電子マネーとは?メリットや種類、使い方など徹底解説!

キャッシュレス化が進められている現代において、「電子マネー」の価値は高まりつつあります。
そんな電子マネーのメリットと特徴をiD(アイディー)WAON(ワオン)nanaco(ナナコ)楽天Edy、QUICPay(クイックペイ)、Suica(スイカ)といった有名サービスから確かめていきましょう。

目次

電子マネーとは?

電子マネーとは、通貨や紙幣の代わりに「デジタルデータ」を介して支払いを行う決済システムのことを指します。
スマホやクレジットカードなど、現金を用いないで決済が済ませられる支払いスタイルが該当し、現在多くの電子マネーがそのサービスの拡大を続けているのです。
現金に代わる新たな支払いのスタンダードとして注目が集まり、その市場規模がさらに伸びていくことに期待されています。
今後は電子マネー対応のお店が増えると予想できるので、今こそ電子マネーの導入を真剣に検討すべき時期に来ているといえるでしょう。

電子マネー決済の仕組みや特徴

まず、電子マネーはどのような場所で使うことができるのでしょうか?
一番多く利用されているのは、コンビニ、駅の売店、自動販売機、インターネット通販、オンラインサービスなどで利用することができます。

電子マネーだけでも数十種類のものがあります。よく知られているものには、Suicaやnanacoなどがあります。

電子マネー決済の方法は?

電子マネーの決済方法とはいったいどのようなものなのでしょうか?それぞれの場合の決済方法について説明します。いくつかの種類がありますので、これから電子マネーを利用してみたいと考えている人は覚えておくとよいでしょう。

支払いはプリペイドまたは後払い

電子マネー決済の方法がプリペイドもしくは後払いの場合について説明します。プリペイド式の電子マネーというものは、事前に入金しておくことで、その金額の範囲内で自動的に精算されるという仕組みのものです。

電車などに乗る際によく使われるSuicaなどがこのタイプで、例えば、3,000円入金しておけばその金額内で利用することができるのです。

プリペイド式ではなく、後払いタイプの電子マネーというものもあります。後払いタイプの場合には、支払いをした金額があとで請求されるという仕組みになっています。こちらの場合には、事前に入金をしておかなくても使用することができるという点が異なります。

カードまたはスマホをレジ端末にかざすだけ

電子マネーの精算には、カードをかざす、もしくはスマホをレジ端末にかざすことでも行うことができます。この方法には、カードタイプのものとアプリタイプのものがあります。使い方はとても簡単で、お店に設置してある読み取り機にカードもしくは、スマホをかざすだけで精算をすることができます。

利用する際には、店員さんにその旨を伝えるだけで利用することが可能です。ただし、初回の設定などは事前に行なっておく必要があります。

電子マネー決済のメリット・デメリット

電子マネー決済のメリットは?

電子マネーは現金決済につきものだった煩わしさを省略し、スマートな支払いを実現してくれるシステムです。
基本的にカードやスマホなどを専用の端末にタッチするだけで支払いが完了するので、買い物をスピーディに済ませられる点がメリットとなります。
また、電子マネーの種類によってはポイントが貯まることもあるため、値引きなどお得な体験が可能なことも。
現金にはない簡易性とお得なシステムこそが、電子マネーを支えるメリットだといえるでしょう。

電子マネー決済のデメリットは?

一方で、その種類の多さによって一見使いづらそうに見えてしまうのが電子マネーのデメリットになります。
「どの電子マネーを使うべきなのか分からない」といった声も聞かれることから、その種類の豊富さが逆にマイナスに響いているケースもあるのです。
しかし、このデメリットはきちんと電子マネーごとの情報を知ることで、解決することができます。

次項では主要となっている電子マネーの詳細を紹介します。それぞれの特徴や使い方を確認していきましょう。
電子マネーの魅力を知るためにも、ぜひ各サービスの概要をチェックしてみてください。

電子マネー「iD(アイディー)」の特徴

NTTドコモの「iD」は、さまざまなクレジットカードやデビットカード、そして各種スマホと連携できることで知られる電子マネーです。
Apple Pay(アップルペイ)での利用も可能なことから、スマホで電子マネーを使いたい人は要チェックとなるでしょう。
ICカードロック機能など、不正利用を防止するための機能も備わっているため、安心して電子マネーを活用することができます。
他にもイベントやキャンペーンも頻繁に行われているので、調べることでiDの魅力がよりわかってくるでしょう。

iD(アイディー)のメリット

iDは、クレジットカードと結びつけて利用する「ポストペイ型」、事前にチャージを行って支払う「プリペイド型」、そして銀行口座からの直接引き落としが行われる「デビット型」の3タイプに分かれています。
どれを使うかは利用者次第となっているので、自分に合った電子マネーの利用方法を選べるのがメリットです。
それぞれのタイプの特徴をチェックして、自分らしい使い方を見つけてみてください。

iD(アイディー)が使えるお店

iDが使えるお店には、黄色いiDマークが目印として付けられています。
飲食店やコンビニ、その他ショッピングの際には、iDのマークを探してみるといいでしょう。

コンビニ

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ、ポプラ、セイコーマートなど

スーパー・モール・百貨店

イオン、イトーヨーカドー、アピタ

ドラッグストア

ウエルシア、クスリのアオキ、サンドラッグ、ツルハドラッグ、スギ薬局、マツモトキヨシなど

飲食店

ガスト、バーミヤン、かっぱ寿司、マクドナルド、ロッテリア、モスバーガー、ミスタードーナツ、すき家、吉野家など

iD(アイディー)の使い方

iDはレジで支払いの意思を伝えてから、タッチをするだけで決済ができます。
読み取りにかかる時間はわずかとなっているので、支払い作業はより簡略化されるでしょう。
プリペイド型以外であれば、チャージが不要な点もiDの魅力。
一方で、チャージをする場合はiDに登録しているカード情報をチェックして、それぞれのシステムに合わせての対応が必要です。

iD(アイディー)について詳しくはこちら

電子マネー「WAON(ワオン)」の特徴

イオングループが提供する「WAON」は、高いポイント還元率や特徴的なデザインが有名な電子マネーです。
55歳以上のユーザー限定のG.GWAONや、JALのマイルが貯められるJMB WAONなどといった、さまざまなスタイルのカードに加えて、スマホアプリによる支払いも可能な点が魅力。
自分が一番お得な方法を選べる点は、WAONの強みだといえるでしょう。

WAON(ワオン)のメリット

WAONを使って支払うと、200円ごとに1ポイントを貯めることができます。
このポイントはそのまま1ポイント=1円で利用できるので、普段の買い物がお得になるでしょう。
さらにオートチャージ機能を利用することで、200円のチャージごとに1ポイントが付与されるので、高い還元率を実現できます。

WAON(ワオン)が使えるお店

WAONはイオングループの店舗を中心に、広いエリアでの利用が可能となっています。
WAONに対応する店舗の中には、会員登録を行うことでポイントが2倍になるものもあります。
普段の買い物がさらにお得になるので、WAONの利用時はまず店舗検索を行いましょう。

コンビニ

ミニストップ、ファミリーマート、ローソン、ポプラ、セイコーマートなど

スーパー・モール・百貨店

イオン、ダイエー、マックスバリュなど

ドラッグストア

ウエルシア、スギ薬局、ツルハドラッグ、ドラッグユタカ、クスリのアオキなど

家電量販店

ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、エディオンなど

飲食店

マクドナルド、吉野家、かっぱ寿司、ドミノ・ピザ、CoCo壱番屋、どん亭など

WAON(ワオン)の使い方

WAONはレジでの支払い時に、「WAONを使いたい」ことを伝えるだけで利用できます。
あとは端末にかざすだけでOKなので、スムーズに決済が完了するでしょう。
チャージもレジで行うことができますが、アプリを使えばクレジットカードからの入金も可能です。
どこでも気軽にチャージしたいときには、クレジットカードの登録も進めておきましょう。

WAON(ワオン)について詳しくはこちら

電子マネー「nanaco(ナナコ)」の特徴

セブン&アイ・ホールディングスの電子マネー「nanaco」も、おすすめされる理由が数多くあります。
スピーディな支払いはもちろん、多くのポイントが貯められるそのシステムは、日常的な魅力となるでしょう。
簡単に新規での発行が可能なので、nanacoをきっかけに電子マネーデビューを考えてみるのもおすすめです。

nanaco(ナナコ)のメリット

nanacoが使えるお店での支払い時には、200円ごとに1ポイントを貯めることができます。
購入商品によっては、さらにボーナスポイントがプレゼントされることもあるので、使えば使うだけメリットを得られる電子マネーです。
nanacoはカードだけでなくアプリでの利用も可能なことから、毎日の利用も簡単となっています。
1ポイントは1円で利用できるので、常日頃からコツコツとポイントを貯めて、欲しいものへの買い物に活かすといった使い方もおすすめです。

nanaco(ナナコ)が使えるお店

nanacoは、セブンイレブンやイトーヨーカドーといった、セブン&アイ・ホールディングス系列の店舗を中心に利用可能です。
その他にもコンビニ、飲食、生活や暮らしに関わるあらゆるお店と提携しているので、支払い時はnanacoのマークをレジで探してみましょう。

コンビニ

セブンイレブン

スーパー・モール・百貨店

イトーヨーカドー、西武・そごう

ドラッグストア

サンドラッグ、スギ薬局など

飲食店

デニーズ、マクドナルド、ミスタードーナツ、かっぱ寿司、coco壱番屋、コメダ珈琲店、上島珈琲店、吉野家など

娯楽

ラウンドワン、カラオケ館、コロナワールド、タイトー、サンリオピューロランドなど

nanaco(ナナコ)の使い方

nanacoはレジで利用したい旨を伝えた上で、端末にタッチするだけで支払いが行えます。
忙しい朝や早く帰りたいときは、nanacoによるスピーディな支払いが頼もしいでしょう。
nanacoへのチャージは、提携店舗のレジと専用アプリによって実行できます。
アプリを使う場合はクレジットカードの登録が必要なので、事前に対応しておきましょう。

nanaco(ナナコ)について詳しくはこちら

電子マネー「楽天Edy」の特徴

「楽天Edy」とは、インターネットの通販サイトで有名な楽天が運営する電子マネーです。
スマートな支払いが可能かつ、ポイント還元も受けられることから、普段からの利用がおすすめされます。
Edyカード、Edy機能付き楽天カード、アプリといった方法を選べるので、自分のやりやすい形で電子マネーが使えるでしょう。

楽天Edyのメリット

楽天のポイントサービスである「楽天スーパーポイント」は、Edyに交換して支払いに利用できます。
インターネットで貯めたポイントも変換できることから、実店舗とネット店舗を併用することが多い人には大きなメリットが見出せるでしょう。
通常の買い物時にも200円で1ポイントを貯められるので、電子マネーでの支払いをメインとすればよりお得な体験ができます。

楽天Edyが使えるお店

楽天Edyの使えるお店は日本全国にあり、あらゆるジャンルの買い物に利用できます。
スーパー、ドラッグストア、本、CD &DVDなどを取り扱うお店に行く場合には、楽天Edyが優秀なお供になるでしょう。

コンビニ

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、スリーエフ、デイリーヤマザキ、ポプラ、セイコーマートなど

スーパー・モール・百貨店

髙島屋、アクアシティお台場、イトーヨーカドー、アピタ、ピアゴ、サミット、平和堂など

ドラッグストア

ツルハドラッグ、マツモトキヨシなど

家電量販店

ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、ソフマップ、ジョーシン、エディオン、ケーズデンキ、グッドウィルなど

飲食店

コカ・コーラ、タリーズコーヒー、ドミノ・ピザ、マクドナルド、ロッテリア、モスバーガー、ミスタードーナツ、ガスト、デニーズ、バーミヤン、吉野家、すき家、大戸屋、CoCo壱番屋など

娯楽

ビッグエコー、シダックス、109シネマズ、タイトーステーション、自遊空間、ラウンドワン、サンリオピューロランドなど

楽天Edyの使い方

楽天Edyはそのほかの電子マネーと同じように、レジで利用を宣言するだけで支払いに使えます。
日々の買い物作業を少しでも簡略化したい場合には、楽天Edyの利用がおすすめです。
チャージも対応している店舗のレジか、おサイフケータイのクレジットカードから実行できます。

楽天Edyについて詳しくはこちら

電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」の特徴

CMでもお馴染みの電子マネー「QUICPay」も、生活をサポートする支払い手段のひとつとなってくれます。
クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードを支払い先に登録でき、かざすだけの簡単決済が実行可能です。
登録しているカードのポイントを貯めたり、盗難や紛失時には登録カードと同じ保障を受けられたりといった点が、QUICPayならではの特徴となるでしょう。

QUICPay(クイックペイ)のメリット

QUICPayはカードタイプ以外にも、スマホに登録を行うモバイルタイプでの利用も可能です。
iPhoneではApple Payが、Android端末ではGoogle Payが使えるので、電子マネーによる決済がさらに楽になるというメリットがあります。

QUICPay(クイックペイ)が使えるお店

QUICPayに対応しているお店は、生活に役立つ飲食店やショッピングセンターの他にも、アミューズメント施設などにまで広がっています。
将来的にはさらに使える店舗を拡大することも予想されるので、利用できるお店の新着情報は要チェックとなるでしょう。

コンビニ

セブンイレブン、ミニストップ、ローソン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ、セイコーマートなど

スーパー・モール・百貨店

イオン、イトーヨーカドー、アピタ、ピアゴ、ダイエー、近鉄百貨店、阪急百貨店など

飲食店

マクドナルド、ロッテリア、バーガーキング、ミスタードーナツ、ガスト、デニーズ、バーミヤン、かっぱ寿司、はま寿司、和食さと、吉野家、すき家、CoCo壱番屋など

娯楽

東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、富士急ハイランド、ムーミンバレーパークなど

QUICPay(クイックペイ)の使い方

QUICPayはレジの専用端末にタッチするだけで、すぐに支払いを完了できます。
一度登録してしまえば特別な作業は必要ないので、QUICPayでの支払いを日常のものにできるでしょう。
基本的にチャージの有無や方法は、登録しているカードによって異なります。
必要に応じて金銭のチャージを行い、準備を進めるようにしましょう。

電子マネー「Suica(スイカ)」の特徴

交通機関での利用が魅力の「Suica」は、通常の買い物時にも電子マネーとして使うことができます。
交通費と買い物の支出をまとめておくことができるので、家計の管理に役立つシステムだといえるでしょう。
カード型のデバイスだけでなく、アプリで利用できるモバイルSuicaを選べる点も特徴です。
スマホをかざすだけで改札を抜けられるので、通勤にかかる手間を短縮できる電子マネーとなっています。

Suica(スイカ)のメリット

Suicaは事前にサービスへの登録を行うことで、JRE POINTを貯めることができます。
支払い200円に対して1ポイントを獲得できるため、こまめな利用が未来のお得につながっていくでしょう。
さらにSuicaは2019年10月から、交通機関の乗車時にもポイントが貯まる制度を始めています。
モバイルSuicaを使えば50円ごとに1ポイントが得られるので、普段の移動から多くのポイントを貯めていくことができるでしょう。

Suica(スイカ)が使えるお店

SuicaはJRなどの交通機関にプラスして、コンビニやスーパーなどのお店でも利用できます。
日用品などをSuicaで購入することも可能なので、普段利用する駅の周辺に対応店舗がないか確認してみましょう。

コンビニ

セブンイレブン、ミニストップ、ローソン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、セイコーマート、KIOSKなど

スーパー・モール・百貨店

イオン、イトーヨーカドー、ピアゴ、ダイエーなど

飲食店

マクドナルド、モスバーガー、ケンタッキー・フライド・チキン、ミスタードーナツ、ガスト、デニーズ、バーミヤン、かっぱ寿司、吉野家、すき家、松屋、CoCo壱番屋など

Suica(スイカ)の使い方

Suicaは会計時にタッチを行うだけで、簡単に支払いを完了させられる電子マネーです。
チャージは対応店舗のレジか、駅の券売機で行えます。
アプリ版のモバイルSuicaなら、クレジットカードの登録によるスマホからのチャージも可能なので、チャージの頻度が多くなる人はアプリのSuicaを試してみましょう。

Suica(スイカ)について詳しくはこちら

電子マネー「uniko(ユニコ)」の特徴

Unikoは株式会社UCSが運営している電子マネーです。ユニコポイントを500ポイント貯めるたびに、ユニコ電子マネーに500円分を自動で加算してくれます。アピタやピアゴ、MEGAドン・キホーテUNY、ファミリーマートなどで買い物する人には大きなメリットになります。ポイント還元率は0.5%で、購入金額200円につき1ポイントが貯まります。

オートチャージ機能はありません。チャージ方法は現金のみとなっており、チャージ機もしくはレジでの入金となります。

uniko(ユニコ)が使えるお店

コンビニ

ファミリーマート

その他

アピタ、ピアゴ、MEGAドン・キホーテUNY

電子マネー決済はメリット豊富!種類と使い方を把握しよう

電子マネーは、今後も私たちの生活における大事な支払い手段のひとつとなっていくでしょう。
その機能とメリットを存分に活用できるように、この機会に各電子マネーについて確認してみることがおすすめです。
基本的な使い方は同じな一方で、利用できる店舗などは、電子マネーの種類ごとに異なっています。
自分の生活スタイルに合っているかどうかを知るためにも、気になった電子マネーは公式サイト等の情報までチェックしてみましょう。

CATEGORY

電子マネー

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!