楽天Edyが使えるコンビニは?使い方とチャージ方法も

電子マネーは非常に便利です。事前にチャージをしておけば料金の支払いの際にいちいち小銭などを準備する必要がなく、支払いがスピーディーに行えます。この電子マネーの中でも、よく知られているのが「楽天Edy」です。
楽天Edyが使えるコンビニにはどのようなところがあるのでしょうか?
今回は楽天Edyの使い方やチャージの方法について解説します。

楽天Edyとは?

楽天Edyは、事前にチャージをしておけば、タッチするだけで料金の支払いを簡単に行うことができます。また、利用できる店舗も多くコンビニやスーパーなど全国55万カ所以上の加盟店にて使用することができます。

楽天Edyは、簡単に支払いができるだけでなく、200円につき楽天スーパーポイントが1ポイント付与されます。楽天カードを利用している人も多いでしょうが、楽天カードのEdy機能付きカードを利用することで、ポイントの二重取りをすることも可能です。

楽天カードから楽天Edyチャージで楽天スーパーポイントがどんどん貯まる!

楽天Edyが使えるコンビニは?

楽天Edyは、簡単に支払いをすることができて便利ですが、楽天Edyが使えるコンビニにはどんなところがあるのでしょうか?利用できるコンビニは以下のとおりです。

・セブンイレブン
・ローソン
・デイリーヤマザキ
・ファミリーマート
・ミニストップ
・セイコーマート
・スリーエフ
・ポプラ
・ローソンストア100
・スリーエイト
・くらしハウス
・京阪アンスリー
・沖縄ファミリーマート

楽天カードから楽天Edyチャージでポイントがどんどん貯まる!
今なら最大5000ポイントプレゼント!

コンビニでの楽天Edyによる支払い方法

コンビニにて楽天Edyで支払いをする方法は、とても簡単です。
まず店員に楽天Edyで支払うことを伝えます。あとは、楽天Edy機能付きのカードやおサイフケータイを機械にタッチするだけで支払いは完了です。

コンビニで楽天Edyのチャージをする方法

楽天Edyのチャージ方法はさまざま

コンビニで楽天Edyのチャージをしたいという場合には、どのような方法で行えばよいのでしょうか?
楽天Edyのチャージ方法には以下のようなものがあります。

現金

現金によるチャージです。コンビニはもちろん、全国の10万ヶ所以上の店舗のレジで現金によるチャージを行うことが可能です。
チャージ方法は簡単で、レジで「チャージをお願いします。」と伝えて現金とカードを渡すだけ。店舗によってはEdyチャージャーが設置されており、そちらの機械からチャージをすることができます。

クレジットカード

クレジットカードからも楽天Edyにチャージすることができます。クレジットカード情報を登録することでチャージを行うことができますが、登録方法については利用するEdyの形態によって異なるため公式サイトで確認しておきましょう。

オートチャージ

オートチャージとは、ローソンやファミリーマートなどEdyオートチャージ対象店舗で買い物をする際に、残高が一定の金額以下になると自動でチャージされるというものです。現金によるチャージのように、いちいちチャージする必要がないので便利です。オートチャージはあらかじめ設定が必要となります。

ポイントチャージ

ポイントから楽天Edyにチャージを行うということも可能です。
ポイントチャージは、楽天市場などで貯めることができる楽天スーパーポイントを、1ポイント=1円分として楽天Edyにチャージをするというものです。ただし、気をつけておきたいのが、楽天スーパーポイントの期間限定ポイントはポイントチャージに使えないという点です。その点には注意しておきましょう。

Famiポートチャージ

Famiポートは、ファミリーマートに設置されている機械です。こちらの操作からチャージを行ないます。事前に、楽天カード会員専用のオンラインサービス、または「楽天e-NAVI」で設定を行う必要があります。

Edyアプリを使ってチャージ

楽天Edyアプリをダウンロードすることによって、アプリから残高の確認はもちろんですが、クレジットカードを使ったチャージなどを行なうことができます。楽天Edyアプリに、カードを登録する必要があります。カードを登録しないと利用することができません。また、自分の持っているスマートフォンが対象の機種であるかどうかも確認しておく必要があります。

コンビニでチャージする手順は?

楽天Edyにはさまざまなチャージ方法が用意されていますが、コンビニでチャージを行う場合には、現金によるチャージかFamiポートチャージなどが一般的です。
現金によるチャージの場合は、レジの店員にチャージしたいということを伝えて、チャージする現金とカードを渡してチャージを行ないます。コンビニによっては、レジではなく専用の機械などが設置されている場合もあるので、その場合にはそちらからチャージを行ないます。
対応しているコンビニでないとチャージができませんので注意が必要です。

楽天カードから楽天Edyチャージで楽天スーパーポイントがどんどん貯まる!

楽天サービスをまとめるなら「楽天ペイ」がおすすめ

「楽天Edy」の他にも「楽天ポイント」や「楽天キャッシュ」など、楽天系の電子マネーやポイント、決済サービスがあります。これらを一つにまとめることのできる「楽天ペイ」というアプリがおすすめです。

楽天ペイ

特徴

楽天ペイは、クレジットカードと同期させて使うスマホ決済サービスです。他のスマホ決済サービスのように銀行口座と紐づける機能はなく、基本的にすべて後払いとなります。 楽天ペイを使用するだけでも楽天ポイントは貯まりますが、登録クレジットカードを楽天カードにすれば、ポイント還元率は0.5%から1.5%になります。 楽天ユーザーなら関連サービスを組み合わせて利用するのがおすすめです。 なお、楽天サービスを利用するためには会員登録(会費不要)が必要となります。この楽天会員には「会員ランク」というものがあり、楽天スーパーポイントの獲得回数と獲得ポイント数に応じてお得な特典が用意されているのでぜひチェックしてみてください。

運営会社 楽天株式会社(Rakuten,Inc.)
決済方法 クレジットカードによる後払い
使える代表的なお店(店舗) コンビニ:ローソン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ
飲食店:白木屋、魚民、笑笑、山内農場、千年の宴、和民、PIZZA-LAなど
アパレル:AOKI、Right-on、Stepなど
使える代表的なお店(オンライン) 無印良品、TOHOシネマズ、109シネマズ、BUYMA、DMM、mobageなど
還元率 0.5%(200円利用で1ポイント)
登録クレジットカードが楽天カードの場合は1.5%
楽天ポイント加盟店では2%以上、楽天市場では3%以上

楽天ペイの詳細はこちら

楽天Edyを使いこなしてお得にポイントを貯める

楽天Edyは、電子マネーの中でもよく知られていますし、支払いがとても便利です。また、チャージ方法もいろいろあるので、安心。さらに、楽天市場などで貯まったポイントを楽天Edyにチャージすることができるという点も魅力です。電子マネーなので、コンビニなどでの料金を支払う際に、小銭をわざわざ用意しておく必要がありません。会計をスムーズに行うことができます。事前にチャージしておけば、多くのコンビニやスーパーなどで利用することができ、ポイントが貯まるので、楽天Edyを使いこなしてお得にポイントを貯めましょう。まだ持っていないという人は、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

楽天カードから楽天Edyチャージでポイントがどんどん貯まる!
今なら最大5000ポイントプレゼント!
Asuka

Asuka

BITDAYS編集部ディレクター・ライター。 2017年10月より仮想通貨界に参入。毎日の情報収集は欠かしません。主に海外からのニュースを担当しています。 最近は「ポイント還元」や「キャッシュバック」という言葉に目がありません。 趣味は映画鑑賞、無類のネコ好きです。