QUICPay(クイックペイ)を使うならリクルートカードが断然おすすめ!ポイントがザクザク貯まる!?

楽天Edy(エディ)、LINEPay(ラインペイ)、paypay(ペイペイ)、QUICPay(クイックペイ)、etc。いろんなキャッシュレス支払いが席巻している時代になりました。この中で使い勝手が良いと評判なのがQUICPay(クイックペイ)です。クイックペイを利用するなら、還元率が高い&年会費永年無料のリクルートカードJCBを使いましょう。面白いようにポイントがザクザク貯まりますよ。

電子マネーQUICPay(クイックペイ)でポイントを貯めよう!


クイックペイの後払い方式はクレジットカード引き落としになるので、クレジットカードの契約が必要です。その際は、リクルートカードJCBがおすすめ!クイックペイ関連でポイントが貯まるだけではなく、nanaco(ナナコ)やICOCA(イコカ)といった電子マネーにチャージするだけでもポイントを獲得できます。

ところでQUICPay(クイックペイ)とは?

クイックペイは、いわゆる電子マネーのことです。一般的な電子マネーは、先にチャージしないと買い物に使うことができませんが、クイックペイは後払い方式なので、チャージ不要で買い物に使うことができます。とても便利なのですが、便利すぎて買い物しすぎると「こんなに請求が!」と困ってしまいますので買い物のしすぎにはご注意ください。

QUICPay(クイックペイ)にはさまざまな形態がある

クイックペイは

  • コイン型
  • キーホルダー型
  • クレジットカード一体型
  • モバイル型

など、さまざまな形態があります。使い勝手の良さそうなものを選んで構いませんが、ポイントをザクザク貯めるなら、クレジットカード一体型がおすすめで、特に、リクルートカードJCBが便利です。

QUICPay(クイックペイ)は簡単な精算が魅力

クイックペイを使った精算方法は、レジのリーダーにかざすだけ。クレジットカードを店員に渡したり、サインを書いたりする必要はないので、とても簡単です。一度覚えるとクセになりますよ。

QUICPay(nanaco)なら最大2.2%の還元率に!


一般的な電子マネーは、チャージしたときにポイントがもらえます。また、利用したときにもポイントがもらえるため「ポイントの2重取り」ができるます。ところがクイックペイはチャージ不要の電子マネーですので、2重取りはできません。

QUICPay(クイックペイ)でも2重取りできる方法はある

「2重取りできないなら魅力的じゃないな」と思った方もいるかもしれませんが、クイックペイでもポイントを2重取りできる方法があります。それは、リクルートカードJCBのクイックペイ(nanaco)を使う方法です。

nanacoカードにQUICPay(クイックペイ)の機能を搭載

クイックペイ(nanaco)は、セブンイレブンでおなじみのnanacoカードにクイックペイの機能を搭載したクレジットカードです。このカードで支払いをすると、nanacoから支払いされるのではなく、紐付けされたリクルートカードJCBからの支払いになります。

QUICPay(nanaco)でチャージする

クイックペイ(nanaco)は、nanacoカードとしても使えるカードです。nanacoカードとして使う場合は、あらかじめチャージしておく必要があります。チャージする際は、リクルートカードJCBのクイックペイ(nanaco)でチャージしましょう。
そうすると、nanacoにチャージした代金の1.2%が還元されます。nanaco支払いに対応している店舗では、クイックペイ(nanaco)搭載のnanacoで支払いしましょう。そうすると、最大で2.2%のポイントが還元されるのです。

nanaco支払いできない店舗では、nanaco搭載のクイックペイ機能で支払いましょう。この場合は、1.2%が還元されます。

クイックペイ(nanaco)が1枚あれば、クイックペイとnanacoカードを2枚持ち歩く必要がなくなるのです。

QUICPay(クイックペイ)で支払いできるお店は多い

クイックペイ(nanaco)でポイントが貯まりやすいのは分かってもらえたかと思います。ここで問題となるのが、「クイックペイ支払いできる店舗は多いのか?」ということです。使える店舗が少なかったら、ポイントが貯まるチャンスが減ってしまいますから心配になりますよね。ご安心してください!クイックペイ支払いができる店舗は、たくさんあります。
特に多いのが、コンビニです。
nanaco支払いできるコンビニとクイックペイ支払いできるコンビニをまとめてみました。

nanaco支払いができるコンビニ

セブンイレブン

クイックペイ支払いができるコンビニ

ローソン
セブンイレブン
ファミリーマート
ミニストップ
デイリーヤマザキ
サークルK
サンクス
スリーエイト
ポプラ
etc

双方を比べると、雲泥の差がありますね。コンビニはほぼ毎日お金を使う場所ですから、クイックペイで積極的にポイントを貯めてください。コンビニ以外にもクイックペイ支払いができる場所は多くありますので、ポイントを貯めれる機会は多岐にわたります。
よく行く場所がクイックペイ支払いできるか、確認しておくとよいでしょう。

nanaco(ナナコ)モバイルでQUICPay(クイックペイ)は使えない

nanacoカードは、発行するのに300円かかりますが、nanacoモバイルは無料で利用できるのが魅力的です。そのため、nanacoモバイルを好んで使っているnanacoユーザーも多いと思います。
しかし、クイックペイはnanacoモバイルで使うことはできません。nanacoとクイックペイを使いたいモバイルユーザーは、カード発行を検討しておいてください。

nanaco(ナナコ)カードを無料で作るテクニック

nanacoカードの発行は300円ですので決して高い出費ではありませんが、無料で作れるに越したことはないですよね。無料で作るテクニックがあるので、お教えいたしましょう!イトーヨーカドーで開催されている「毎月8のつく日にハッピーバースデー」というイベントを使う方法です。この日なら、300円を免除してnanacoカードを作ることができます。
しかし、「nanacoカードに1000円以上チャージする」という条件付きです。イトーヨーカドーで直接手続きしなければならないので、近所にイトーヨーカドーがない方はちょっと面倒かもしれません。ご留意ください。

QUICPay(nanaco)でポイントをザクザク貯めよう


今回のトピックはいかがでしたでしょうか?他社のクレジットカードでカードポイントがなかなか貯まらなかった方々は、クイックペイ(nanaco)を利用してザクザクポイントを貯めましょう!

今まで電子マネーにチャージするのが手間がかかると感じていた方も、この機会にクイックペイ(nanaco)にスイッチしてみてはいかがでしょうか?


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

この記事に関連するタグ

BD編集部
フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信