電子マネー

JR東日本がiD、QUICPay、nanaco、楽天Edy、WAONを駅ビル・駅ナカに導入へ

東日本旅客鉄道(JR東日本)が2020年春以降、新たに電子マネー5種類をJR東日本グループの駅ビル・駅ナカに導入します。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

多様な電子マネーの対応で来店客の利便性向上へ

2020年春以降、JR東日本グループの駅ビル・駅ナカでiD、QUICPay、nanaco楽天EdyWAONが新たに利用できるようになります。
JR東日本グループの駅ビル・駅ナカでは、現在Suicaなどの交通系電子マネーが利用できますが、多様な電子マネーに対応することで来店客の利便性向上を図ります。

また2020年夏までにJR東京西駅ビル開発の「セレオ」、秋田ステーションビルの「アルス」「トピコ」、横浜ステーシヨンビルの「CIAL 鶴見」「CIAL 桜木町」「CIAL 横浜(2020年開業予定)」、錦糸町ステーションビルの「テルミナ」、鉄道会館の「グランスタ」などでも導入を予定しています。

楽天ペイについて詳しくはこちら

楽天ペイとあわせてオススメ
 

楽天ペイと合わせてお得な楽天カード
今なら5,000円相当のポイントがもらえる!

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。