スマホ決済

スマホ決済の今後とは?お得になる加盟店向け銘柄をチェック!

現金を持たないキャッシュレス化が推進される中で、新しい決済方法として注目されている「スマホ決済」。財布を持たなくてもスマホ1つでお買い物ができることで、よりスムーズかつスマートな支払いが可能になります。
各社新規参入が進む中で、競争が激しくなっているスマホ決済業界。今後さらに成長することが予想できるでしょう。
今回はスマホ決済のメリットやスマホ決済に参入している銘柄をチェックします。

スマホ決済は簡単・早い!メリットや使い方、おすすめアプリ、使えるお店は?

スマホ決済とは

「スマホ決済」とは、スマホを使って買い物の支払いをすることを指します。現金を使わなくても支払いができ、いわゆるキャッシュレスが可能となります。

スマホ決済には主に非接触型決済とQRコードがあります。非接触型決済は、スマホを決済端末にかざすことで支払いを行う仕組みです。QRコードは、店側が提示したQRコードを、客側がスマホカメラで読み取って支払いを行います。

スマホを使った支払いができるという点では、両者は共通しており、現状数多くの企業がスマホ決済に参入しています。

スマホ決済の今後はどうなる?

現金を持たないキャッシュレス化が積極的に進められている中で、スマホ決済の成長とリンクして、スマホ決済を導入する店舗が増加しています。

店側としても、新しい決済方法として注目を集めたい意図もありますが、今後さらに
キャッシュレス化が進む中で、店舗がスマホ決済に対応していることが重要になってくると考えられています。

今後、現金だけのお店はどんどん減っていくでしょう。クレジットカードや電子マネーだけではなく、スマホ決済への対応がマスト化していくことが指摘されています。

販売店にもメリットがあるスマホ決済

スマホ決済の導入が今後重要になるとはいっても、店側に明確なメリットがなければ、導入を躊躇するでしょう。
ただ、スマホ決済には、さまざまなメリットがあり、それはユーザー側だけではなく、店側のメリットも多くあります。

ここでは、販売店向けのスマホ決済のメリットは何なのかまとめていきましょう。

釣銭間違いが減る

現金を使わないスマホ決済。レジでのやり取りで現金を扱わない分、釣銭の額を間違えるといったリスクが減ります。
スマホで自動的に決済が行われるため、店員の負担も減りますし、レジの現金が合わなくなる事態も減らせます。

手数料が安い

スマホ決済の魅力は手数料が安いことです。一般的にクレジットカード対応などへの決済手数料は3%以上が相場となっていますが、競争が激化するスマホ決済では、決済手数料がほとんどかからないサービスも提供されています。

今は、スマホ決済業界自体が拡大期にあることも手数料を下げる要因となっています。企業によっては期間限定で決済手数料を0%に設定しているところも多く、各社加盟店拡大に向けて積極的なメリットを提供していることが指摘できるでしょう。

インバウンドの集客に繋がる

国内では、まだまだ発展途上のスマホ決済ですが、特に中国では、スマホ決済が主流になるほど成熟を迎えています。
日本に旅行に来る中国人観光客が買い物をする際、スマホ決済に対応しているというのは、非常に大きなメリットがあるでしょう。

スマホ決済を導入することで、インバウンド消費を喚起できるという部分でも、スマホ決済は注目を集めています。

スマホ決済導入におすすめの銘柄5選

ここからは、スマホ決済導入におすすめとなる銘柄を5つ紹介していきます。
スマホ決済を導入する上でも、参考になりますし、今後成長が期待されるスマホ決済の銘柄は細かくチェックしておいたほうがいいでしょう。

PayPay(ペイペイ)

PayPayは、ソフトバンクとヤフーの子会社でもある企業です。大規模なキャンペーンを打ち出しながらユーザーを着実に獲得しており、スマホ決済の中でも、高い知名度を誇っています。

PayPayのメリットとしては、積極的なキャンペーンを打ち出すことによって、集客効果が期待できるということです。ユーザー側も還元キャンペーンなどがあるから、スマホ決済を使って、お買い物を積極的にしようとなっており、店側にとっても導入メリットの大きな銘柄です。

また、導入にあたっても、PayPayでは、導入費用、決済手数料、入金手数料が全て0円で行えます。決済手数料は2021年9月30日まで無料なので、導入するなら今がチャンスといえます。

楽天Pay(ペイ)

幅広いネットサービスを展開している楽天からリリースされたスマホ決済「楽天ペイ」。
楽天ポイントを支払いに使えるなど、各種サービスと連携した強みを持っています。

普段のお買い物から、ネットショッピングでの支払いにも対応しており、専用の決済端末はスマホ決済のみならず、クレジットカード、電子マネーにも対応するカバー範囲の広さも特徴です。

楽天ペイでは、店舗側に導入サポートとして、決済端末を実質0円で購入できるキャンペーンを実施しています。こちらも導入ハードルが低いスマホ決済です。

メルペイ

メルペイは、人気フリマサービス「メルカリ」が新しくリリースしたスマホ決済です。
ユーザーは、メルカリで物を売って得たお金をメルペイにチャージして使うことができ、このことが、潜在的な利用客を抱えているという強みになっています。

初期費用も0円で、決済手数料は1.5%と業界の水準よりも安い設定です。また、電子マネーのiDと連携することで、加盟店の多さに特徴があります。

メルペイについて詳しくはこちら

今なら決済手数料が0%、さらに決済金額の5%がキャッシュバック

メルペイ加盟店お申し込みはこちら(無料)

LINE Pay(ラインペイ)

LINEPayは、若者を中心に人気を集めているメッセージアプリ「LINE」から生まれたスマホ決済サービスです。
キャッチーなイメージと、積極的なクーポン・キャンペーンで利用を促進しており、こちらも集客効果が高く望めます。また、メッセージアプリであることを活かして、スマホ決済だけではなく、メッセージ機能による販促活動など、トータルでのメリットが大きいサービスです。

また、LINEPayも導入費用、決済手数料など0円(決済方式による)を打ち出しており、導入ハードルが低いのが特徴です。決済手数料は2021年7月31日まで無料となっています。

LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら

併せてオススメ

LINEモバイル、新規契約でLINE Pay残高・LINEポイント5,000円相当をプレゼント

au PAY

auPayは、スマホキャリアの「au」が新しくスタートさせたスマホ決済です。
au内で貯まる「auwalletポイント」をauPayにチャージさせる機能を持ち、これまであまり有効的な使い方が少なくサービス全体で貯まっていた「auwalletポイント」がスマホ決済に流れ込むことで、店側にも集客効果が期待できます。

auPayも導入費用、決済手数料、入金手数料0円を打ち出しており、決済手数料0円は2021年7月までです。

au PAYはこちらから

あわせて読むとオススメ
 

編集部が選ぶQRコード・スマホ決済おすすめ最新アプリ決定版【2019】

店舗もスマホ決済がお得!おすすめ銘柄を導入しよう


店舗にとっても、業務効率化や集客効果など、さまざまなメリットが考えられるスマホ決済。業界が活気づく中、導入するなら今が良いタイミングといえます。
業界の成長と共に、サービスを提供している企業も成長することも考えられますし、スマホ決済を提供している銘柄は細かくチェックしておくといいでしょう。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!