楽天カード

楽天カードで公共料金の支払いをしよう!メリットと手続き方法

さまざまな場面にて活用をすることのできる楽天カードですが、実は公共料金の支払いに活用することができるという事をご存知でしたでしょうか。ここでは、そんな楽天カードでの公共料金の支払いについて紹介していきます。

楽天カードについて詳しくはこちら

楽天カードとは?

楽天カードとは、楽天グループが経営を行っているクレジットカードです。年会費は永年無料です。18歳以上の安定した収入のある方が持つことのできるクレジットカードであり、還元率は1%となっています。さらにポイントについては、SPUで2倍になることから、楽天カードではポイントをしっかりと貯めることができるということや、数多くの付帯機能・サービス・保険など、嬉しいことが満載のクレジットカードとなっています。

楽天カードのメリット


楽天カードにはメリットがたくさん存在します。ここではそのメリットについて詳しく説明していきます。

安心安全のセキュリティ対策

楽天カードは、トラブルを未然に防ぐためにさまざまなセキュリティ対策が備わっています。

・本人認証サービス
・第2パスワードの設定
・ICチップ搭載による偽造防止
・カード利用お知らせメール
・不正検知システム
・楽天カードアプリの指紋認証ログインなど

これらのサービスで安心・安全に楽天カードを使って買い物をすることができます。

ポイントが貯まりやすい


楽天カードのポイント還元率は1%で、100円につき1ポイント貯まります。カード決済でポイントが貯まるので、日常生活のちょっとした買い物でも楽天スーパーポイントを貯めることができます。

豊富なカードデザイン

楽天カードには通常のシルバーのデザインやディズニーデザインをはじめとして種類豊富なカードデザインを選ぶことができます。

お得な新規入会特典

新規入会特典は楽天カードの魅力のひとつです。こちらは常に開催されていて、時期によってもらえるポイント数が異なるため、ポイント数がアップしているタイミングを狙って入会するのがおすすめです。

キャッシュレスで簡単便利


楽天カードは、キャッシュレス決済に優れたクレジットカードです。キャッシュレスはその名の通り現金を持ち歩かず買い物をすることができます。また、支払いもスムーズに行えるので急いでいるときもスピーディーに買い物を済ませることができます。
楽天カードでは以下のキャッシュレスサービスを利用することができます。

・クレジットカード(後払い式)
・楽天Edy
・楽天ペイ

年会費永年無料

楽天カードは年会費が永年無料なのが特徴です。

海外でも安心

海外旅行や出張に行かれる場合は、楽天カードを持っておくのがおすすめです。条件を満たせば、海外旅行傷害保険を付帯させることができます。

楽天カードで公共料金の支払いがおすすめ!


楽天カードは、さまざまな店舗にて使用することができる他、支払いにも対応をしています。その中でも、公共料金の支払いには特に楽天カードがおすすめなのでぜひ活用してください。ここでは楽天カードで公共料金を支払うメリットについて紹介していきます。

100円につき1ポイント貯まる

公共料金にはさまざまな種類があり、全部をまとめて払うとなれば何万円もかかってしまいがちです。その金額を毎月普通に口座から引き落としていたり、コンビニなどで支払っている場合には、お金だけが出ていき、入ってくるものは何もありません。しかしながら、楽天カードにてこれらの公共料金を支払うと、支払ったお金の1%がポイントになって帰ってくるので大変お得なのです。

一括管理

全ての公共料金をまとめて払うことになりますので、いちいちそれぞれの支払いに行ったりしなければならないなどといった、面倒なお金の管理や二度手間などをしなくて良くなるのです。時間に余裕を持つことができます。

払い忘れ防止

公共料金の支払いをコンビニなどにて毎月自分自身で支払っている方の場合、「気づいたら支払い期限が過ぎてしまっていた」というようなことになりかねません。そんなうっかりとした払い忘れをなくすことができるのも公共料金を楽天カードにて支払うメリットのうちのひとつです。

楽天カードで支払える公共料金の種類


では、そんなメリットの多い楽天カードでの公共料金の支払いですが、どのような種類があるのか気になると思います。

携帯電話料金

携帯電話料金の支払いに関しては、次の各社が対応をしています。NTT docomoに関しては、Webからのクレジットカードでの支払いのお申し込みを2019年10月22日〜一時的に停止していますので注意が必要です。

・楽天モバイル
・NTT docomo(一時停止中)
・au
・ソフトバンク
・Y!mobile

電気料金

電気料金の支払いは、次の各社が対応をしています。
会社によって申し込み方法が異なるので参考にしてみてください。

楽天e-NAVIで申し込める電力会社

・東京電力
・北陸電力
・四国電力
・九州電力
・沖縄電力

各社のサイトで申し込める電力会社

・北電
・東北電力
・中部電力
・関西電力
・中国電力
・坊ちゃん電力
・HTBエナジー
・ミツウロコでんき
・スマ電

ガス料金

ガス料金の支払いは、次の各社が対応をしています。

・東京ガス
・大阪ガス
・東邦ガス
・西部ガス
・北ガス
・広島ガス
・岡山ガス
・カメイ株式会社
・北陸ガス
・堀川産業
・TOKAI
・大津市企業局

それぞれ各社サイトから申し込みできます。

水道料金

水道料金の支払いは、次の各社が対応をしています。

・東京都水道局
・京都市上下水道局
・神戸水道局
・大津市企業局
・福岡市水道局

それぞれ各社サイトから申し込みできます。

その他公共料金

その他公共料金の支払いは、次の各社が対応をしています。

・WOWOW
・スカパー
・j:com
・iTSCOM
・ベイコム
・ケーブルメディア四国
・日本年金機構
・Value-domain
・MuuMuuDomain
・LOLIPOP
・朝日新聞
・毎日新聞
・NIKKEI

それぞれ各社サイトから申し込みできます。

楽天カードで公共料金を支払うとどれくらいお得?


楽天カードにて公共料金を支払った場合、支払う金額がお得になることはありませんが、ポイントを得ることができるということから、ポイント分がお得になるのです。では、どのくらいお得になるのか実際にシュミレーションをしてみましょう。

しっかり公共料金を使う場合

支払い金額ポイント
携帯料金10,000円100ポイント
電気料金9,000円90ポイント
ガス料金5,000円50ポイント
その他公共料金10,000円100ポイント
合計(月)34,000円340ポイント
合計(年間)408,000円4,080ポイント

合計すると年間で4,080ポイントもポイントを貯めることができます。

あまり公共料金を使わない場合

支払い金額ポイント
携帯料金2,000円20ポイント
電気料金5,000円50ポイント
ガス料金3,000円30ポイント
その他公共料金4,000円40ポイント
合計(月)14,000円140ポイント
合計(年間)168,000円1,680ポイント

合計すると年間で1,680ポイントもポイントを貯めることができます。

いかがでしょうか。しっかりと公共料金を使う方はもちろんのこと、あまり公共料金を使わないという方でも、1年間のトータルにて貯めることのできるポイントをみると、かなりの額のポイントを貯めることができるということから、かなりお得になります。

楽天カードで公共料金の支払いをする際の注意点

楽天カードで公共料金の支払いをする場合に注意しておきたいことを紹介します。

・引き落とし日が楽天カードの支払日と同じであることから、お金が一気に引き落とされる。
・楽天カードで公共料金を支払う場合には、ポイントの二重取りができない。
・楽天カードで公共料金を滞納してしまうと信用情報に傷つく。
・公共料金の利用明細は楽天e-NAVIのみでしか確認することができない。

楽天カードで公共料金を支払うための設定方法


申し込み方法については、各社サイトから申し込みをすることができるものや、楽天e-NAVIからできるもの、それぞれによって異なってきます。
どちらの方法で申し込みをするのかについては、先程の楽天カードで支払える公共料金の種類にて記載をしていますので、そちらをご覧下さい。
その後の手続き方法は、各社さまざまです。詳しい情報は各社の公式サイトで確認してみてください。

楽天カードで公共料金を支払って効率よくポイントを貯めよう!


公共料金ですが、普通に支払っていても特典はありませんが、楽天カードで支払うことによって、ポイントで何円分か返ってくるので大変お得で嬉しいものです。ぜひとも、公共料金の支払いには楽天カードを活用してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。