楽天Edyにチャージする方法、オートチャージの方法は?

楽天Edyは電子マネーのひとつです。愛用している方も多いでしょう。この楽天Edyにチャージする方法はいくつかありますが、お得にポイントを貯めるには楽天カードによるチャージがおすすめです。また、チャージは手動だけでなく、自動で行うオートチャージというものもあります。これらについて解説します。

楽天Edyとは?

楽天Edyはプリペイド型電子マネーです。コンビニやスーパーなど多くの場所で利用することができます。カードでタッチするだけでスムーズに支払いを行うことができます。荷物が多い場合や、ちょっとした散歩の際などに持ち歩くのにも便利です。事前にチャージしておいた残高内で料金の支払いに使えて、ポイントも貯めることができるというメリットもあります。

楽天カードから楽天Edyチャージで楽天スーパーポイントがどんどん貯まる!

楽天Edyは楽天カードからチャージするのがおすすめ!

楽天Edyにチャージする方法には、現金でのチャージやクレジットカードによるチャージ、アプリやポイントチャージなどがあります。その中でも、おすすめなのが楽天カードからチャージをするという方法です。
おすすめの理由は、お得に楽天スーパーポイントを獲得することができるから。楽天カードからEdyにチャージを行うと200円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントを獲得することができます。
また、楽天Edyを利用することでも200円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。つまりポイントの2重取りができるのです。現金などでもチャージすることはできますが、現金でチャージをする場合にはポイントは獲得できません。そのため、楽天カードからのチャージが非常にお得なのです。

楽天カードから楽天Edyチャージでポイントがどんどん貯まる!
今なら最大5000ポイントプレゼント!

楽天Edyにチャージ(入金)する方法

楽天Edyを利用するには、チャージ(入金)をする必要があります。そのチャージ方法にはいろいろなものがあります。自分の持っているEdyによっても異なり、自分の好きな方法によってチャージをすることが可能。

おサイフケータイへのチャージ

おサイフケータイへのチャージ方法には、以下のようなチャージ方法があります。

  • 現金によるチャージ
  • クレジットカードによるチャージ
  • オートチャージ
  • ポイントチャージ
  • 楽天会員情報に登録済のクレジットカードによるチャージ
  • 銀行口座からのチャージ

Edy機能付き楽天カードへのチャージ

Edy機能付き楽天カードへのチャージ方法には、以下のような方法があります。

  • 現金によるチャージ
  • クレジットカードによるチャージ
  • オートチャージ
  • ポイントチャージ
  • いつでもチャージ
  • 楽天Edyアプリによるチャージ

Edy-楽天ポイントカードへのチャージ

Edy-楽天ポイントカードへのチャージ方法には、以下のような方法があります。

  • 現金によるチャージ
  • クレジットカードによるチャージ
  • 楽天Edyアプリによるチャージ
  • ポイントチャージ
楽天カードから楽天Edyチャージで楽天スーパーポイントがどんどん貯まる!

楽天Edyにオートチャージ

楽天Edyのチャージ方法には、いろいろなものがありますが、おサイフケータイ、Edy機能付き楽天カード、Phone+Edyカードの場合には、オートチャージを設定することができます。オートチャージができるのはこの3種類のタイプのみ。

では、このオートチャージにはどのようなメリットがあるのでしょうか?
オートチャージとは、事前に設定したEdy残高が設定した金額を下回ると自動的にチャージを行うというものです。残高やチャージする金額については設定を行うことが可能。自分の都合に合わせた金額で行うことができます。

現金チャージなどの場合は自分でチャージをしなければなりませんが、オートチャージは事前に設定した残高を下回ると自動でチャージされるので、いちいちチャージしなくてもよいというメリットがあります。そのため、チャージし忘れて利用できないなどということもなくなります。毎回チャージをするのが面倒だという方におすすめです。

おサイフケータイの場合

おサイフケータイでオートチャージを設定する場合に、オートチャージに設定することができるチャージ方法は、クレジットカードでのチャージ、楽天IDでのチャージ、銀行口座振替でのチャージとなっています。アプリから「チャージ設定」をタップして「オートチャージ設定」から設定を行います。

Edy機能付き楽天カードの場合

Edy機能付き楽天カードの場合でオートチャージの設定を行う必要があります。まずは、楽天e-NAVIにログインしてEdyチャージページに進み、Edyオートチャージを選択して条件の設定を行い、申し込みます。楽天e-NAVIでの申し込み後、オートチャージが使えるように、店舗やファミポート、パソリなどで使えるように設定を行う。

iPhone+Edyカードの場合

iPhone+Edyカードの場合には、オートチャージに設定することができるのは、クレジットカードでのチャージもしくは楽天IDによるチャージです。設定メニューから、チャージ設定をタップしてオートチャージの詳細を設定することで利用できます。

楽天サービスをまとめるなら「楽天ペイ」がおすすめ

楽天系サービスとして「楽天Edy」「楽天ポイント」「楽天キャッシュ」などの電子マネーやポイント、決済サービスがありますが、これらを一つにまとめた「楽天ペイ」というアプリがおすすめです。

楽天ペイ

特徴

楽天ペイは、クレジットカードと同期させて使うスマホ決済サービスです。他のスマホ決済サービスのように銀行口座と紐づける機能はなく、基本的にすべて後払いとなります。 楽天ペイを使用するだけでも楽天ポイントは貯まりますが、登録クレジットカードを楽天カードにすれば、ポイント還元率は0.5%から1.5%になります。 楽天ユーザーなら関連サービスを組み合わせて利用するのがおすすめです。 なお、楽天サービスを利用するためには会員登録(会費不要)が必要となります。この楽天会員には「会員ランク」というものがあり、楽天スーパーポイントの獲得回数と獲得ポイント数に応じてお得な特典が用意されているのでぜひチェックしてみてください。

運営会社 楽天株式会社(Rakuten,Inc.)
決済方法 クレジットカードによる後払い
使える代表的なお店(店舗) コンビニ:ローソン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ
飲食店:白木屋、魚民、笑笑、山内農場、千年の宴、和民、PIZZA-LAなど
アパレル:AOKI、Right-on、Stepなど
使える代表的なお店(オンライン) 無印良品、TOHOシネマズ、109シネマズ、BUYMA、DMM、mobageなど
還元率 0.5%(200円利用で1ポイント)
登録クレジットカードが楽天カードの場合は1.5%
楽天ポイント加盟店では2%以上、楽天市場では3%以上

楽天ペイの詳細はこちら

楽天Edyと楽天カードでチャージをお得に

楽天Edyは、事前にチャージをすることで、支払いを簡単かつスムーズに行うことができます。
チャージ方法にはいろいろなものがあり、オートチャージを設定しておけば設定した残高以下になると、自動的にチャージが行われるのでとても便利です。また、楽天Edyへチャージを行う際には、楽天カードから行うとチャージ金額200円ごとに1ポイントが貯まりますし、Edyを利用する際にも200円ごとに1ポイントが貯められるのでお得です。
ぜひ楽天Edyを利用してみてはいかがでしょうか。

楽天カードから楽天Edyチャージでポイントがどんどん貯まる!
今なら最大5000ポイントプレゼント!
Asuka

Asuka

BITDAYS編集部ディレクター・ライター。 2017年10月より仮想通貨界に参入。毎日の情報収集は欠かしません。主に海外からのニュースを担当しています。 最近は「ポイント還元」や「キャッシュバック」という言葉に目がありません。 趣味は映画鑑賞、無類のネコ好きです。