電子マネー

JR東日本がiD、QUICPay、nanaco、楽天Edy、WAONを駅ビル・駅ナカに導入へ

東日本旅客鉄道(JR東日本)が2020年春以降、新たに電子マネー5種類をJR東日本グループの駅ビル・駅ナカに導入します。

【PR】明日から住める賃貸。敷金礼金ゼロ・初期費用なし・家具家電付き

多様な電子マネーの対応で来店客の利便性向上へ

2020年春以降、JR東日本グループの駅ビル・駅ナカでiD、QUICPay、nanaco楽天EdyWAONが新たに利用できるようになります。
JR東日本グループの駅ビル・駅ナカでは、現在Suicaなどの交通系電子マネーが利用できますが、多様な電子マネーに対応することで来店客の利便性向上を図ります。

また2020年夏までにJR東京西駅ビル開発の「セレオ」、秋田ステーションビルの「アルス」「トピコ」、横浜ステーシヨンビルの「CIAL 鶴見」「CIAL 桜木町」「CIAL 横浜(2020年開業予定)」、錦糸町ステーションビルの「テルミナ」、鉄道会館の「グランスタ」などでも導入を予定しています。

楽天ペイについて詳しくはこちら

楽天ペイとあわせてオススメ
 

楽天ペイと合わせてお得な楽天カード
今なら5,000円相当のポイントがもらえる!

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!