view(ビュー)カード

ビックカメラSuicaカードは還元率11.5%!お得な使い方をレクチャー

JR東日本が提供するビューカードの中でも特におすすめなのが「ビックカメラSuicaカード」です。
今回は、ビックカメラSuicaカードならではのメリットやキャンペーンをチェックして、お得な使い方を確認しましょう。

ビューカードについて詳しくはこちら

ビックカメラSuicaカードとは?

ビックカメラSuicaカードは、交通系電子マネー「Suica(スイカ)」機能が付帯するビューカードの仲間です。
ビックカメラ・コジマ・ソフマップといった家電量販店と連携していて、これらのお店での買い物時に効果を発揮するのが特徴。
Suicaチャージで1.5%還元があるうえ、クレジット支払いのポイント付与とビックカメラ独自のポイント制度があるため、使い方次第で非常にお得になるカードです。
Suicaオートチャージ機能を使ってのスムーズな鉄道利用と、各家電量販店でのお得な買い物、その2つを可能にするのがビックカメラSuicaカードなのです。

ビックカメラポイントカード、Suica、クレジットカードが1つに!

ビックカメラSuicaカードでは、ビックカメラの「ビックポイント」とビューカードの「JRE POINT」の2種類が貯まります。
ポイントの獲得チャンスが2倍となるのは嬉しいですよね。
ビックカメラSuicaカードは、初年度の年会費が無料となっており、次年度以降の年会費(524円)も年に1回利用するだけで無料となるため負担はありません。
お得にポイントを貯めながら継続利用できることから、長く親しめるクレジットカードと言えるでしょう。

ビックカメラSuicaカード

特徴

「ビューカード」とビックカメラが提携し、発行するSuica一体型クレジットカードです。ビックカメラでの買い物時にビックポイント10%還元となるので大変お得です。ビックポイントの使い道としては、1ポイント1円としてビックカメラでの買い物に使えるほか、ビックポイント1,500ポイントでSuicaに1,000円分チャージすることもできます。

ビックカメラSuicaカードのスペック

国際ブランドJCB、VISA
ポイント還元率1.0%
(カード利用1,000円につきビックカメラのビックポイント5ポイント(還元率0.5%)+JREポイント5ポイント(還元率0.5%))
なお、ビックカメラでの買い物時にはビックポイントを10%還元
ポイントの種類ビックポイント、JRE PONT
年会費初年度:無料
2年目以降:477円(税抜)
前年度にカード利用があった場合は2年目以降も無料
審査基準日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。(未成年の方は親権者の同意が必要です。)ただし、高校生の方はお申込みいただけません。
発行期間最短1週間

ビックカメラSuicaカードについて詳しくはこちら

ビックカメラSuicaカードのメリット理解してポイントを貯める

Suicaと組み合わせた利用がおすすめのビューカードの中でも、ビックカメラSuicaカードには特にメリットをたくさん持つクレジットカードです。
特に高いポイント還元率と二重取り可能な点、Suicaカードへのチャージなど、多くの人に役立つ機能が満載です。
それぞれのメリットを確認して効率良くポイントを貯めましょう。

最大11.5%の高還元率が実現!

ビックカメラSuicaカードは、最大で11.5%ものポイント還元を受けることができます。
実現するには以下のような流れから、買い物を行ってみましょう。

①ビックカメラSuicaカードのSuicaにクレジット支払いでチャージ
→オートチャージかJR東日本の券売機、モバイルSuicaなどのチャージで1.5%のJRE POINTが貯まります。
②チャージしたSuicaを使ってビックカメラで買い物
→現金払いと同率の10%をビックポイントで受け取れます。

2つのポイントを合わせると、支払い金額に対して総額11.5%のポイントを獲得できます。
1度の買い物で多くのポイントを得られるので、ビックカメラSuicaカードを使う際にはSuicaへのチャージとそれを使っての買い物を優先するのがおすすめです。

ポイントの二重取りが可能!

ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラでの買い物以外でもポイントを獲得できます。
普段の買い物時にもJRE POINTとビックポイントの2種類が貯められるため、ポイントの二重取りが可能です。
JRE POINTの還元率0.5%とビックポイントの還元率0.5%が合わさって、実質1%で利用できる点が魅力。

1,000円ごとの利用で10円相当のポイントが貯まるので、日々の買い物からコツコツとお得に利用できるカードになっています。
ビックカメラSuicaカードの利用先は豊富で、食料品や日用品の買い物、食事、公共料金の支払いなどに使えます。
欠かせない支払いに活用して、どんどんポイントの二重取りを進めていきましょう。

Suicaオートチャージ機能が利用できる

ビックカメラSuicaカードは、Suicaへのオートチャージ機能に設定することもできます。
残高が設定金額以下に減ったタイミングで自動チャージが行われるので、手間をかけずに鉄道利用が可能です。
オートチャージのたびにポイントを貯められる点も魅力で、買い物への応用が考えられます。
ビックカメラSuicaカードの利用時は、Suicaのオートチャージに設定してスムーズな改札利用とポイント獲得を狙っていきましょう。

ビックポイントをSuicaにチャージすることもできる

ビックカメラSuicaカードなら、貯めたビックポイントをSuicaにチャージすることができます。
1,500ビックポイントをSuicaの1,000円分として使えるので、ビックカメラ以外の買い物でポイントを使いたい場合にも安心です。
逆にJRE POINTをビックポイントに変換することも可能で、こちらは1,000ポイントを1,000ビックポイントに換えられます。
貯めたポイントは自分の好きなように利用できるので、必要に応じてポイントを入れ替えて使えるのがメリットです。

ビックカメラSuicaカードのお得なキャンペーンにも注目!

ビックカメラSuicaは、新規入会者や所有者に向けてさまざまなキャンペーンを開催しています。
これから作成する人にも多くのメリットがあるので、この機会にキャンペーン狙いで申し込むのもおすすめです。

ビックカメラSuicaカード入会キャンペーン

2020年5月1日~2020年9月30日までの期間で、入会特典として最大最大8,000ポイント(JRE POINT最大5,000ポイント+JCBブランド限定 抽選で300名に3,000ビックポイント)のJRE PIOINTがプレゼントされます。
獲得条件は以下の通りです。

  1. 新規入会で1,000ポイント
  2. カードの利用合計30,000円ごとにJRE POINT1,000ポイント(最大4,000ポイント)
    ※オートチャージを含む全てのクレジットカード利用が対象

ビックカメラSuicaカードで2種類のポイントを同時に貯めよう!

ビックカメラSuicaカードは、JRE POINTとビックポイントの2種類を同時に貯めていけるクレジットカードです。
普段から買い物やSuicaへのチャージに利用することで、お得に利用を継続できるでしょう。
最大還元率11.5%というメリットは、ビックカメラSuicaカードならではの魅力です。
この機会にビックカメラSuicaカードを申請して、電車の利用と家電量販店での買い物をよりお得なものに変えてみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYS編集部ディレクター。クレジットカードは3枚を使い分け、PayPayやLINE Payを利用するなど、キャッシュレス決済愛好家。「塵も積もれば山となる」で熱心にポイ活しています。

- Asuka の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。