万円
国内旅行保険 死亡後遺障害:なし
ショッピング保険(超かんたん保険お買い物プラン) 保険料:年2,750円
・補償限度額:1事故10万円まで、年100万円まで

海外旅行傷害保険

楽天カードには海外旅行傷害保険が付帯します。
年会費無料ながらしっかりした保険が付きますので、海外によく行く人にはメリットになるでしょう。
なお海外旅行保険は利用付帯です。
日本を出国する前に、空港までの交通費や海外旅行のツアー代金などを楽天カードで支払った場合のみ適用されます。

国内旅行損害保険は付帯せず

楽天カードには国内旅行損害保険は付帯しません。

超かんたん保険お買い物プラン

楽天カードではショッピング保険が有料となり、事前に申し込みが必要です。
保険料年2,750円で、補償限度額1事故10万円まで、年間合計100万円までの補償が受けられます。
楽天カードで購入した商品の破損や盗難、自然災害等の事故に対し180日間までの補償がありますので、高額の買い物も安心してできるでしょう。

楽天カードの付帯サービス

家族カード 家族の出費は家族カードでまとめて管理可能。
ETCカード 発行手数料無料、年会費540円のETCカード。100円につき1ポイント。
楽天Edy 楽天カードにプリペイド式電子マネー楽天Edy機能を付帯。
楽天ポイントカード 対象店舗で提示することで楽天スーパーポイントが貯まる。
本人認証サービス オンラインの利用で本人認証を導入することで不正利用を防止。
海外旅行での各種優待サービス ポケットWiFiやレンタカーの割引、手荷物宅配サービスの割引、お土産宅配サービスなど。

家族カード

家族メンバーがそれぞれ家族カードを持てるサービスです。
家族カードの年会費は無料で、家族カード利用分も本会員のポイントが貯まるのがメリット。
家族カードのデザインは本会員が選択したデザインと同じものとなります。

ETCカード

楽天ETCカードは年会費540円で発行できます。
楽天会員ランクがダイヤモンド会員またはプラチナ会員ならETC年会費が無料に。
ETCカードの利用でも100円ごとに1ポイントが貯まり、お得に利用できます。

楽天Edy

楽天Edyはプリペイド型の電子マネーで、コンビニなどのお買い物で使えます。
楽天スーパーポイントを1ポイント=1円で楽天Edyにチャージすることも可能です。

楽天ポイントカード

楽天カードを発行すると、自動的に楽天ポイントカード機能が付帯。
ミスタードーナツなど、対象店舗で提示することで、楽天スーパーポイントが貯まります。
さらに、楽天カードで支払いすると、提示ポイントと支払いポイントの二重取りが可能です。

本人認証サービス

本人認証サービスは、オンライン決済でパスワード入力を追加することで、なりすましによる不正利用を防ぐサービスです。

海外旅行での各種優待サービス

楽天カードには海外旅行で便利な各種優待サービスが付帯します。
ポケットWi-Fiのレンタル料金が20%オフ、海外レンタカーの料金が10%オフ、手荷物宅配サービスが300円オフで利用可能。
また、海外お土産宅配サービスでは事前に楽天カード払いでお土産を購入でき、ポイント10倍付与、お土産の代金は10%オフです。
また、ハワイには楽天カード会員専用ラウンジがあります。

楽天カードのリボ払い・分割払い

利用した金額や利用した件数に関係なく、毎月の支払い金額をほぼ一定にできる支払い方法が「リボ払い」です。リボ払いにすることで月々の支払いが一定になるため、支払い計画が立てやすくなるというメリットがあります。
楽天カードには「リボお支払いコース」があり、利用リボ残高に応じて3,000円以上の金額で1,000円単位と、毎月の支払い金額を自分で設定することができます。

楽天カードの口コミ・評価

楽天カードの口コミや評価を抜粋しました。

楽天市場でお買い物するときに重宝しています。
普段からポイントが貯まりやすく、楽天の買いまわりセール、おかいものマラソン、スーパーセールのときにもまとめ買いをしています。
年間でもらっているポイント数では所有しているカードの中で一番です。
おかげで外に買い物に行く機会もかなり減りました。
ネットから気軽に申し込みができ、手続きが簡単でした。
やはり大手企業なのでよくできていると思いました。
WEBの会員サイトが非常に見やすくて使いやすいです。
サポートに問い合わせするときに、楽天e-NAVIにログインしてからメールフォームで問い合わせができるし、会員サイトで契約内容の変更もできるので便利。
期間限定で入会特典ポイントが多かったときに加入しました。
細かい条件がなくカードを一回利用するだけというシンプルさがとてもよかったです。
ポイント還元もいいけど、カードデザインが選べるのがよかった。
FCバルセロナエンブレムのデザインを選びましたが、かっこよくて気に入っています。
楽天カードとPayPayの組み合わせ最強!
今月も楽天カードのポイント還元がすごい。ありがたや…

楽天カードの作り方・申し込み方法

楽天カードを発行するときの申し込み方法について解説します。

申し込み時に必要なもの

楽天カードの申し込みで必要なものは、免許証などの本人確認書類と、引き落とし用の口座情報です。
本人確認書類はカード受け取り時に配達員に提示します。

申し込み手順

楽天カードの申し込みはWEBで行い、オンラインで申し込みが完結。
まずパソコンまたはスマホで楽天カードの公式サイトから申し込みを行います。
楽天カードで審査が行われ、無事通過すると約1週間でカードが届き、配達員に免許証などを見せることで本人確認が完了。
カードを受け取ったらすぐに利用開始できます。

楽天カードの審査


楽天カードの審査に関しては比較的に申し込みがしやすいといわれており主婦、アルバイト、パート、学生でも申し込みをすることができます。口コミを見ていると審査を通って所持している人も多くみられます。

ですが楽天カードの審査に関しは具体的な審査基準は公開されておらず必ずしも審査が通るとは断言することはできません。

楽天カードの審査に関する口コミ

楽天カードはこんな人におすすめ

楽天カードがおすすめなのは、楽天市場など楽天関連サービスを利用する人です。
楽天カードを持っているだけでポイントが貯まりやすく、貯めたポイントは楽天のサービスでほぼ現金のように利用可能。
楽天グループを利用する機会が多ければ多いほどお得になります。

また、年会費無料の楽天カードにも海外旅行保険が付き、ハワイのラウンジやお土産宅配サービスなど優待サービスがありますので、海外旅行によく行く人におすすめです。

楽天カードのポイントのお得な貯め方・使い方

楽天カードのメリットは何と言っても楽天スーパーポイントが貯まること。
ポイントを効率よく貯めてお得に使う方法を紹介します。

楽天スーパーポイントを効率良く貯める方法

ネットショッピングを利用するなら、楽天市場の支払い方法で楽天カードを使うと、3%還元になります。
さらに、スマホやタブレットの楽天市場アプリなら4%還元です。

スマホ決済の楽天ペイの支払い方法として使うと、楽天ペイのポイント還元(0.5%)と楽天カードのポイントで二重取りが可能。

また、楽天ポイントカード対象店では、楽天カードで支払いすると、ポイントカードの提示とカード決済でポイント二重取りができます。

楽天スーパーポイントの使い方

楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天ブックス、楽天TV、楽天トラベル、楽天モバイルなど、楽天グループの関連サービスの支払いで使えます。
各サービスの購入画面で、使いたい楽天ポイントのポイント数を入力して、支払いをするだけで1ポイント=1円として使用可能。
また、楽天カードの毎月のカード代金の支払いに楽天スーパーポイントを充当することも可能です。
楽天e-NAVIやスマホの楽天カードアプリからポイントで支払いの設定ができ、一度設定しておけば毎月自動で充当してくれます。
そのほか、貯まったポイントは電子マネーの楽天Edyにチャージすることもでき、楽天Edyが使えるお店で1ポイント=1円として使用可能です。

楽天スーパーポイントの交換方法

楽天カードで貯めたポイントは、ANAのマイルに交換することもできます。
交換方法や交換レートなどは以下のとおりです。

ANAマイル

楽天スーパーポイントをANAマイルに交換できます。
交換レートは2ポイント=1マイルで、50ポイント以上2ポイント単位での交換です。
WEBで交換手続きすると、約1週間でANAマイルに交換されます。

楽天Edy

楽天スーパーポイントを楽天Edy残高に交換できます。
交換レートは1ポイント=1円で、10ポイント以上1ポイント単位で交換可能。
WEBで交換手続きをした後、約2日後以降に楽天Edyで受け取り手続きをするとチャージされます。

楽天カードのキャッシング方法は?

突然現金が必要なときや海外旅行で役立つキャッシングの利用方法を解説します。

楽天カードでのキャッシング方法

楽天カードのキャッシング方法はATMかネットからのキャッシング利用があります。

ATMでのキャッシング

楽天カードのキャッシングは全国のコンビニ・駅・銀行・郵便局のキャッシュディスペンサーやATMで、楽天カードと4桁の暗証番号で行うことが可能です。提携ATMやキャッシュディスペンサーでのキャッシングにて借り入れする場合、都度利用金額に応じたATM利用手数料が発生します

   

お借り入れ金額 ATM利用手数料
1万円以下 108円(税込み)
1万円超 216円(税込み)

ネットでのキャッシング

楽天カードのネットキャッシングはキャッシングの申し込みから最短数分で口座(楽天カード利用代金の引き落とし口座)に現金が振り込まれるサービスです。24時間パソコンやスマートフォンでの申込みが可能となるのでいつでもどこでもキャッシングを申し込むことが可能です。

また口座にネットキャッシングした金額が振り込まれる際の手数料は無料というのも魅力の一つです。

また楽天カードのネットキャッシングでは下記の3つの振込に対応しています。

  • 今すぐ振込
  • 指定日振込予約(1回)
  • 指定日振込予約(毎月)
今すぐ振込

申し込み手続き完了からキャッシングの申し込みから最短数分で口座(楽天カード利用代金の引き落とし口座)に現金が振り込まれます。ただし申し込み時間が平日9:00~14:49までに手続き完了した場合になるので注意が必要です。下記振込時間です。

お申し込みのタイミング カード利用代金のお引き落とし口座
楽天銀行以外 楽天銀行
平日 0:00~8:59 当日9:00以降 最短数分でお振込み
9:00~14:49 最短数分でお振込み
14:50~23:59 翌営業日9:00以降
金融機関休業日
(土・日・祝日など)
0:00~23:59 翌営業日9:00以降

指定日振込予約(1回)

自分の指定した日に楽天カード利用代金の引き落とし口座へ振り込むサービスです。最大3カ月先までを予約日できるため予め出費が決まっている場合は便利です。

指定日振込予約(毎月)

先述した指定日振込予約同様自分の指定した日に楽天カード利用代金の引き落とし口座へ振り込むサービスですがこちらのサービスは振込希望日すると毎月指定した日に振込がされるサービスです。

楽天カードのキャッシングを活用することで急な出費や毎月の大きな出費に備えることができます。

楽天カードキャッシングの手順

楽天カードのキャッシングサービスは以下の方法で利用できます。

  • 国内ATM
  • 海外ATM
  • 口座振込

ATMで利用するときは、提携ATMに楽天カードを通して、画面の案内に従って利用金額と暗証番号を入力します。
パソコンやスマホから会員サイト楽天e-NAVIにログインして登録口座に振込でキャッシングすることも可能です。

楽天カードキャッシングできる場所

楽天カードのキャッシングは銀行ATMやゆうちょ銀行ATM、コンビニATMで利用できます。
海外キャッシングは、Visa、JCB、Mastercardのうち利用しているブランドのロゴが記載されたATMで利用可能です。

楽天カードキャッシングの利息・手数料

楽天カードのキャッシングの利息・手数料は、年18.0%です。
利用日の翌日から計算して支払い日までの日数分利息が発生します。

楽天カードの紛失・盗難に遭ったら?

万が一楽天カードカードを紛失したり、盗難されてしまった場合の緊急連絡先や、再発行の手続き方法について解説します。

楽天カード緊急連絡先

楽天カードの紛失・盗難時の緊急連絡先は以下のとおりです。

国内 24時間・年中無休 フリーダイヤル

0120-86-6910
※フリーダイヤルが利用できない場合:092-474-9256

海外 24時間・年中無休

81(国コード)-92-474-9256

楽天カード再発行の手続き

楽天カードの再発行手続きは、コールセンターに電話をして手続きを行います。
通常は1週間~10日ほどの日数が必要です。
カード再発行後も家族カードやETCカードはそのまま継続して利用可能で、楽天スーパーポイントも新しいカードへ自動的に引き継がれます。
ただし、Edy残高については自動移行はせず、旧カードのEdy残高は失効しますので注意しましょう。

楽天カード問い合わせ先

楽天カードの緊急時以外の問い合わせ方法は以下のとおりです。

自動音声専用ダイヤル 24時間、年中無休

0120-30-6910

コンタクトセンター 9:30~17:30

0570-66-6910 (通話料有料)

ほとんどの問い合わせや照会は自動音声ダイヤルで解決しますので、通常は通話料無料の自動音声ダイヤルを利用しましょう。
オペレーターに相談したいときは通話料がかかりますが、コンタクセンターに連絡すれば対応してくれます。

楽天カードの解約方法は?

楽天カードカードを使わなくなったときの解約方法や、解約前の注意点について解説します。

楽天カード解約前に気を付けるべきこと

楽天カードに楽天Edyを付帯させている場合、楽天カードを解約するとEdy残高が失効してしまいます。
コンビニなどでEdy残高を使い切ってから解約手続きをしましょう。
なお楽天カードを解約しても楽天会員の解約にはなりませんので、楽天スーパーポイントはそのまま残ります。

楽天カード解約の手順

楽天カードの解約は、楽天カードコンタクセンター(0570-66-6910・通話料有料)に電話をして、オペレーターの案内に従って解約手続きを行います。

楽天サービスをまとめるなら「楽天ペイ」がおすすめ

「楽天Edy」「楽天ポイント」「楽天キャッシュ」などの電子マネーやポイントがありますが、これらを一つにまとめた「楽天ペイ」という決済アプリがおすすめです。
楽天ペイに楽天カードを登録して楽天サービスを利用すると、ポイント還元率は3%以上と大変お得になります。

楽天ペイ

特徴

楽天ペイは、クレジットカードと同期させて使うスマホ決済サービスです。他のスマホ決済サービスのように銀行口座と紐づける機能はなく、基本的にすべて後払いとなります。 楽天ペイを使用するだけでも楽天ポイントは貯まりますが、登録クレジットカードを楽天カードにすれば、ポイント還元率は0.5%から1.5%になります。 楽天ユーザーなら関連サービスを組み合わせて利用するのがおすすめです。 なお、楽天サービスを利用するためには会員登録(会費不要)が必要となります。この楽天会員には「会員ランク」というものがあり、楽天スーパーポイントの獲得回数と獲得ポイント数に応じてお得な特典が用意されているのでぜひチェックしてみてください。

運営会社 楽天株式会社(Rakuten,Inc.)
決済方法 クレジットカードによる後払い
使える代表的なお店(店舗) コンビニ:ローソン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ
飲食店:白木屋、魚民、笑笑、山内農場、千年の宴、和民、PIZZA-LAなど
アパレル:AOKI、Right-on、Stepなど
使える代表的なお店(オンライン) 無印良品、TOHOシネマズ、109シネマズ、BUYMA、DMM、mobageなど
還元率 0.5%(200円利用で1ポイント)
登録クレジットカードが楽天カードの場合は1.5%
楽天ポイント加盟店では2%以上、楽天市場では3%以上

楽天ペイの詳細はこちら

楽天カード関連クレジットカード一覧

楽天カードには以下の関連カードがあります。

楽天PINKカード

楽天PINKカードは女性向けオプション(有料)をプラスできるカードです。

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカードにはANAマイレージの機能が付帯します。

楽天カードアカデミー

楽天カードの学生専用カードが楽天カードアカデミーです。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードは年会費2,160円で楽天市場でのポイント還元率アップ、国内空港ラウンジが年2回まで利用可能になります。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードは年会費10,800円で、国内空港ラウンジ、海外空港ラウンジが無料で利用でき、各種保険が自動付帯します。

楽天銀行カード

楽天銀行カードは、楽天銀行のキャッシュカードにクレジット機能が付いたものです。

楽天カードと楽天ゴールドカードを比較

楽天カードには楽天ゴールドカードというワンランク上のカードがあります。
通常のゴールドカードといえば年会費が高いイメージがあるかもしれませんが、楽天ゴールドカードの場合、充実したサービスを年会費2,160円(税込)で受けられます。ポイント還元率は最大5倍になり大変お得なので、楽天カードとは何が違うのかをチェックしてみてはいかがでしょうか?

編集部による楽天カードのレビュー

評価項目 BITDAYS編集部おすすめ度
ポイント還元

1.0%~3.0%

年会費

永年無料

入会キャンペーン

新規入会&利用で最大5,000円相当プレゼント

ポイント交換先

ANAマイル、楽天Edyなど

電子マネー機能

楽天Edy、QUICPay

総合

通常のポイント還元率が1%で、年会費無料カードの中ではポイントが貯まりやすいと言えます。楽天市場で楽天カード払いにすると還元率は3%にアップするので楽天ユーザーには欠かせないクレジットカードでしょう。

楽天カードでお得な生活を

楽天カードは楽天市場でよくお買い物をする人など、楽天ユーザーにとってメリットの多いクレジットカードです。
基本のポイント還元率は1%、それに加えて楽天市場や楽天ペイ、楽天ポイントカードと組み合わせ使うことで、さらにポイントが貯まりやすくなります。
貯めたポイントは楽天市場や楽天ペイでのお買い物で使ったり、楽天トラベルや楽天ブックスなど関連サービスで使ったり、さらに楽天カードの支払いに充当することもできますので、ほぼ現金と同じ価値として利用可能。
また、楽天はスポーツチームのスポンサーにもなっていますので、FCバルセロナやヴィッセル神戸、楽天イーグルスのカードデザインが選べるのも魅力です。
入会特典でもらえるポイントも豪華なので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

楽天カードの種類や審査は?メリットや年会費・ポイント還元率を紹介