三井住友カード

プリペイド型家族カードで家計を1つに集約 三井住友カードが開始

三井住友カードが本日3月16日(月)、新たな決済サービス「かぞくのおさいふ」をリリースしました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

「共通のおさいふ」「個別のおさいふ」で家計管理

「かぞくのおさいふ」は三井住友カードが提供するVisaプリペイドカードを利用し、家庭内の家計や小遣いをキャッシュレスで管理できるサービスです。満6歳以上(小学生以上)から利用できるようになっています。

本サービスは「共通のおさいふ」と「個別のおさいふ」で構成。
「共通のおさいふ」は、家庭内の共同の家計管理者が2枚のプリペイドカードで残高を共有可能です。カードを利用すると両者に利用通知が届くため、利用明細や残高が一目で把握できるようになっています。

「個別のおさいふ」は家計管理者以外の家族に割り当てることができ、残高は小遣いや仕送りとして入金された範囲内で家族用のプリペイドカードで利用可能です。
利用通知は利用者本人と本会員に届き残高が確認出来るため、子供の金融教育やキャッシュレスの入門としても活用できます。また、家族間で残高の移動も行えます。

「かぞくのおさいふ」のVisaプリペイドカードはカード決済だけではなく、Visaのタッチ決済やApple PayGoogle Payといった非接触決済にも対応。
Apple Pay、Google PayはiDの加盟店で利用可能です。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。