交通系ICカード「TOICA(トイカ)」の特徴やメリット、使い方を徹底解説!

近年は日本でもキャッシュレスが叫ばれており、実装もされています。その代表的なものとして、電子マネーがあります。種類も豊富で、通勤、通学、コンビニ、さらにはスーパーマーケットなど、さまざまな場所で利用することが出来ます。
今回は、東海地方の多くの方が利用している「TOICA(トイカ)」についてお話していきます。 

TOICA(トイカ)の特徴は?

①運営会社
  JR東海

②利用可能エリア
  名古屋・静岡といった東海地方だけでなく、首都圏を中心としたSuica・PASMOエリアや、関西圏のICOCAやPiTaPaエリアなど、全国の主な交通機関で利用可能です。

③使える店
  JR東海をはじめ、コンビニはもちろん、飲食店やスーパーマーケット、レンタカーショップでも使用可能です。詳しくは後ほどお話しします。

④実施中のキャンペーン
  実施中のキャンペーンはありません。

⑤ポイント還元率
  TOICAには、ポイントがありません。他のICカード同様、さまざまなお店で決済できるので、小銭の支払いなど煩わしい手間がなくなります。

⑥オートチャージは可能か?
  TOICAは、オートチャージ機能を持っていません。クレジット機能も備えておらず、現金でのチャージのみ可能です。

TOICA(トイカ)を利用するメリット

乗り越しても改札機で自動精算

 みなさんは、電車を利用していて乗り越してしまった経験はないでしょうか。
 そんな場合でも、TOICAであれば問題ありません。TOICAは、下車駅の改札機で出場時に、必要な運賃をカード残高から引き去ります。もし残高が不足していいても、駅構内にある自動精算機または入金機でチャージすることが出来ます。

日本全国で電子マネー相互利用可!

ICOCAは、JR東海が運営しているため東海地方でしか使えないと思われがちですが、首都圏を中心としたSuica・PASMOエリアや、関西圏のICOCAやPiTaPaエリアなど、全国の交通機関で利用することが出来ます。出張で全国を飛び回るサラリーマンには嬉しい仕組みですね。また、PiTaPaのみサービス対象外となっています。注意しておきましょう。

店舗での決済がスムーズ

 ICカードの一番の特徴は、決済が簡単で、スムーズに行えることです。
 コンビニでお金を支払う時に、小銭をなかなか取り出せなくてもどかしい経験をされた方は多いのではないでしょうか。ICカードでの決済はカードをタッチするだけなのでものの数秒で完了します。日頃の小さなストレスもICカードで解消できます。ICOCAはコンビニやスーパーマーケットなど、普段よく利用するお店で決済が可能なので、とても便利です。

ポイントが貯まる

 TOICAはポイントを貯めることが出来ません。他のICカードにはポイントが貯まるものが多いですが、TOICAは支払いのみに特化したICカードです。

TOICA(トイカ)の利用方法

現金でチャージ

 TOICAの表示がある自動券売機、自動精算機、入金機でチャージすることが出来ます。さらに、利用可能エリアの一部店舗でも現金でのチャージが可能です。店舗でもチャージできるのはありがたいですよね。また、チャージ金額は1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円から選択でき、残高上限は20,000円です。

WEBでチャージ

 WEBでチャージすることは出来ません。

オートチャージサービスも!

 TOICAは、オートチャージ機能を持っていません。クレジット機能も備えていないため、現金のみでのチャージが可能です。

実店舗で決済

 普段からよくコンビニを利用する方もいらっしゃると思いますが、TOICAを持っていれば、スムーズに簡単に決済をすることが出来ます。お札や小銭をわざわざ出す必要がなく、カードを端末にタッチするだけで、決済が完了します。通勤中で急いでいるサラリーマンの方などは、すぐに決済を済ませることが出来るので、使ってみてはいかかでしょうか。

ネットショッピングで決済

 近年利用者が急増しているネットショッピングですが、TOICAで決済することはできません。

TOICA(トイカ)が使えるお店は?

 ①JR東海グループ・・・リニア・鉄遊館、Kiosk、東京駅一番街、JR高島屋など
 ②コンビニ・・・セブンイレブン、デイリーヤマザキ、ファミリーマート、ローソン
 ③飲食店・・・ガスト、松屋、世界の山ちゃん、コメダ珈琲店、すき家、吉野家など
 ④スーパーマーケット・・・イトーヨーカドー、マツモトキヨシ、LaLaportなど多数。
 ⑤その他・・・オリックスレンタカー、ヤマト運輸、富士サファリパークなど
 レンタカー会社や運送会社でも使用可能なICカードは少ないため、特徴的です。

東海地方に住むならTOICA(トイカ)を使いこなそう!

 東海地方の交通機関のみならず、TOICAを利用できるお店はたくさんあります。TOICAで普段のお支払をスムーズに、ノンストレスで済ませてみませんか?また、遠くに通学するお子さんがいる家庭もあるでしょう。クレジット機能やオートチャージ機能は備えていませんが、子どもに持たせるなら安心です。TOICAで普段の暮らしをより快適にしましょう!

東海エリアでのSuica利用は

TOICAはWEBからのチャージができないだけでなく、クレジットカードからのチャージにも非対応のため、クレジットカードの利用によるポイントを貯めることができません。主に関東圏での使用イメージのあるSuicaですが東海エリアで使用した場合はどうなるかをご紹介します。

Suicaの機能の売りでもあるオートチャージ機能は使えなくなってしまいますが、全国の交通系ICとが互換性があるため、利用すること自体は全く問題はありません。ただし現金でチャージしてしまってはSuicaを西日本で利用するメリットがありません。

モバイルSuicaを使用してビュー・カードからチャージを行う場合、
1.5%の還元率でポイントが貯まります。モバイルSuicaはビュー・カード以外のクレジットカードと組み合わせる場合は利用料金が発生しますが、ビュー・カードであれば基本料金がかかりません。JR東日本とJR東海の境目は熱海駅や甲府駅ですので、住んでいるエリアや勤務先によってはSuicaが便利なケースも出てくるかもしれません。

東海エリア在住の方でもモバイルSuicaの導入も検討されてみてはいかがでしょうか。

「ビュー・スイカ」カード

特徴

JR東日本グループの株式会社ビューカードが発行するクレジットカードです。自動改札を通る際に残高不足だった場合のオートチャージ設定が可能。Suicaチャージ・定期券の購入の度に通常の3倍のポイントが貯まるので、電車を頻繁に利用する人には非常にお得なカードです。もちろん電車の乗車だけでなく日常の買い物でもポイントを貯めることができ、JRE POINT加盟店でクレジットカード決済をすると、ポイント還元率は2倍になります。貯まったポイントは、Suicaにチャージ、JRE POINT加盟店での利用、商品券やクーポンに交換などに活用することができます。さらに、海外旅行の際に必要な海外旅行傷害保険や、きっぷや旅行商品をビューカードで購入すると、改札を入ってから出るまでをワイドに補償してくれる国内傷害保険など付帯サービスも充実しています。

「ビュー・スイカ」カードのスペック

国際ブランドJCB、VISA、Mastercard
ポイント還元率通常の買い物・公共料金の支払い:0.5%JR東日本での定期券購入・Suicaオートチャージ・切符購入:1.5%
ポイントの種類JRE PONT
年会費本人会員:477円(税抜)家族会員:477円(税抜)
審査基準日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。(未成年の方は親権者の同意が必要です。)ただし、高校生の方はお申込みいただけません。
発行期間最短1週間

「ビュー・スイカ」カードについて詳しくはこちら

CATEGORY

TOICA(トイカ)

投稿が1件も見つかりませんでした。