三井住友カードのメリット、年会費、保険、ポイント還元率は?

三井住友カードは、クレジットカードやデビットカード、ローン専用カードなどさまざまな種類のカードを提供しているクレジットカードです。
この記事では、魅力がたくさんある三井住友カードの特徴について徹底解説していきます。
三井住友カードを申し込もうか迷っている方や、すでに三井住友カードを持っている方も参考にしてみてください。

目次

三井住友カードの基本情報

発行会社三井住友カード株式会社
年会費インターネット入会で初年度は無料
通常は1,250円+税
国際ブランドVISA、Mastercard
ポイント還元率0.50%~2.50%
ポイントの種類ワールドプレゼントポイント
申し込み資格満18歳以上(未成年は親権者の同意が必要)
発行スピード最短翌営業日
ショッピング利用可能枠10万円~80万円(学生は10万円~30万円)
キャッシング利用可能枠5万円~300万円
分割払い金利12.00%~14.75%
リボ払い金利15%
キャッシング金利5万円~90万円:18.0%
100万円~300万円:15%
支払い方法1回払い
2回払い
ボーナス一括払い
リボ払い
分割払い
締め日・支払日毎月15日締め 翌月10日支払い
または
毎月末日締め 翌月26日支払い
ETCカード年会費は税抜500円(ただし前年度に1回でも利用すれば無料)
発行手数料は無料(本カード1枚につき1枚のみ発行)
家族カード年会費は1人目は初年度無料
前年の買い物回数が3回以上なら無料
申し込み対象は生計を共にする配偶者・満18歳以上の子ども・両親
電子マネーiD、ApplePay、PiTaPa、WAON
スマホ決済三井住友カードiDに連携可能

三井住友カードおすすめポイント

  • インターネットからの申し込みで初年度年会費無料
  • セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンではポイント5倍
  • 支払い合計金額に応じてボーナスポイントがもらえる
  • 三井住友カードの特徴・メリット

    三井住友VISAカードは、国内大手のカード会社という安心感があるのが特徴です。ポイント還元率は高くはありませんが、問い合わせ対応や保障の充実など安心して使えるのがメリットです。

    キャッシングはリボ払いのみとなるので、毎月の支払い負担を減らしたい人にはメリットと言えるでしょう。ただし一時的な借り入れに使いたいという人には向きません。ショッピングはリボ払いのほかに分割払いも選べるので、金利負担を減らしたい人にはメリットと言えます。

    大手ならではの安心感

    三井住友VISAカードは発行会社が大手なので、安心感があります。問い合わせの対応や万が一の時の保障が充実していることなど、カードを使用するうえで基本となることがしっかりしている点がメリットと言えるでしょう。

    ポイントUPモールでお得に

    三井住友VISAカードのポイント還元率は決して高くありませんが、「ポイントUPモール」を利用できるのはメリットです。

    このサービスを経由してネットショッピングをすれば、ポイントが2倍(還元率1.0%)以上になります。

    充実のセキュリティ

    クレジットカードのリスクに不正利用がありますが、三井住友VISAカードは大手ながらのセキュリティがあるので安心です。

    スマホ専用アプリでは「ワンタイムパスワード」を発行するなど、安心して利用できるのがメリットと言えます。

    不正利用も補償

    万が一不正利用された時も、三井住友VISAカードならカードの利用可能枠内で補償を受けられます。損害を受けてから60日前まではさかのぼって補償されるのは大きなメリットと言えるでしょう。

    三井住友VISAカードの付帯保険

    三井住友VISAカードに付帯する保険の内容です。

    海外旅行保険死亡後遺障害最高2,000万円
    傷病治療費用50万円
    疾病治療費用50万円
    賠償責任2,000万円
    携行品損害15万円
    救援者費用100万円
    お買物安心保険補償限度額100万円

    三井住友VISAカードの付帯サービス

    三井住友VISAカードで保険以外に提供している付帯サービスを紹介します。

    トラベルサービス

    国内宿泊予約・国内ツアー予約・海外宿泊や航空券予約・海外ツアー予約・空港ラウンジサービス・海外レンタカーといったサービスを受けられます。

    チケット&エンターテインメントサービス

    演劇・コンサートなどのチケットを販売しています。

    グルメ&ショッピングサービス

    グルメやショッピングでのカード利用でポイントアップやキャッシュバックといったお得なサービスを提供しています。

    ライフサービス

    ライフサポートや交通サービス、医療・資産運用の情報提供サービスです。

    三井住友VISAカードの口コミ・評価


    三井住友VISAカードの口コミや評価を抜粋しました。

    セキュリティやサポート体制がばっちり!

    セキュリティと保障がしっかりしているので安心できました。また、問い合わせは混み合いますが対応は丁寧できちんとしているので信頼できました。
    (40代女性)

    海外保険として利用してます。

    仕事の関係でよく海外に行くので、海外旅行保険の代わりとして三井住友カードに申し込みました。また、海外でカードを紛失したときの対応もとても柔軟で安心して乗り越えることができました。
    (30代男性)

    どこでも使えるのが便利!

    カードのデザインも落ち着いていて、40代の私が持っていても浮くことはありません。海外に行ったとき、いつも持っている他社のJCBブランドのクレジットカードが使えなかったときにこちらのカードも持ち歩いていたため支払いに困らず助かりました。
    (40代男性)

    銀行系列だから安心!

    学生時代から長年愛用し続けています。キャッシュカードとクレジットカードが一体型になっていることがとても助かります。また三井住友銀行という名前もあり、信用できる安心のカードです。
    (30代女性)

    お会計時も恥ずかしくない!

    三井住友カードは知名度から言っても、銀行系のカードで会計時に出して恥ずかしくないカードです。
    (30代男性)

    三井住友カードの入会特典

    2019年9月2日から12月27日のキャンペーン期間中に以下の条件を満たすと利用金額の20%(最大12,000円)がプレゼントされます。

    1. キャンペーン期間中に、新規にクレジットカードに入会
    2. カードご入会月の2ヵ月後末までに、Vpassアプリへログイン
    3. カードご入会月の2ヵ月後末までに、クレジットカードまたはiDで買物利用

    三井住友カードのキャンペーン

    買物利用が抽選で合計10万本、全額タダ!

    2019年9月2日から12月29日の期間中、対象となるカードでの買い物利用が合計10万本、全額タダ(上限10万円まで)になるキャンペーンです。エントリーは不要ですが、Vpassの登録とアプリへのログインが必要です。

    iDの新規設定で2,000円分の支払いがタダ!

    2019年10月1日から2020年2月29日の期間中、三井住友カードに入会、Apple PayまたはGoogle PayのiDを新規登録すると2,000円分の支払いがタダになるキャンペーンを実施中です。

    ローソンで買物をすると、ワールドプレゼントポイントが合計7倍に!

    2019年11月1日から12月29日の期間中、対象のご利用金額合計1,000円(税込)ごとに、ワールドプレゼントのポイントを合計7倍(最大3.5%相当)プレゼントします。

    「マイ・ペイすリボ」の登録&利用で2,000円プレゼント

    「マイ・ペイすリボ」に登録し5万円(税込)以上の買い物利用で2,000円プレゼントキャンペーンを行っています。期間はは2019年7月1日から12月25日です。

    三井住友VISAカードの作り方・申し込み方法

    三井住友VISAカードの作り方を説明します。

    申し込み時に必要なもの

    三井住友VISAカードを申し込む前に、必要書類を用意しましょう。以下の書類を準備しておきます。

    • 代金引き落としの銀行口座
    • 本人確認書類(運転免許証や保険証など)
    • メールアドレス
    • 電話番号(自宅または携帯)

    申し込み手順

    三井住友VISAカードの申し込み手順です。インターネット上での申し込みに対応する「らくらく発行」で申し込みができます。ネットからの申し込みが終われば、入会審査を行い、無事に審査が通ればカード発行となります。この間は最短で3営業日、簡易書留でカードが手元に届くのは申し込んでから1週間後ほどです。

    関連記事

    数あるクレジットカードの中でも、圧倒的なポイント還元率を誇るリクルートカード。付帯保険から電子マネーの利用までトータルバランスに優れたクレジットカードと言えます。しかし、クレジットカードを持っていない方にとって重要なのは作成しやすいかど[…]

    三井住友VISAカードはこんな人におすすめ

    三井住友VISAカードは、とにかく安心して使いたいという人におすすめです。
    ポイントを少しでも多く貯めたいという人には向きませんが、その代わりにセキュリティ面やサポート面で安心感が得られます。
    もちろん利用方法によってはお得にポイントを貯めることもできますし、クレジットカードを始めて使うという方の入門用として最適ではないでしょうか。

    関連記事

    リクルートカードにはMasterCard(マスターカード)、VISA、JCBの3種類のカードブランドがあります。カードブランドが3種類もあると、使える店舗にどのような違いがあったり、発行手数料や電子マネーが利用できる金額などの違いについて[…]

    三井住友カードの締め日・引き落とし日はいつ?


    三井住友カードには、一回払やリボ払いなどさまざまな支払い方法があります。その支払い方法を計画的に利用していくためにも締め日・引き落とし日など支払いサイクルのスケジュールを把握していることが重要です。スケジュールを把握しないままクレジットカードを利用すると、利用請求額の支払いの遅延や滞納に繋がります。また、三井住友カードは支払日の変更や、事前振込をすることが可能です。そんな機能たちを上手く利用していきながら計画的に三井住友カードを利用していきましょう。
    三井住友カードは、支払い日が以下の2種類によって締め日が異なります。

    ・10日
    ・26日

    支払日が10日の場合

    締め日当月15日
    利用料金確定日当月25日
    支払い(引き落とし)日翌月10日

    支払日が26日の場合

    締め日月末
    利用料金確定日翌月10日
    支払い(引き落とし)日翌月26日
    関連記事

    三井住友カードは一回払やリボ払いなどさまざまな支払い方法ができる非常に便利なカードです。ですが、締日や引き落とし日についてしっかり把握しておくことも重要です。締め日・引き落とし日を理解した上で使うようにすると支払いに失敗する・遅延したとい[…]

    三井住友カード三井住友カードの明細確認方法


    ここでは三井住友カードで利用明細を確認したいときの確認方法を紹介します。
    現在三井住友カードは明細の確認方法が以下の2種類から選ぶことができます。

    ・WEB明細
    ・紙明細

    WEB明細

    WEB明細は、三井住友カードの会員サービスであるVpassに登録していればリアルタイムでスマホやパソコンで利用明細を確認することができます。また、紙に残らないので処分する際などに個人情報流出のリスクも低くなります。また、WEB明細サービスを利用することでカードの種類によって異なりますが年会費が最大1,000円(税抜)割引されます。

    紙明細

    紙明細は、処分や保管場所に困ります。また2020年9月26日以降に有料化される予定なので現在紙で明細を確認している場合は早いうちにWEB明細に切り替えるのがおすすめです。

    関連記事

    三井住友銀行を使っていて、今すぐ利用明細を確認したいということはありませんか?通常ならばクレジットカード明細は、毎月郵送されてくるご利用明細を確認しなければなりませんが、三井住友カードはいつでもその場で確認確認できるWEB明細が用意されて[…]

    三井住友カードVpass(ブイパス)とは?


    三井住友カードには先ほど紹介した、WEBで明細を確認するサービスをはじめとする三井住友カード会員向けのサービスが用意されています。
    Vpassでは以下のサービスを利用することができます。

    ・WEB明細サービス
    ・カードの利用状況確認
    ・ポイント交換など

    スマホアプリも配信されていて、そのアプリの使いやすさも魅力のひとつです。

    関連記事

    三井住友カードには、インターネットを使って明細書の確認などができるVpassが提供されています。このVpassは非常に便利なものであり、三井住友カード会員ならぜひ使いこなしたいサービスの一つです。今回はVpassとはいったいどのようなサービ[…]

    三井住友銀行カードローンとは?


    三井住友カードにはたくさんの種類のカードがありますがその中にはカードローン専用のカードが存在します。さらに、三井住友カードのキャッシュカードと一体型のカードローンはWEBで手続きを済ませればカードローンを利用することが可能です。

    関連記事

    三井住友カードはさまざまなカードを提供していますが、その中にカードローン専用のカードが提供されています。このカードローン専用のカードの返済額や金利について詳しく知っているでしょうか?返済額や金利については知っておかないと後々トラブルにな[…]

    三井住友VISAカードのポイントのお得な貯め方・使い方

    三井住友VISAカードのポイントを効率良く貯める方法

    ボーナスポイントや優待店などがあれば、お得にポイントを貯める方法として紹介。

    ポイントUPモールを利用

    ポイントUPモールを経由してネットショッピングをすれば、楽天・Amazon・Yahoo!ショッピングはポイントが2倍に、ショップによっては最大20倍ものポイントが貯まります。

    ココイコ!を利用する

    ココイコ!を利用すれば、エントリーしたお店での会計時にポイントが2倍あるいは3倍になったり、あるいはキャッシュバックを受け取れたりします。

    三井住友VISAカードのポイントの使い方

    三井住友VISAカードで貯めたポイントは、景品との交換や他社のポイントプログラムに移行することで使用します。

    ポイントは1,000円の利用金額に対して1ポイント付与されますが、1ポイントを5円相当の景品などに交換できます。

    三井住友VISAカードのポイントの交換方法

    三井住友VISAカードで貯めたポイントの交換先をご紹介します。

    景品交換

    三井住友カードが用意しているカタログに記載した商品と交換できます。交換レートは1ポイントが5円、交換方法はVpass(三井住友カード会員のインターネットサービス)にログインしてから景品カタログより商品を選ぶ形です。

    マイレージ移行交換

    1ポイントあたりマイレージ3マイルに交換できます。ポイント移行単位は100ポイントです。Vpassにログインして交換できます。

    対応するマイレージは以下のとおりです。

    ・ANAマイレージ
    ・ミッレリアマイレージ
    ・クリスフライヤーマイレージ
    ・フライングブルーマイレージ
    ・イースタンマイルズポイント

     

    キャッシュバック

    ポイントをカード利用代金にキャッシュバックします。1ポイントあたり3円換算で、200ポイント以上1ポイント単位での交換が可能です。Vpassにログインして申し込みます。

    iDバリュー

    1ポイントを5円換算で三井住友カードiDの利用代金にキャッシュバックします。200ポイント以上100ポイント単位で、Vpassへログインして申し込みという形です。

    ポイント移行

    ほかのポイントプログラムに移行します。対応するポイントとレートは以下のとおりです。

    対応するポイントポイントレート
    Pontaポイント1ポイント=4ポイント
    三井住友プリペイド1ポイント=5円にチャージ
    楽天スーパーポイント1ポイント=5ポイント
    Tポイント1ポイント=4ポイント
    ヨドバシカメラゴールドポイント1ポイント=5ポイント
    dポイント1ポイント=5ポイント
    ビックカメラビックポイント1ポイント=5ポイント
    PeXポイント1ポイント=50ポイント
    ビックカメラビックポイント1ポイント=5ポイント
    au WALLETポイント1ポイント=5ポイント
    nanacoポイント1ポイント=4ポイント
    Gポイント1ポイント=5ポイント
    スターバックスカード1ポイント=4円
    楽天Edy1ポイント=4円
    WAONポイント1ポイント=4ポイント
    Joshinポイント1ポイント=5ポイント
    ベルメゾンポイント1ポイント=5ポイント
    ショップdeポイント(PiTaPa)1ポイント=50ポイント
    タリーズカード1ポイント=4円
    カテエネポイント(中部電力)1ポイント=5ポイント
    レミアムポイント(プレミアムバンダイ)1ポイント=4ポイント
    自治体ポイント1ポイント=5ポイント
    カエトクカード(タカシマヤ・阪神百貨店・阪急百貨店)1ポイント=4円
    RealPay1ポイント=50リアル
    JAF次年度会費JAF会員は400ポイント使用
    JAF会員以外は800ポイント使用

     

    関連記事

    三井住友カードは、学生向けカードや女性向けカード、ゴールドカードなど比較的種類が多く、普段の生活でもよく目にするクレジットカードです。また、キャンペーンやポイントを活用することで大変お得になると人気が高まっています。その具体的なポイント制[…]

    三井住友VISAカードのキャッシング方法は?

    急に現金が必要になったときは三井住友カードでキャッシングすることもできます。
    海外のATMにも対応しているので大変便利です。旅行前にキャッシングの方法を確認しておきましょう。

    三井住友VISAカードキャッシングの手順

    三井住友VISAカードのキャッシングは、「キャッシングリボ」というサービスになります。毎月一定額を口座から引き落とす形です。

    キャッシングの手順を説明します。ATMあるいはキャッシュディスペンサーにカードを入れると「引き出し」が選択されます。暗証番号を入力し、「キャッシング(リボ)」を選びます。「キャッシング(一括)」は選べないので注意しましょう。

    あとは借り入れ金額を1万円単位で入れれば、現金とカード、利用明細が出てくるので受け取って完了です。

    三井住友VISAカードキャッシングできる場所

    三井住友VISAカードでキャッシングできるのは、全国の銀行やコンビニのATMか、コンビニあるいは提携会社(ユーシーカード・エポスカード・クレディセゾン)のキャッシュディスペンサーです。

    三井住友VISAカードキャッシングの利息・手数料

    利息は年利18.00%です。手数料はATM、キャッシュディスペンサーの利用時に税抜100円(借り入れ金額10,000円以下)あるいは税抜200円(借り入れ金額10,000円超)がかかります。

    関連記事

    三井住友カードでキャッシングをすることで、ATMやCDからすぐに現金を用意することができます。しかし、すぐにキャッシングをするには事前の申請が必要だったり、メリット・デメリットも存在したりします。そこで三井住友カードを使ったキャッシング[…]

    三井住友VISAカードの紛失・盗難に遭ったら?

    クレジットカードの利用には、万が一の紛失や盗難のリスクが伴います。
    ここからは、三井住友VISAカードを紛失したり盗難にあったりした際の対処方法を説明します。

    三井住友VISAカード緊急連絡先

    カードの紛失や盗難があった時は、早急に使用停止の連絡をしなければなりません。

    三井住友VISAカードの緊急連絡先は、「紛失・盗難受付デスク」になります。年中無休・24時間対応しているので、早急に電話するようにしましょう。

    三井住友VISAカード再発行の手続き

    紛失・盗難による緊急連絡をしたら、カードは使えなくなります。そこで1~2週間後に三井住友VISAカードが再発行されます。その際には手数料が税抜1,000円発生するので注意しましょう。

    海外での紛失・盗難の場合には、暫定的な緊急カードが現地に送付されます。その場合には手数料が税抜10,000円発生し、帰国後に改めて再発行という流れです。

    三井住友VISAカード問い合わせ先

    緊急時以外の三井住友VISAカードに関する電話での問い合わせ先は、その内容によって異なります。

    三井住友カードのサイトから要件内容を選択すると、該当する問い合わせ先が表示されるので、そこに電話するという流れです。

    またインターネットでの問い合わせもできます。問い合わせフォームがあるので、そこに必要事項を入力すれば完了です。

    関連記事

    クレジットカードの利用には、万が一の紛失や盗難のリスクが伴います。しかしその際の対応方法を事前に知っていれば、あわてずに適切な手続きをすることができます。ここでは三井住友カードの紛失時の対応方法を、国内・海外あわせてご紹介していきます。[…]

    三井住友VISAカードの解約方法は?

    残念ながら三井住友カードを解約したいという方もいらっしゃるかもしれません。
    退会する前に確認すべきことが何点がありますので、きちんと理解してから行いましょう。

    三井住友VISAカード解約前に気を付けるべきこと

    三井住友VISAカードを解約すると、貯めていたワールドポイントは失効します。解約前に景品交換するか、ほかのポイントに交換するなど使用しておきましょう。

    ETCカードを作っていたら、こちらも本カードの解約とともに自動的に解約するので注意が必要です。

    利用残高が残っていても解約できます。支払いも、リボ払いなどは同じサイクルで続くので、一括支払いの心配はありません。

    三井住友VISAカード解約の手順

    三井住友VISAカードを解約するためには、電話での手続きが必要です。ネットサービスのVpassサービスからの解約はできません。

    問い合わせ先は「FORYOUデスク」になります。音声ガイダンスの①を選び、続いて②の「カードの解約」を選び手続きに進みます。

    カード番号と暗証番号を入力後、電話番号を入力すれば完了です。後日、解約確認のハガキが届きます。

    関連記事

    三井住友カードを退会するには、事前に注意すべきことがいくつかあります。ポイントの失効やETCカード、支払方法に登録していたサービスの変更など、退会前にしなくてはならない手続きを必ずやっておきましょう。ここでは三井住友カードの退会・解約方法[…]

    関連クレジットカード一覧

    三井住友カードが発行している「三井住友VISAカード」と、三井住友銀行が発行する「三井住友VISA SMBCカード」の2種類があります。

    三井住友カードはクレジットカードのみ、SMBCカードは三井住友銀行のキャッシュカードと一体型で三井住友銀行の口座をお得に利用できます。
    また、カードを複数枚持つ必要もなく、ATM手数料が優遇されるのも魅力です。

    三井住友VISAデビュープラスカード18歳から25歳限定
    三井住友VISAクラシックカード定番のカード
    三井住友VISAクラシックカードA定番のカード
    三井住友VISAアミティエカード女性向け
    三井住友VISAプライムゴールドカード20代限定
    三井住友VISAゴールドカード30歳以上限定
    三井住友カードWAONイオンでの買い物が便利になります
    三井住友銀聯(ぎんれん)カード中国への旅行や出張などに便利です
    PiTaPaカード電車・バス・飲食・ショッピングなどの支払いに使えます

    三井住友カードとSMBCカードで共通する部分

    国際ブランドはVISAで、ポイントがワールドプレゼントというプログラムに沿って付与されます。
    ポイントの還元率は0.5%です。

    海外旅行傷害保険は最高2,000万円まで補償されますが、国内旅行では傷害保険は付いていません。(※カードの種類によっては国内旅行の傷害保険が付くものもあります。)

    それぞれのカードの違う点

    2つあり、一つはそれぞれのカードで年会費が違い、条件やそれに応じた金額が違います。
    もう一つは、三井住友カードの方が、使える電子マネーの種類が多いことです。

    三井住友VISA SMBC CARD クラシック

    三井住友銀行に普通預金口座があり、高校生を除く18歳以上の人が対象です。
    初年度の年会費が無料で、翌年度からは基本1,250円かかりますが、カードを年1回利用することで無料になります。

    カードを無くしてしまったり盗難にあってもサポートがしっかりしているため安心して利用できます。

    三井住友VISA SMBC CARD プライムゴールド

    年会費は5,400円です。
    初年度は年会費無料で、規定の条件を満たせば翌年度からは年会費半額の割引が受けられます。

    満20歳以上30歳未満で三井住友銀行普通預金口座が決済口座であること、安定収入のある方が対象となります。
    全国の主要空港で空港ラウンジサービスが受けられます。

    三井住友VISA SMBC CARDゴールド

    年会費は基本10,800円で、初年度は無料になります。
    翌年度以降は、条件を満たせば年会費半額の割引を受けられます。

    満30歳以上で三井住友銀行の普通預金口座が決済口座に指定されている方、また、安定した継続収入のある方が対象となります。
    それ以外はゴールドカード独自の基準に沿って審査が行われます。

    全国にある空港のラウンジサービスが受けられます。

    SMBC JCB CARDクラシック

    規定条件を満たしながらカード利用を行えば、年会費はずっと無料です。
    ダイエーやイオン、セブンイレブンを利用すると毎日ポイントが3倍になります。

    SMBC JCB CARDゴールド

    初年度の年会費が無料で、翌年からは6,480円かかります。
    セディナのワクワクポイントが貯まります。

    株式会社セディナが発行していてiDも使えます。また海外は最高1億円、国内は最高5000万円までの旅行傷害保険が付いています。
    ショッピング保険は最高で300万円まで補償してくれます。

    三井住友VISAデビュープラスカード

    高校生を除く18歳から25歳限定のカードで、初年度は年会費が無料で利用できます。
    また、翌年度も年に一回カードを利用すれば無料になります。

    ポイントはいつでも2倍で利用でき、さらに入会後3ヶ月は5倍で還元されます。
    海外旅行や卒業旅行におススメです。

    三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA

    年会費はインターネット入会で初年度無料になります。
    また翌年度も条件を満たせば無料で利用できます。

    カードを失くしてしまっても盗難にあってもサポートサービスが充実していて安心して利用できます。
    カード発行までに最短翌営業日で発行可能です。

    三井住友VISAアミティエカード

    アクティブに人生を楽しみたい女性におすすめのカードで、WEB入会で初年度の年会費は無料になります。
    翌月からは基本1,250円かかりますが、条件を満たせば無料で利用可能です。
    高校生を除く満18歳以上の方が対象で、未成年の方は親の同意が必要です。

    三井住友VISAプライムゴールドカード

    20代専用のゴールドカードです。
    初年度の年会費は無料で国内外の旅行保険も付いており、さらに空港ラウンジが気軽に利用できるサービスも受けられます。

    年会費は翌年以降基本5,400円で、条件を満たすことにより最大1,620円まで割引になります。
    安定した継続的な収入のある、満20歳以上30歳未満の方が対象です。

    三井住友VISAゴールドカード

    インターネットの入会で初年度の年会費が無料になります。
    全国にある空港のラウンジサービスも利用でき、一流のホテルや旅館の宿泊費が割引になるサービスも受けられます。

    満30歳以上の安定収入のある方が対象で、基本的に年会費は10,800円です。
    また一定の条件を満たすことにより最大4,320円まで割引されます。

    関連記事

    三井住友カードの中でも、機能や特典がより充実しているのがゴールドカードです。ここでは、三井住友カードのゴールドカードとして3種類のカードを紹介しながら、お得な内容について見ていきます。三井住友カードについて詳しくはこちら(ad[…]

    関連記事

    プラチナカードというと、年会費が高くて敷居が高いクレジットカードというイメージがあるかもしれません。しかし、三井住友カードのプラチナカードなら、年会費以上の充実した特典を得ることができます。ここでは三井住友プラチナカードの機能や特典につ[…]

    編集部の三井住友カードおすすめ評価

    評価項目BITDAYS編集部おすすめ度
    年会費

    初年度は年会費無料です。次の年からは、マイ・ペイすリボの登録と年1回以上のカード利用で年会費が無料になります。

    ポイント還元率

    ポイント還元率は0.5%なので一般的といえます。

    付帯保険

    海外旅行傷害保険やお買物安心保険が付帯されているのでもしものときも安心です。

    電子マネー

    iDの機能が搭載されています。使えるお店も多いので困ることはありません。

    キャンペーン

    三井住友カードはさまざまなキャンペーンを開催しているのも魅力のひとつです。

    総合

    三井住友カードは、ポイント還元率は一般的といえますが付帯保険や電子マネーも搭載されているので機能としては充実している印象です。また、三井住友銀行という名前もあり安心して利用できる持っていて損はしない一枚と言えます。

    三井住友VISAカードでお得な生活を

    大手ならでは安心感が三井住友VISAカードの最大の特徴です。ネットショッピングなら「ポイントUPモール」を、実店舗での買い物なら「ココイコ!」を利用すれば、ポイントも多く貯まります。ただしキャッシングはリボ払いのみなので、多くの借り入れをすると金利負担が大きくなります。その点だけ注意をすれば、お得に買い物ができるでしょう。

    CATEGORY

    三井住友カード

    >LINEでお得な情報発信中!
    CTR IMG

    LINEでお得な情報発信中!

    BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!