楽天カード

楽天ゴールドカードの審査について徹底解説!切り替えや発行状況の確認方法も紹介

日本を代表する巨大企業体と言っても過言でない楽天グループが発行し、高還元率でポイント還元を得られることで人気の高い楽天カードのハイステータスカードである楽天ゴールドカードの審査について紹介します。

楽天ゴールドカードについて詳しくはこちら

楽天ゴールドカードとは?

高い還元率でポイント還元を受けられるクレジットカードが年会費無料で利用できる人気の楽天カードのハイステータスカードとして高く評価されるのが楽天ゴールドカードです。

ハイステータスカードとしては破格の2,200円(税込)の年会費で利用でき、リーズナブルな年会費でありながら非常に多くの特典が用意されていることからコスパの高いハイステータスカードとして楽天ゴールドカードを選ぶ利用者が年々増加しています。

国内空港や一部の海外空港のラウンジを年間2回まで無料利用できる特典は非常に人気が高く、ラウンジ利用のために無料の一般カードから楽天ゴールドカードへ切り替える利用者も少なくないことからも楽天ゴールドカードのコスパの高さが伺えます。

楽天ゴールドカードの申し込み資格や審査基準は?


一般的にゴールドカードは一般カードと比べると会員資格のハードルが高く作ることが難しい傾向にあるのも事実で、ゴールドカードは会員資格のハードルの高さからハイステータスカードと呼ばれています。

リーズナブルな年会費が魅力で最初のハイステータスカードに楽天ゴールドカードが選ばれる傾向にありますが、年会費はリーズナブルでもハイステータスカードであることから、楽天ゴールドカードの審査基準は厳しいのではないか気になるところです。

楽天ゴールドカードの申し込みを行っても会員資格に届かない場合は審査落ちしてしまいカードを作ることができないため、審査落ちせず楽天ゴールドカードを作るためには申し込み資格や審査通過の難易度、審査基準などを掴んで申し込みするのが効果的です。

申し込み資格

楽天ゴールドカードの申し込み資格の条件は「20歳以上で安定収入があること」に限定されていて年収や勤務先、勤続年数などの本人属性が厳しく求められません。

そのため、20歳以上で安定収入があればアルバイトや派遣でも申し込み条件を満たすことができます。

申し込み資格のハードルを下げることでより多くの利用者が楽天ゴールドカードを作ることができるようになっていることで、楽天ゴールドカードはカジュアルなハイステータスカードに位置付けられていると言えます。

楽天カードと比較すると楽天ゴールドカードの審査は厳しく行われるため、会員資格に届かない場合は審査落ちしてしまうのも事実です。

しかし申し込み資格が「20歳以上で安定収入があること」に限定されていることからも、楽天ゴールドカードは審査通過のハードルが低く抑えられたカジュアルなハイステータスカードであるため、審査通過の難易度は高くないです。

審査基準

楽天ゴールドカードは年会費がリーズナブルなことばかりではなく他のハイステータスカードと比べると申し込み時の審査の基準が緩く審査落ちのリスクが低いと言われています。

正確な審査基準は公表されていませんがインターネット上で審査に通過し楽天ゴールドカードを作ることができたケースと審査に落ちたケースを比較すると年収が200万円に届かない場合は審査落ちする可能性が高くなることが確認できます。

また申し込み条件で本人属性が厳しく求められないことからも、一般的にハイステータスカードの審査で厳しく求めれる職業や勤続年数に対するハードルが低く設定されていると言えるでしょう。

このことからも楽天ゴールドカードは比較的簡単に作ることができる、カジュアルなハイステータスカードなのです。

楽天ゴールドカードの審査の所要時間


ゴールドカードを作る際には非常に厳格な審査が行われますのでゴールドカードを作るのには申し込みから7~10日間の時間が必要となりますが、楽天ゴールドカードは通常申し込み当日又は翌日には審査結果が伝えられます。

楽天カードの審査内容は公表されていませんが、申し込み者の年齢や年収、クレジットヒストリーなどを採点し、審査通過ライン以上の申し込み者に対してカードを発行するクレジットスコアリングと呼ばれる方法が採用されていると言われています。

クレジットスコアリングの点数に大きな問題がない場合はスピード審査で審査通過できますが、審査期間が長引いている場合は審査が難航していると考えられます。

楽天のクレジットカード新規会員キャンペーン期間中に申し込みが殺到するため、4~7日間の審査期間が必要となる場合もあります。

楽天カードから楽天ゴールドカードへの切り替えの場合は基本的な審査が終わっているため、楽天内のクレジットヒストリーの確認だけで数分間で審査が完了するケースも珍しくありません。

審査状況の確認方法

クレジットカードを作る際には審査の状況が気になるものですが、楽天ゴールドカードの審査状況は専用Webページ内に次の3つの情報を入力することで発行状況を確認することができます。

  • 申し込み受付の際に配信されるメールに記載された「カード申し込み受付ID」
  • 登録した申し込み者の「西暦の生年月日」
  • 登録した電話番号の下4桁
  • 楽天ゴールドカードの審査の注意点

    楽天ゴールドカードは他のゴールドカードと比較すると簡単に作ることができるカジュアルなハイステータスカードだと言えますが、審査落ちしないためには次の点に注して申し込み手続きを行う必要があります。

    申し込み資格を満たしていること

    申し込み資格に届かない場合は審査落ちするため楽天ゴールドカードを作ることができません。

    申し込みフォームの記載内容に虚偽や誤りがある

    申し込みフォームに虚偽の内容を記載すると審査落ちしますし、記載内容に誤りがある場合も審査通過が非常に困難となり楽天ゴールドカードを作ることができません。

    短期間で複数のカード申し込みを行わない

    新規カード申し込み状況は信用調査機関で共有されるため短期間で複数のカード申し込みを行うと信用情報が低下するため審査を通過できず楽天ゴールドカードを作ることができません。

    信用情報に事故情報が記録されている

    クレジットヒストリーと呼ばれる信用情報は支払いの延滞や滞納が全て記録されているため、金融事故の情報が記録されている場合は審査を通過できず楽天ゴールドカードを作ることができません。

    クレジットヒストリーが存在しない

    金融取引記録が存在しないスーパーホワイトと呼ばれる申し込み者は審査の参考となる信用情報が存在しないため審査を通過できず楽天ゴールドカードを作ることができないケースがあります。

    楽天ゴールドカードへ切り替えに審査は必要?


    すでに楽天の一般カードを保有している場合、切り替え手続きを行なうことで楽天ゴールドカードを作ることができますが、既述のとおり切り替えの際にも楽天内でクレジットヒストリーの確認が行われます。

    新規で楽天ゴールドカードの申し込みを行うよりもさらに審査のハードルが下がると言えますが、クレヒスに問題がある場合は楽天ゴールドカードの審査基準に届かず切り替えができないケースもあるのでカードの使用状況には気を付ける必要があります。

    楽天ゴールドカードの審査基準を理解して申し込もう!


    カジュアルなハイステータスカードと言える楽天ゴールドカードは、最初のハイステータスカードとしてだけではなくメインカードとして使用するのにも十分なスペックを備えた作るべきカードの1枚で、確実に手に入れておきたいカードだと言えるでしょう。

    最新情報をチェックしよう!
    この記事を書いた人
    お得なクーポンやキャンペーン情報から話題のキャッシュレス、スマホ決済、仮想通貨、信用スコアなど新時代の金融・投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信しています!

    - BITDAYS編集部 の最近の投稿

    >BITDAYS VIDEO
    CTR IMG

    BITDAYS VIDEO

    BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。