スマホ決済は簡単・早い!メリットや使い方、おすすめアプリ、使えるお店は?

おサイフケータイやモバイルSuica、Apple PayやGoogle Payなど、スマホで支払いができる機能が今や当たり前となっています。
しかし、2018年5月に行われた調査によると、実際に利用している人の割合はスマホを持っている人のうち2割に満たないほど少ないという現状です。

一方で2020年に向けて日本政府がキャッシュレス化を推進している働きもあり、スマホ決済に注目が集まっています。
スマホ決済について、メリットをはじめスマホ決済の方法、おすすめアプリや使えるお店などについて詳しく紹介します。

スマホ決済とは?


財布やクレジットカードを持ち歩かなくても、スマホだけあればショッピングやサービスの利用ができるという便利なスマホ決済。
レジにスマホをかざしたり、アプリでQRコードを読み取る(読み取ってもらう)だけで、ほんの数秒で完了できるスマートな支払い方法です。
交通系ICを登録すれば電車やバスもスマホ一つで乗り降りできるため、ICカードを忘れたり紛失したりということもありません。

国内のほとんどの世代でスマホが普及している現代、スマホ決済は便利で簡単、メリットが多い支払い方法として人気を集めています。

スマホ決済の種類は大きく分けて2つ

スマホ決済には、大きく分けると以下の2種類があります。

NFC(非接触型IC決済)

スマホを専用端末にかざすことで決済できる方法です。SuicaやEdy、Apple Pay、Google Pay、おサイフケータイなどがこちらに分類されます。
スマホの決済アプリに電子マネーやクレジットカードを登録することで利用できるようになります。
「FeliCa(フェリカ)」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、こちらはNFCの一種で、「Suica(スイカ)」をはじめとする交通系ICカードや「WAON(ワオン)」、「nanaco(ナナコ)」といった電子マネーカードに採用されているソニーの技術です。スマホにモバイルFeliCaが搭載されていれば、スマホをカードリーダーにかざすだけで決済完了。
ただし、スマホの機種によってできるものとできないものがあるので注意が必要です。

QRコード決済

画面に表示されるQRコードを読み取る(読み取ってもらう)ことで決済が完了する方法です。QRコード決済にも2つのパターンがあり、「お店に置かれたQRコードをユーザーが読み込む」パターンと「お店にスマホ決済サービスで発行されたQRコードを読み取ってもらう」パターンです。
どちらの場合も店員さんやアプリの指示通りに進めれば難しいことはありません。今人気の「PayPay(ペイペイ)」、「LINE Pay(ラインペイ)」、「ORIGAMI Pay(オリガミペイ)」などはこちらに分類されます。

 

スマホ決済の支払い方法は3つ

スマホ決済は、支払い方法によって以下の3タイプに分けることができます。

前払い方式(プリペイド、チャージ)

「プリペイドカード」をイメージすると分かりやすいように、事前に入金しておかないと利用できません。チャージが面倒になることがありますが、クレジットカードと連携させたオートチャージ機能もあります。
また、利用する金額だけをチャージしていれば、使いすぎることがないのでお金の管理がしやすいのがメリットです。
プリペイド式の電子マネーといえば、「Suica(スイカ)」「WAON(ワオン)」「Edy(エディ)」などが挙げられます。

後払い方式(ポストペイ)

「ポストペイ」と呼ばれ、クレジットカード代金と一緒に1ヶ月分の利用額を毎月決められた期日にまとめて支払う方式です。
チャージを行う必要がなく、スマホにクレジットカード情報を登録しておけばいつでも簡単に決済可能。また、普通のクレジットカードのように暗証番号を入力したり、サインを書く必要もないので便利です。
ポストペイ型の電子マネーには「iD(アイディ)」や「QUICPAY(クイックペイ)」などが挙げられます。

即時支払い方式(リアルタイムペイメント)

「デビットカード」に代表されるこのタイプは、決済と同時に登録してある銀行口座の残高からすぐに支払われる仕組みになっています。
2019年5月にサービス開始予定の「ゆうちょPay」が即時支払い方式です。
QRコードを読み取ると、利用した金額が銀行口座からリアルタイムで引き落とされます。口座に入ってる金額以上は利用できないためお金の使いすぎを防げるのがメリットです。

 

スマホ決済のメリットとデメリット

便利で手軽に利用できるスマホ決済には多くのメリットがあります。
メリットに比べてデメリットは少ないですが、どちらも知っておくことで決済方法を使い分けることも可能です。

スマホ決済のメリット

アプリ一つで完結

スマホ決済の魅力は、決済やポイントカードなど複数の役割をスマホに集約できることです。
最近ではお店ごとにアプリがあり、バーコードを読み取ってもらうだけでポイントが貯まるスタイルが広がっています。
さらに決済履歴はアプリから簡単に確認することも可能。カードの請求書を見て初めて使いすぎに気づくなんてことも防ぐことができます。

決済が早い

スマホ決済はスマホを専用の端末にかざす、またはQRコードを読み取る(読み取ってもらう)だけ、たった数秒で決済が完了します。

・カバンから財布を取り出す
・必要な現金を渡す
・お釣りを受け取り財布に戻す
・財布をカバンにしまう

この一連のやり取りをすべて短縮できるため、とにかく早いのが魅力です。

簡単に利用できる

スマホ決済に対してハードルが高いと感じている人は少なくないようです。
しかし実際はアプリをダウンロードしたりクレジットカード機能を登録するだけなど、とても簡単。
たった数分でスマホ決済を利用する準備が整います

決済金額に応じてポイント還元

クレジットカードやネットショッピングと同様、スマホ決済でもポイントがつく場合もあります。
例えば楽天ペイやd払いなどはそれぞれのポイントが貯まる・使えるといったメリットが。
さらにウォレットアプリKyash(キャッシュ)ではアプリの利用で支払い金額の2%をポイント付与、さらに登録したクレジットカードのポイントも還元されるためポイントの二重取りが可能になるなど、お得に利用できるアプリも多数リリースされています。

スマホ決済のデメリット

スマホ決済のデメリットはほとんどないと言えます。
強いて言うなら、日本はまだまだキャッシュレス化が遅れているため、使える場所が限られてしまうということ。そしてもう一つは、決済の後に紙のレシートが発行されないという点です。現金に比べてお金を使っている感覚が薄れてしまうため「何にいくら使っているか」を把握しておかないと使いすぎてしまうことがあります。
しかし、日々キャッシュ化への動きは強まっており、スマホ決済に対応する店舗や施設は順次拡大中。また、レシートが発行されない代わりにデータとしてスマホ上で使用額の管理ができるので、これらはさほど大きな問題ではないでしょう。

スマホの充電に注意!

便利・早い・簡単・お得などいくつものメリットがあるスマホ決済ですが、注意したい点もあります。
今やさまざまな役割がスマホに集約されているため、スマホの充電が減りやすくなっています。スマホ決済の場合、充電がなくなると使えません。電池の残量はこまめにチェックしておいた方がいいでしょう。

 

スマホ決済ができるおすすめアプリ

いくつものアプリやサービスがそれぞれキャンペーンを実施するなどして、高い注目を浴びているスマホ決済。
おすすめのスマホ決済アプリをご紹介します。

PayPay(ペイペイ)

2018年12月に「100億円あげちゃうキャンペーン」で一躍話題になったPayPay。このキャンペーンでスマホ決済デビューした人も多いそう。
Yahoo!とソフトバンクが提携しているサービスで、今後も新しいキャンペーンを行うことも示唆しています。

運営会社 PayPay株式会社
決済方法

・PayPay残高(銀行口座からチャージが可能)
・Yahoo!マネー
・クレジットカード

使える代表的なお店(実店舗)

飲食店:魚民、白木屋、笑笑、月の宴、山内農場、和民など
家電量販:エディオン、ジョーシン、ビックカメラグループ、ヤマダ電機など
コンビニ:ファミリーマート、ミニストップ、ポプラ
その他;アインズ&トルペ、GENKY、HISなど

使える代表的なお店(オンライン) 今後、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、LOHACOに対応予定。
キャンペーン 2019年2月12日~5月31日まで「100億円キャンペーン」実施!
※キャンペーン期間中であっても対象のキャンペーンにおいて、PayPay株式会社の負担する付与金額が100億円に達した場合は本キャンペーンは途中終了。

PayPay(ペイペイ)について詳しくはこちら

PayPayとあわせてオススメ
 

PayPay残高に唯一チャージできるYahoo!カード
今なら10,000円相当のTポイントがもらえる!

楽天ペイ

ショッピングサイトや格安スマホ、銀行などさまざまなサービスを展開している楽天グループが運用する決済アプリ。
楽天ポイントカード対応のお店でなくても、楽天ペイに対応していればポイントを貯めることが可能。対応店舗の多さも魅力の一つです。

運営会社 楽天株式会社(Rakuten,Inc.)
決済方法 クレジットカードによる後払い
使える代表的なお店(実店舗)

コンビニ:ローソン、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ
飲食店:白木屋、魚民、笑笑、山内農場、千年の宴、和民、PIZZA-LAなど
アパレル:AOKI、Right-on、Stepなど

楽天ペイ公式サイトによる加盟店一覧

使える代表的なお店(オンライン) 無印良品、TOHOシネマズ、109シネマズ、BUYMA、DMM、mobageなど
還元率 2018年12月18日現在、200円利用で1ポイントの還元(1ポイント=1円として利用可能)
登録クレジットカードが楽天カードの場合は、100円で1ポイントの還元
キャンペーン 2018年12月18日現在、初回1,500円以上の購入で、300ポイント還元(要エントリー)
そのほか、ポイント倍率があがるキャンペーンを常時実施中

楽天ペイについて詳しくはこちら

楽天ペイとあわせてオススメ
 

楽天ペイと合わせてお得な楽天カード
今なら8,000円相当のポイントがもらえる!

LINE Pay(ラインペイ)

スマホユーザーの多くが利用しているLINEの決済アプリ。
加盟店での買い物の支払いはもちろん、LINEの友達と割り勘、送金などが簡単にできるため飲み会やイベントなど多くのシーンで役に立ちます。

運営会社 LINE株式会社
決済方法

・銀行口座によるチャージ
・LINE Payカード
・コンビニ
・オートチャージ

使える代表的なお店(実店舗)

グルメ:白木屋、魚民、笑笑、千年の宴、山内農場、和民など
ショッピング:ローソン、ファミリーマート、サンドラッグ、阪急百貨店、阪神百貨店、ジョーシン、ゲオ、LOFTなど
エンタメ:ビッグエコー、ジャンカラなど

LINE Pay公式サイトによる加盟店一覧

使える代表的なお店(オンライン) ZOZOTOWN、FOREVER21、HMV ONLINE、ラクマ、出前館、LINE STOREなど
キャンペーン 初めての銀行チャージ1,000円以上で、後日500円相当プレゼント!(2019年3月13日時点)

LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら

LINE Payはこちら

LINE Payとあわせてオススメ
 

LINE Payに登録するカードは高還元率がおすすめ!
年会費無料のOrico Card THE POINT

Origami Pay(オリガミペイ)

会員登録料やカード手数料は一切かからない便利な決済アプリ。
Origami Payだから適用される割引もあり、お得に買い物ができます。常時様々なキャンペーンが実施されているので要チェックです。

運営会社 株式会社Origami
決済方法

・銀行口座によるチャージ
・クレジットカード

使える代表的なお店(実店舗) Origami Payは、加盟店が公式サイトに明記されていません。
アプリをインストールすると、近所の加盟店の検索をすることができます。
これはOrigami Payに登録しなくてもおこなえるので、まず近所の加盟店が知りたいという人は、インストールして検索してみましょう。
使える代表的なお店(オンライン) 利用不可
還元率 対象加盟店での利用で支払いが即時半額に!
キャンペーン Origamiアプリにお支払い方法の登録で「大きなツインシュー 113円(税込)」を期間中に先着90万個分プレゼント!(2019年3月31日まで)

Origami Pay(オリガミペイ)について詳しくはこちら

Origami Payはこちら

Origami Payとあわせてオススメ
 

Origami Payに登録するカードは高還元率がおすすめ!
年会費無料のOrico Card THE POINT

ALIPAY(アリペイ)

「アリババグループ」が提供する中国最大規模のオンライン決済サービスのアリペイ。現状はインバウンドの観光客が多く利用しているそうです。
クレジットカードからチャージしプリペイド方式で利用することができ、コンビニやデパート、ホテル、飲食店など幅広い店舗が対応しています。

運営会社 アリババ株式会社(Alibaba.com Japan Co.,Ltd.)
決済方法 クレジットカード
使える代表的なお店(実店舗) ALIPAYの表示があるお店で利用可能
使える代表的なお店(オンライン) ALIPAYの表示があるお店で利用可能
キャンペーン 特になし

ALIPAY(アリペイ)について詳しくはこちら

ALIPAY(アリペイ)はこちら

あわせて読むとオススメ
 

編集部が選ぶQRコード・スマホ決済おすすめ最新アプリ決定版【2019】

d払い

大手三大キャリアの一つ、NTTドコモが提供している決済サービス「d払い」。dアカウントを持っていればドコモユーザーでなくても利用が可能です。
dポイントが貯まる・使えたり、ドコモユーザーは月々の携帯料金と合算することもできます。

運営会社 株式会社NTTドコモ(NTT DOCOMO,INC.)
決済方法 ドコモのケータイ料金とともに請求(後払い)
使える代表的なお店(実店舗)

コンビニ:ローソン、ファミリーマート、ポプラ
ショッピング:高島屋、タワーレコード、ハックドラッグ、JINSなど

d払い公式サイトによる加盟店一覧

使える代表的なお店(オンライン)

Amazon、無印良品、タワーレコード、高島屋オンラインストア、マツモトキヨシ、Yahoo!ショッピング、メルカリ、ラクマ、Jリーグチケット、ジェットスターなど

d払い公式サイトによる加盟サイト一覧

還元率 d払い利用でdポイント最大20倍
キャンペーン 2018年12月18日現在、アプリの利用設定とはじめての支払いで300ポイントプレゼント。
(アプリの利用設定で100ポイント、はじめての支払いで200ポイントの計300ポイント)

d払いについて詳しくはこちら

d払いはこちら

d払いとあわせてオススメ
 

d払いと合わせて使うとお得な三井住友カード
今なら利用金額の20%分をプレゼント!

Paidy(ペイディー)

「オンラインショップで最も簡単に利用できる決済サービス」と謳うPaidyはECサイト向けの決済サービスです。
事前登録・クレジットカード不要!携帯電話番号とメールアドレスだけで決済できるという優れもの。料金は近くの銀行かコンビニでまとめて月に1回支払えばOKです。

運営会社 株式会社Paidy
決済方法

・銀行振込み
・コンビニ

使える代表的なお店(オンライン) ラクマ、SHOPLIST、DMM.com、オタマート、エアトリなど
キャンペーン 2019年3月13日現在、キャンペーンはおこなっていません。

Paidy(ペイディー)について詳しくはこちら

Paidyはこちら

pring(プリン)

Pringは銀行の口座と紐づく決済アプリ。決済で使用した料金は即座に銀行口座から引落されます。個人間の送金にも利用でき、受け取ったお金は手数料0円で銀行に払い出しも可能。
使った金額を都度確認できるため、うっかり使いすぎてしまったということも防げます。

運営会社 株式会社pring(pring Inc.)
決済方法 銀行口座によるチャージ
使える代表的なお店(実店舗) 随時拡大
使える代表的なお店(オンライン) 随時拡大
キャンペーン 紹介キャンペーン実施中!
あなたの紹介によって友達がpringに登録すると、あなたと友達の両方に500円がプレゼントされます。

pring(プリン)について詳しくはこちら

Pringはこちら

Kyash(キャッシュ)

個人間の送金を目的に開発された送金アプリ「Kyash(キャッシュ)」。アプリにクレジットカード情報を登録するだけで送金・請求ができ、手数料は無料、その上VISA加盟店での支払いでは2%のポイント付与があるのでお得です。
また、スマホでVISAプリペイドカードを簡単に発行することができるのも人気の理由です。

運営会社 株式会社Kyash
決済方法

・コンビニで現金をチャージ
・銀行でペイジーを使ってチャージ
・クレジットカードから自動チャージ

使える代表的なお店(実店舗)

・リアルカード:日本全国のVISA加盟店
・バーチャルカード:利用不可

使える代表的なお店(オンライン)

・リアルカード:世界中のVISA加盟店
・バーチャルカード:世界中のVISA加盟店

還元率 VISA加盟店でいつでも2%還元
キャンペーン 2019年3月13日現在、キャンペーンはおこなっていません。

Kyash(キャッシュ)について詳しくはこちら

Kyashはこちら

バンドルカード

誰でも簡単に「ポチッと」するだけでチャージでき、学生でも使えるスマホ決済アプリ
アプリをダウンロードし、最速1分でVisaプリペイドカードをつくることができます。インターネット専用のバーチャルカード、リアルのお店とネットの両方で使えるリアルカード、利用できるお店が多いリアル+(プラス)の3種類のカードがあります。

運営会社 株式会社カンム
決済方法

・コンビニ
・クレジットカード
・ドコモ払い
・銀行ATM
・ネット銀行
・ビットコイン

使える代表的なお店(実店舗)

・リアルカード:日本全国のVISA加盟店
・バーチャルカード:利用不可

使える代表的なお店(オンライン)

・リアルカード:世界中のVISA加盟店
・バーチャルカード:世界中のVISA加盟店

キャンペーン 2019年3月13日現在、キャンペーンはおこなっていません。

バンドルカードについて詳しくはこちら

 

スマホ決済ができるお店は?

キャッシュレスに対応しているお店はここ近年で拡大しています。
コンビニや飲食店、デパートなど街中で見かける多くのお店は何かしらのモバイル決済方法に対応しているといっても過言ではありません。
都心部は特にキャッシュレス化が進んでいるため、スマホ決済ができずに困ることはほとんどないでしょう。
PayPayや楽天Payをはじめ、アプリ上で使えるお店が探せることが多いので、気軽に検索してみてはいかがでしょうか。
スマホ決済ができる主な店舗は以下の通りです。今後ますます普及していくため、使えるお店の数も軒並み増えていくと予想されます。

コンビニ・ドラッグストア

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、ポプラ、ウエルシア、サンドラッグ、ドラッグユタカ、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ、スギ薬局など

飲食店

和民、笑笑、白木屋、はなの舞、甘太郎、松屋、吉野家、すき家、かっぱ寿司、はま寿司、天下一品、ガスト、ジョナサン、バーミヤン、ケンタッキーフライドチキン、マクドナルド、フレッシュネスバーガー、ピザーラ、ピザハット、スターバックス、上島珈琲店など

百貨店・デパート

高島屋、大丸・松坂屋、三越・伊勢丹、PARCO、イオン、イトーヨーカドー、ららぽーと、ルミネ、ヒカリエ、アトレ、Shibuya109、マルイ、阪急阪神百貨店、西武・そごうなど

アパレル・ファッション

ユニクロ、H&M、ZARA、しまむら、洋服の青山、アオキ、はるやま、GAP、マックハウス、Right-on、Step、ANAP、earth music&ecology、Zoff、メガネスーパーなど

レジャー施設

東京ディズニーランド・ディズニーシー、ユニバーサルスタジオジャパン、富士急ハイランド、TOHOシネマズ、ピカデリー/MOVIX、イオンシネマ、タイトーステーション、SEGA(セガ)、ラウンドワン、ビッグエコー、シダックス、カラオケ本舗まねきねこ、自遊空間など

家電量販店

ビックカメラ、ヨドバシカメラ、エディオン、ケーズデンキ、コジマ、ヤマダ電機、ジョーシンなど

その他

LOFT、ドンキホーテ、無印良品、IKEA、ゲオ、タワーレコード、Apple直営店、ミュゼプラチナム、アート引越しセンター、JapanTaxiなど

 

気軽に始められるスマホ決済!

簡単に始めることができメリットの多いスマホ決済。今後は急速に普及していくといわれています。
お得なキャンペーンをしているアプリやサービスも多く、使用料・手数料もかかりません
スマホさえあれば気軽に利用できるため、ぜひお試ししてみてはいかがでしょうか。

関連記事


 

スマホ決済は簡単・早い!メリットや使い方、おすすめアプリ、使えるお店は?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11