電子マネー

和歌山バスがICOCAなど交通系電子マネー導入へ PiTaPa利用で割引も

和歌山バス・和歌山バス那賀が4月1日(水)より、バスの支払いにおいて交通系電子マネーを導入します。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

「kinoca」以外のICカードにも対応

和歌山バス・和歌山バス那賀では現在、バスの支払いにおいて専用ICカード「kinoca」が利用可能です。
全国で利用できる交通系電子マネーには対応していませんでしたが、4月1日(水)よりPiTaPa・ICOCA・Kitaca・SuicaPASMO・manaca・TOICA・はやかけん・nimoca・SUGOCAが導入されることがわかりました。

対応する路線は、夜行高速バス・ふじと台バス・各市町コミュニティ路線を除いた和歌山バス・和歌山バス那賀の一般路線バス全線、関西空港~和歌山線のリムジンバスです。
また、対応電子マネーはバス車内でチャージ可能で、上限はチャージ1回あたり3,000円となっています。

なお、PiTaPa限定で登録型割引サービスも提供。
1カ月間(1日~末日)で、バス1回の乗車が事前に登録された指定運賃額以下であれば、何回乗車しても上限を超えないとのことです。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。