電子マネー「iD(アイディ)」の使い方は?ポイントを賢く貯めるには

もはや生活の中でなくてはならない存在となっている電子マネー。
色々なサービスが乱立し、使い方がやや分かりにくいものもあります。

今回紹介するiDもそんなサービスの一つですが、使いこなせればメリットもたくさん。
お得に使う方法も書いているので参考にしてください。

iD(アイディ)の特徴は?

iDは株式会社NTTドコモが運営している電子マネーサービス。
歴史も長く、電子マネーサービスの中では古株に当たります。

特徴はこんな感じ。

・クレジットカードと連携して使うタイプなので基本後払い
・docomoのサービスと相性が良い
・「おさいふケータイ」を使えばモバイル決済が可能
・「dカードプリペイド」や「SMBCデビット」を使えば前払いで使える
・払いすぎに注意

・クレジットカードと連携して使うタイプなので基本後払い
iDは「楽天Edy」や「nanaco」などのチャージした分からのみ支払える先払い方式(プリペイド)ではなく、一般的に登録口座からまとめて毎月使用料金が引き落とされる後払い方式(ポストペイ)型。
そこがメリットでもあり、デメリットにもなります。

・docomoのサービスと相性が良い
iDはもともと「QuiqPay」などの決済サービスの開発に参加していたdocomoが運営している決済サービスです。
ということはdocomoが同様に発行している「dカード」などと相性が良く、お得に使うときもdカードをうまく使えるかどうかがカギの一つに。
詳しくは後述の「iD(アイディ)をお得に使う方法」で紹介します。

・「おさいふケータイ」を使えばモバイル決済が可能
決済用アプリのおさいふケータイにiD機能つきのカードを登録すれば、モバイル決済でiDを使えるようになります。
またアプリや店頭で「dカードmini」を登録すればカードなしでiDが使えます。

・「dカードプリペイド」や「SMBCデビット」を使えば前払いで使える
ポストペイ型のiDを唯一楽天Edyなどと同じように先払いにする方法があります。
それはdカードプリペイドやSMBCデビットを発行すること。

dカードプリペイドは文字通りあらかじめチャージした分だけ使えるプリペイドタイプのiD搭載型カード。
公式サイトから申し込めばすぐ発行できる手軽さも魅力なので、「IDはクレジットカード持っていないから敷居が高い・・・」と思っている方は是非発行してiDを利用してみましょう。

一方SMBCデビッドは三井住友銀行が発行するデビッドカードサービス。
数少ないiD搭載のデビッドで、その場で利用料金が引き落とされるので使い過ぎを防ぎながら安全にIDで買い物できます。

・払いすぎに注意
他のプリペイド式と違い、iDはポストペイ型というのはさっき書きましたよね。
例えばチャージしていなくても後日引き落としなので残高は気にしなくてよいですが、調子に乗っていろいろ購入すると引き落としのとき、利用料金の高さにびっくりすることに。

iDを使うときは、事前の商品購入予定などを算出しておいたほうが良いでしょう。
また先ほど書いたdカードプリペイドを連携させれば、プリペイド式で使えて使い過ぎを防げます。

iD(アイディ)が使えるお店は?

iDは電子マネーの中でも古株のサービスであることから普及が進んでおり、利用可能範囲が広いです。
セブンイレブンやローソンなど、大手コンビニでも基本的に使えるし、飲食店ではガストやマクドナルド、すき家でも使えます。

ネットショッピングでも利用でき、特に「amazon」での決済でiDが使えるのは大きいのではないでしょうか。
ただしdカードプリペイドやSMBCデビッドでの決済にしているとネット決済ではiDを使えないので注意してください。

注意点はありますが、「どこでも使える電子マネーが良いなあ」と思っているならば、iDは間違いなく選択肢に入ってきます。

iD(アイディ)をお得に使う方法

iDは後払い方式で使うときは引き落とし後にポイントがつくので、少しポイントゲットするのに時間がかかります。
しかし同時にクレジットカードと相性が良いのも事実。

ここではiDをお得に使うにはどうしたら良いか、その方法を書いていきます。
還元率が高いのおすすめはこんなカード。

・dカード
・三井住友visa
・JMBローソンPontaカードVisa

ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶといいことを説明してください。

おすすめ①dカード

dカードはdocomoが発行しているのでiDと相性抜群。
100円ごとにdポイントが貯まるし、ローソンで使えば最大5%還元など、特約店でiD決済するとお得に買い物ができます。

また「dカードゴールド」を発行すれば、docomoの光サービスなどの決済で10%還元など、さらにメリットを受けられて便利。こちらもチェックしてみてください。

おすすめ②三井住友visa

三井住友銀行もdocomoと提携してiDサービスを展開しています。
その三井住友銀行が発行している「三井住友visaカード」も還元率が高いカードの一つ。

三井住友銀行が運営しているポイントサービス「ワールドプレゼント」と連携。
決済してポイントを貯めるとワールドプレゼントで景品交換に使えたり、「iDバリュー」という電子マネーに「1ポイント=5円」の高還元率で換金可能。

Visaブランドということで、使える範囲が広いのも魅力ですね。

おすすめ③JMBローソンPontaカードVisa

「永久不滅ポイント」で有名な「株式会社クレディセゾン」が発行している「JMBローソンPontaカードVisa」も還元率が高いです。
特にローソンを使う人には絶対おすすめしたいカード。

ローソンでJMBローソンPontaカードVisaを使うと、100円ごとに2Pontaポイントが貯まります。
またPontaポイントは2ポイントごとに「JAL」の1マイルに交換でき、陸マイラーの方にもメリットがあるカードに。

モバイル決済アプリ「ローソンモバイルPonta」に登録すると、JMBローソンPontaカードVisaを登録するだけでモバイル決済にも使えるのが魅力です。

便利な電子マネー「iD(アイディ)」でお得に生活

ここまで電子マネーiDについて記事を書いてきました。

iDは利用可能範囲が広いので、とにかく使いやすいですね。
ただし、後払い式の怖さはよく覚えておいてください。

もっともプリペイドやデビッドを登録すればその問題は解決しますが。
是非iDを上手に利用して、どんどんポイントを貯めていきましょう。

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰