電子マネー「Suica(スイカ)」の特徴やメリット、使い方を徹底解説!

近年は日本でもキャッシュレスが進んでおり、その代表的なものとして電子マネーがあります。
種類も豊富で、通勤、通学、コンビニ、さらにはスーパーマーケットなど、さまざまな場所で利用することができます。
今回は、交通系電子マネーの中でも特に多くの方が利用していて、認知度が高い「Suica(スイカ)」について紹介します。

Suica(モバイルスイカ)はこちら

Suicaとあわせてオススメ
 

Suica一体型カードならビュー・スイカカードがおすすめ!
今なら5,000円相当のポイントもらえる

交通系ICカード「Suica(スイカ)」の特徴は?

交通系ICカードの代表格ともされ、首都圏を中心に公共交通機関で利用されているSuica(スイカ)。ここ数年ではスマホにも対応しており、スマホ一つで定期券や乗車券としての利用、買い物の決済ができる便利さが魅力です。

運営会社

JR東日本

利用可能エリア

首都圏だけでなく、北は北海道から、南は九州まで利用可能

使用可能なお店

コンビニ・飲料自動販売機をはじめ、スーパーマーケット・ショッピングセンター、駅ビル、飲食店、娯楽施設など、多様なお店で使用可能です。

キャンペーン

  • 毎週金曜日にJRE POINT5倍
  • ANAの国内線機内販売でSuicaを使うとJRE POINT10倍
  • ビックカメラグループでSuicaで買い物で抽選5,100名様に総額1,000万円分のビックポイントプレゼント

詳しいキャンペーン情報はこちらからご確認ください

ポイント還元率

ポイント還元率は0.5%~1.0%
「Suicaポイントクラブ」に登録しておくと、お買い物でポイントが貯まり、貯まったポイントをSuicaにチャージすることができます。
また、Suicaポイント加盟店で登録済みのSuicaでお買い物をすると、購入金額100円~200円で1ポイントのSuicaポイントを貯めることが可能です。

オートチャージは可能?

Suicaは、オートチャージが可能です。
自動改札機にタッチするだけで、Suicaへ入金(チャージ)をすることができます。
残高が設定金額以下になると、改札入出場時に自動的に入金(チャージ)されるので、残高不足の心配はありません。

Suica(モバイルスイカ)はこちら

Suicaとあわせてオススメ
 

Suica一体型カードならビュー・スイカカードがおすすめ!
今なら5,000円相当のポイントもらえる

Suica(スイカ)を利用するメリットは?

Suicaの特徴について簡単に述べてきましたが、ここからはSuicaを利用することのメリットについてお話していきます。

乗り越しても改札機で自動精算

みなさんは電車を利用していて改札を出るときに残高が足りなくて足止めされてしまったという経験はないでしょうか?
そんな場合でも、Suicaは問題ありません。先ほどもお話ししましたが、お手持ちのSuicaにオートチャージの機能を持たせておけば、改札機で自動精算してくれるため、残高不足の心配はいりません。また、オートチャージ機能を持っていなくても、改札付近にある「のりこし精算機」で不足分をチャージすることができます。

日本全国で電子マネー相互利用可!

SuicaやICOCAなどといった10種類の交通系ICカードは、それぞれ使用できるエリアが決まっています。しかし、10種類のいずれかのカードを所持していていれば、原則として別のICカードエリアでも乗車カードとして利用できる「交通系ICカード全国相互利用サービス」というものがあります。
例えば、Suicaが利用できないエリアであっても、ICOCAが利用できるエリアであれば、Suicaを使用することができるといったサービスです。
出張で全国を飛び回る社会人の方にとっては、有難いですよね。また、PiTaPaのみは、サービス対象外となっています。

店舗での決済がスムーズ

ICカードの一番の特徴は、決済が簡単で、スムーズに行えることです。
コンビニでお金を支払う時に、小銭をなかなか取り出せなくてもどかしい経験をされた方は多いのではないでしょうか。ICカードでの決済はカードをタッチするだけなのでものの数秒で完了します。日頃の小さなストレスもICカードで解消できます。

ポイントが貯まる

これも先ほどお話ししましたが、Suicaでお買い物をすることでポイントが貯まります。ポイント還元率は0.5%~1.0%と決して低くはないので、普段のお買い物からSuicaを使用することで、たくさんのポイントが貯まり、1ポイント=1円で利用できます。とてもお得なサービスですよね。

Suica(スイカ)の利用方法は?

現金でチャージ

Suicaは、駅構内の自動券売機・多機能券売機や、Suicaが利用可能なコンビニ・スーパーマーケットで現金でチャージすることができます。

WEBでチャージ

WEBでもチャージが可能です。入金する際には、「登録済みのSuica」と「FeliCaポート/パソリ」が必要となります。
JR東日本のホームページからSuicaインターネットサービスのページを開き、「登録済みのSuica」を「FeliCaポート/パソリ」に載せ、金額を入力することでチャージが出来ます。
「FeliCaポート/パソリ」を用意する必要がありますが、手間と時間をかけずにチャージすることが出来ます。

アプリでチャージ

モバイルSuicaのアプリからもチャージが可能です。紐付けたクレジットカードから、またApplepayなどのスマホ決済でもチャージすることができます。

Suica(モバイルスイカ)はこちら

Suicaとあわせてオススメ
 

Suica一体型カードならビュー・スイカカードがおすすめ!
今なら5,000円相当のポイントもらえる

セブン銀行のATMでチャージ

セブン銀行のATM、または銀行口座からSuicaへチャージすることができます。わざわざ駅の改札まで行かなくても、オンラインや近くのセブンイレブンでチャージできるのは大きな魅力です。

実店舗で決済

Suicaを持っていれば、コンビになどのちょっとした買い物もスムーズに決済をすることが可能です。お札や小銭をわざわざ出す必要がなく、カードやスマホをレジの端末にタッチするだけで、決済が完了。
通勤途中や朝の忙しいとき、急いでいるときなどに決済を簡単に済ませることができるので、使ってみてはいかかでしょうか。

ネットショッピングで決済

近年利用している人が増えているネットショッピングでも、Suicaで決済することが可能です。
利用可能なお店には、Amazonや楽天などといった、ネットショッピング大手のお店があります。
Suicaで決済することでクレジットカードが不要となり、決済方法を一本化することができます。

Suica(スイカ)に登録したクレジットカードを変更する方法

結婚して名前が変わったり、メインで使いたいクレジットカードが変わったりなど、Suicaに登録しているクレジットカードを変更したい場合もあるでしょう。
登録クレジットカードはSuicaインターネットサービスから変更可能です。モバイルSuicaを使っている方はそのままスマホから登録し直すことができます。
なお、クレジットカード情報を変更した場合、クレジットカードによるチャージは、変更の翌日(24時間後)以降に可能となるので注意してください。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
suica(スイカ)に登録したクレジットカードの変更方法を解説

Suica(スイカ)が使えるお店は?

Suicaは日本全国のさまざまなお店で利用することができます。一部ですが例を挙げていきましょう。

コンビニ

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど

スーパー

イオン、イトーヨーカドー、ドン・キホーテなど

駅ビル

atre、LUMINE、LaLaportなど多数

飲食店

いきなりステーキ、ガスト、かっぱ寿司、すき家など多数

ライフスタイル

クスリのアオキ、ビックカメラ、マツモトキヨシなど多数

Suica(スイカ)一体型のクレジットカードがおすすめ

急いでいるときに限って残高不足により改札で止められてしまうことがありますよね。
日々のチャージを気にする心配をなくしてくれるのがSuica付帯のクレジットカードです。
オートチャージが設定できて便利なうえ、利用金額に応じてポイントが還元されるので大変お得です。

「ビュー・スイカ」カード

特徴

JR東日本グループの株式会社ビューカードが発行するクレジットカードです。 自動改札を通る際に残高不足だった場合のオートチャージ設定が可能。Suicaチャージ・定期券の購入の度に通常の3倍のポイントが貯まるので、電車を頻繁に利用する人には非常にお得なカードです。 もちろん電車の乗車だけでなく日常の買い物でもポイントを貯めることができ、JRE POINT加盟店でクレジットカード決済をすると、ポイント還元率は2倍になります。 貯まったポイントは、Suicaにチャージ、JRE POINT加盟店での利用、商品券やクーポンに交換などに活用することができます。 さらに、海外旅行の際に必要な海外旅行傷害保険や、きっぷや旅行商品をビューカードで購入すると、改札を入ってから出るまでをワイドに補償してくれる国内傷害保険など付帯サービスも充実しています。

「ビュー・スイカ」カードのスペック

国際ブランド JCB、VISA、Mastercard
ポイント還元率 通常の買い物・公共料金の支払い:0.5% JR東日本での定期券購入・Suicaオートチャージ・切符購入:1.5%
ポイントの種類 JRE PONT
年会費 本人会員:477円(税抜) 家族会員:477円(税抜)
審査基準 日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。(未成年の方は親権者の同意が必要です。)ただし、高校生の方はお申込みいただけません。
発行期間 最短1週間

ビックカメラSuicaカード

特徴

「ビューカード」とビックカメラが提携し、発行するSuica一体型クレジットカードです。ビックカメラでの買い物時にビックポイント10%還元となるので大変お得です。ビックポイントの使い道としては、1ポイント1円としてビックカメラでの買い物に使えるほか、ビックポイント1,500ポイントでSuicaに1,000円分チャージすることもできます。

ビックカメラSuicaカードのスペック

国際ブランド JCB、VISA
ポイント還元率 1% (カード利用1,000円につきビックカメラのビックポイント5ポイント(還元率0.5%)+JREポイント5ポイント(還元率0.5%)) なお、ビックカメラでの買い物時にはビックポイントを10%還元
ポイントの種類 ビックポイント、JRE PONT
年会費 初年度:無料 2年目以降:477円(税抜) 前年度にカード利用があった場合は2年目以降も無料
審査基準 日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。(未成年の方は親権者の同意が必要です。)ただし、高校生の方はお申込みいただけません。
発行期間 最短1週間

JREカード

特徴

アトレ・アトレヴィ、テルミナ、ペリエ、エクセル、エスパル、フェザンなどのJRE CARD優待店やショッピングサイト「JRE MALL」でクレジット決済すると、100円につき3ポイント、さらに利用月の翌月中旬に1,000円(税込)につき5ポイントが貯まります。JR東日本グループの駅ビルをよく利用する方はポイント還元率3.5%になるのでおすすめです。

JREカードのスペック

国際ブランド JCB、VISA、Mastercard
ポイント還元率 通常の買い物・公共料金の支払い:0.5%
JR東日本での定期券購入・Suicaオートチャージ・切符購入:1.5%
ポイントの種類 JRE PONT
年会費 初年度:無料
2年目以降:477円(税抜)
審査基準 日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。(未成年の方は親権者の同意が必要です。)ただし、高校生の方はお申込みいただけません。
発行期間 最短1週間

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
Suica一体型クレジットカードのメリットとは?おすすめ5選

普及率No.1!Suica(スイカ)を使いこなす

以上のように、電車賃の精算だけでなく、さまざまな場所で、さまざな用途でSuicaを利用することができます。キャンペーンや特典も豊富です。利用方法を理解してお得に使いこなしましょう!

Suica(モバイルスイカ)はこちら

Suicaとあわせてオススメ
 

Suica一体型カードならビュー・スイカカードがおすすめ!
今なら5,000円相当のポイントもらえる