「すき家」などゼンショーの店舗が「Visaのタッチ決済」「Mastercardコンタクトレス」など非接触決済導入

ゼンショーホールディングスが三井住友カード、ジェーシービーと提携し、7月より牛丼チェーン店「すき家」をはじめとしたゼンショーグループ各店舗において、NFCによる非接触決済サービスの取り扱いを開始しました。

【PR】PayPay、銀行口座登録でもれなく1,000円相当のPayPay残高をプレゼント

ゼンショーグループでNFC決済が利用可能に

7月より「すき家」「ココス」「ビッグボーイ」などゼンショーグループ各店舗において、「JCBコンタクトレス」「Visaのタッチ決済」「Mastercardコンタクトレス」「American Express Contactless」が利用できるようになりました。

NFC(Near Field Communication)とは携帯電話や非接触ICチップ内蔵のカードをかざすことでさまざまなサービスを実現する、近距離無線通信規格のひとつです。
世界各国ではNFCによる非接触決済が一般的になっており、2020年までに世界の全カードの約50%が非接触対応になると予測されています。ゼンショーグループ各店舗では国内はもちろんのこと海外からの客に対しても、より安全で利便性の高い決済手段を提供していくといいます。

おすすめ記事

この記事に関連するタグ

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。