その他(電子マネー)

Visaのタッチ決済、茨城交通の高速バスに導入へ 国内の公共交通機関初

Visaが提供する非接触決済サービス「Visaのタッチ決済」が7月29日(水)より、茨城交通が運行する高速バスに導入されることが発表されました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

世界共通の非接触決済が公共交通機関で対応

三井住友カードとビザ・ワールドワイド・ジャパンが次世代決済プラットフォーム「stera」を活用し、公共交通機関への決済ソリューションを提供することが発表されました。
この取り組みの第1弾として、みちのりホールディングスと共に茨城交通が運行する勝田・東海―東京線の高速バスに「Visaのタッチ決済」の導入が決定しました。

高速バスの車内に搭載されたタブレットに「Visaのタッチ決済」に対応したカード、スマートフォンまたはウェアラブルデバイスをかざすことで、即座に料金の支払いが行えます。

現在、世界の500以上の都市の公共交通機関において「Visaのタッチ決済」導入プロジェクトが進行しており、日本の公共交通機関における導入は今回が初となります。

また、多くの国では「Visaのタッチ決済」が広く普及しており、全世界のVisaの対面取引のうち3回に1回がVisaのタッチ決済で行われているといわれています。
今回の取り組みにより、国内の利用者だけでなく訪日外国人による運賃支払いもスムーズになるとみられています。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。