楽天カード

楽天カードの引き落とし口座は楽天銀行がおすすめ!メリットとは?

「顧客満足度1位」を達成している楽天カードはポイントを貯めやすい、貯めたポイントを使いやすいということで人気となっていますが、その引き落とし口座を同じグループである楽天銀行にすることでさらにお得にポイントを貯めることが可能となっています。
そこで今回は楽天カードと楽天銀行の関係性について紹介します。

楽天カードについて詳しくはこちら

楽天カードはポイントが貯まりやすい

楽天カードは、楽天が発行している「年会費永年無料」のクレジットカードです。
年会費が気になる方でも安心して使用することができます。
楽天カードのポイント還元率は1.0%と比較的高く、100円につき1ポイントが貯まっていきます。さらに、楽天が運営している「楽天市場」の支払いに利用した場合は「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」が適用されて、還元率は最大16倍になります。

条件を満たすためにすべてのサービスを利用することは難しいかもしれませんが、楽天市場での支払いに楽天カードを利用するだけでも合計で3.0%が還元されるため、普段から楽天市場で買い物をしている方はお得になることは間違いありません。
また、スマホの楽天市場アプリから買い物をするとさらに1.0%が加算され、ポイント還元率は4.0%となります。

楽天カード

楽天カードの特徴

楽天カードマンのCMでお馴染み、楽天が発行しているクレジットカードです。年会費は永年無料。楽天カード最大の魅力は、ポイントが貯まりやすいということ。楽天サービスとは関係ないスーパーやコンビニでも、会計100円につき1ポイントが貯まります。もちろん楽天市場の利用時にはポイント2倍、その他の条件も満たせば最大で16倍にもなるので大変お得です。

楽天カードのスペック

国際ブランドJCB、VISA、mastercard、アメリカンエキスプレス
ポイント還元率1.0%~3.0%
ポイントの種類楽天スーパーポイント
年会費永年無料
申し込み資格満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く
発行スピード約1週間

楽天カードについて詳しくはこちら

楽天カードの引き落とし口座にするなら楽天銀行

メガバンクと呼ばれるような銀行と違って、楽天銀行は実店舗を持たないネット銀行です。
実店舗がないため紙の通帳はなく、明細や残高は楽天銀行のマイページで確認することになります。
口座開設や維持していく手数料はすべて無料となっているため、気軽に口座開設をすることができると人気です。特に、楽天スーパーポイントを貯めている方にはおすすめです。
楽天銀行口座からダイレクトにナンバーズやロトくじなどを利用することができるという点もメリットだと言えます。購入の際には楽天スーパーポイントがつくのも嬉しいですね。

普通預金の利息に関しても一般的な銀行よりもはるかに高い率を維持しています。
多額のお金を預ける場合には非常に気になるかと思いますが、現在大手メガバンクでも普通預金の金利は「0.001%」程度のところがほとんどのところ、楽天銀行の金利は「0.02%」、さらに楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に設定している場合は「0.04%」にまでアップします。

楽天銀行のハッピープログラムとは

楽天銀行には「ハッピープログラム」と呼ばれる優待ステージがあります。
このステージによってさまざまな優待を受けることが可能となっているのです。
ステージの名称と条件は以下の通りです。

ステージ条件(預金残高もしくは取引件数)
ベーシック条件なし
アドバンスト預金10万円以上または5件以上
プレミアム預金50万円以上または10件以上
VIP預金100万円以上または20件以上
スーパーVIP預金300万円以上または30件以上

これらのステージによっては毎月楽天カードからの引き落としがあると3~9ポイントが付与されることになります。
スーパーVIPステージであれば年間108ポイントが付与されるということです。

また、このハッピープログラムはATM手数料にも関係してきます。
楽天銀行は実店舗がないためATMでの利用となりますが、楽天銀行の口座を開設してから半年間は毎月5回まで手数料無料となる特典があるのです。
そしてこれはハッピープログラムの特典でさらに回数が増えるようになっています。

ステージATM手数料無料回数他行振込手数料楽天ポイントの倍率
ベーシック1倍
アドバンスト月間1回月間1回1倍
プレミアム月間2回月間2回2倍
VIP月間5回月間3回3倍
スーパーVIP月間7回月間3回3倍

楽天銀行のメリットとデメリット

楽天銀行のメリット・デメリットについて改めて確認しておきましょう。

楽天銀行のメリットは楽天カードとの連携

最も大きなメリットは楽天カードとの連携です。
楽天銀行では楽天カード会員限定で、引き落とし口座を楽天銀行にすることで普通預金の金利が0.04%にまでアップします。
一般的な銀行の金利を考えるとかなり大きいと言えます。

また、すでに引き落とし口座は別の銀行で設定しているという方は、公式サイトからエントリーして楽天銀行口座に変更するだけで楽天スーパーポイントが200ポイントももらえるのでおすすめです。

楽天銀行では、利用するだけでも楽天スーパーポイントが貯まりますが、楽天銀行でのステージが上がっていくことでさらに多くのポイントを得ることができるようになっていきます。
楽天カードと合わせて使うことでよりメリットが生まれるのです。

楽天銀行の口座管理はオンラインで簡単にできますので、手間もかかりません。

①「楽天e-NAVI」にログインして「お客様情報の照会・変更」から「お支払い口座の照会・変更」を選ぶ
②金融機関を選ぶ画面になるので「楽天銀行」を選ぶ
③楽天銀行の「ユーザーID」と「ログインパスワード」を入力してログイン
④支払先口座名が「楽天カードサービス」となるので暗証番号を入力して「実行」ボタンを押せば完了

「楽天e-NAVI」の「口座情報機関」が「楽天銀行」となっていれば登録が完全に完了です。
5分もかからずに登録でき、次回の支払い分の引き落としからこちらに変更されることになります。

楽天銀行のデメリットは実店舗がないこと

楽天銀行には大きなデメリットはありませんが、あるとすれば実店舗をもたないということが挙げられます。
そのため実際の店舗で現金の引き出しなどができず、コンビニのATMや他行のATMを利用することになります。手数料が100~200円前後発生していきますので、それがデメリットと言えるかもしれません。
しかし、口座開設後3ヶ月目までは毎月5回まで、あとはハッピープログラムでのステージによって毎月手数料無料になることがありますので、頻繁にお金を引き出したりしない限り、それほど影響を受けないでしょう。

楽天銀行の口座開設方法

楽天銀行はネット銀行ですので実店舗を訪れる必要はなく、オンラインで口座開設の申し込みが可能となっています。
その手続きも非常に簡単で、3~5分程度でできるようになっています。
申込が完了すると登録番号、アクセスキーが登録したメールアドレスに届きます。
これらを使えば申し込み内容を後で修正することが可能となっています。
口座申込時には「キャッシュカード」「デビットカード」「クレジットカード機能がついた楽天カード」の中からカードを選ぶことができます。
口座開設時には本人確認書類が必要です。
運転免許など本人と確認できる書類を用意しなければいけません。
提出は書類を郵送するか、楽天銀行アプリを利用してデータで提出することになります。
本人確認書類を提出したら「Thankyouレター初期設定ガイド」が届きますので、それに沿って初期設定をしていけば口座が開設されることになります。

楽天カードの引き落とし口座として楽天銀行を登録しよう

楽天カードはポイントが貯まりやすいカードとして大人気のカードですが、楽天銀行を支払い口座に指定することでさらに多くのポイントを得ることができるようになります。
楽天カードを利用している人はぜひ楽天銀行を使ってより多くのポイントを得ていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。