三井住友カード

三井住友カードがPayPay、楽天ペイなど対応「stera code」提供へ 実店舗のコード決済導入をサポート

三井住友カードが3月末より、「stera code」の提供を開始します。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

決済サービスへの申込み手続き・店頭オペレーションをワンストップ化

三井住友カードでは3月末に、次世代決済プラットフォーム「stera」で展開する新端末「stera terminal」をリリース予定です。
「stera terminal」ではクレジットカードや電子マネーに対応していますが、国内コード決済の取り扱いをまとめるサービス「stera code」も同時に提供を始めることがわかりました。

「stera code」では三井住友カードが事業者の代わりに、複数の国内コード決済の申し込みや資金精算などを実施。
事業者は「stera terminal」の設置とあわせて「stera code」を導入することで、「stera terminal」1台でクレジットカード、電子マネー、コード決済に対応します。また、各決済サービスへの申し込み手続きや店頭オペレーションがワンストップで行えます。
なおp、「stera code」ではPayPayLINE Pay楽天ペイd払いメルペイau PAYゆうちょPayのほか、Bank Payも対応予定とのことです。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。