みずほ銀行

みずほ銀行、iOS向けにバーチャルデビット「Smart Debit」提供開始 みずほJCBデビットもApple Pay対応

みずほ銀行が本日8月29日(木)より、iOS向けアプリ「みずほWallet」においてバーチャルデビット「Smart Debit」の提供を開始しました。

【PR】キャッシュレス生活で毎日をお得に!話題のスマホ決済PayPay

12月15日まで20%キャッシュバック実施中

「Smart Debit」は、みずほ銀行の口座から即時支払い可能なスマートフォン向けのデビット決済サービスです。「みずほWallet」から即時発行が可能であり、QUICPay+™(クイックペイプラス)やJCBコンタクトレスの加盟店で利用できます。
2018年3月からAndroid向けに提供を開始した「Smart Debit」ですが、本日8月29日(木)からiOS端末でも利用できるようになりました。
さらにみずほ銀行のデビットカード「みずほJCBデビット」がApple Payの対応を開始しました。iPhone、Apple Watch、iPad、Macを利用し「みずほJCBデビット」を紐づけたApple Pay決済が行えるようになります。

iOS向けの「Smart Debit」提供開始を記念し、みずほ銀行では8月29日(木)〜12月15日(日)まで「ご利用に感謝して。20%キャッシュバック」キャンペーンを開催中です。
キャンペーン期間中に「Smart Debit」を利用しQUICPay+決済を行うと、利用金額の20%分・最大10,000円分がキャッシュバックされます。
また「Mizuho Suica」もキャンペーン対象となっています。8月29日(木)〜10月31日(木)の期間中にSmart DebitとMizuho Suicaの新規発行を行うと、チャージ金額の20%分・最大1,000円分がキャッシュバックされます。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。