スマホ決済アプリの種類は?加盟店おすすめキャンペーンを比較

スマホ1つで簡単に支払いができる「スマホ決済アプリ」。現金を持たないキャッシュレス化を推進する上で、さまざまなサービスが生まれています。
スマホ決済アプリは、ユーザーはもちろんですが、導入するお店にとっても重要なものですよね。どのような種類があるのか、どのようなメリットがあるのか、事前に知っておきたいことはたくさんあります。
今回はスマホ決済アプリの種類や加盟店に適用されるキャンペーンを比較します。

スマホ決済は簡単・早い!メリットや使い方、おすすめアプリ、使えるお店は?

スマホ決済の種類は?


スマホ決済サービスは、ここ1、2年で数多くの企業が参入をしてきました。スマホを使ってお買い物ができるという意味ではわかりやすいですが、具体的な仕組みとして、スマホ決済には、2つの種類があります
それぞれの種類の特徴を知って、導入する上での判断基準にしてみてください。

NFC(非接触型IC決済)

NFC(非接触型IC決済)とは、利用者側のカードやスマホなどの端末・媒体と店舗側の決済端末との間で、無線を使って決済を行う仕組みを指します。
スマホ決済においては、スマホに表示させた「バーコード/QRコード」を店側がスキャンして決済を行う形や、スマホ自体を店側の端末にかざすことで決済を行う形が挙げられます。

日本では、suicaや電子マネーなどが幅広く利用されています。スマホをかざすタイプのサービスとしては、「ApplePay」などが代表的です。

画面に表示させた「バーコード/QRコード」を読み取るサービスとしては「PayPay」「LINEPay」「楽天Pay」「Coiney(コイニー)」「Airペイ(エアペイ)」などで利用できます。
メリットとしては、ユーザー側の決済にかかる手間が少ないというものが挙げられますが、店側にとっては、導入する上で端末などの費用がかかるというデメリットもあります。

QRコード決済

「QRコード決済」は、NFC(非接触型IC決済)での「QRコード読み取り」とは異なり、店側が提示したQRコードを、利用者がスマホカメラを使って読み取り決済を行うという仕組みです。
店側にとってみれば、QRコードが書かれてあるものを用意するだけなので、導入コストは非常に安くなるメリットがありますが、ユーザー側にとっては、スマホカメラで読み取るという手間がかかります

QRコード決済に対応しているスマホ決済サービスとしては「PayPay」「LINEPay」「楽天ペイ」などが挙げられます。

スマホ決済をお店に導入するには?

現金よりも手間がなく、ユーザーにとってはスマートなお買い物ができる一方で、店舗側にとっても売上金の集計の自動化など、効率化を図ることも可能なスマホ決済。
導入を検討している事業者も多いでしょう。ここでは、基本的なスマホ決済の導入方法についてまとめていきます。

まず、導入に向けて申込みをすることになりますが、多くの場合、オンライン上からできます。必要事項を記入し、申込内容を送信します。
そこからサービスごとに審査が行われます。これはスマホ決済を導入する上で、適しているかどうかが見られ、基本的に記載内容に誤記などがなく、サービス側が導入できない条件に引っかかっていなければ通ります。
その後、審査結果がメールなどで届き、導入に向けた初期設定を行います。

その際には、必要な端末やQRコードが記載されたスタンドなどを用意するか、送付されることになります。
これらの作業を終えれば、スマホ決済の導入が完了し、利用開始となります。

必要となる費用としては、専用の決済端末や店舗用のスマホ決済アプリを利用するための端末を使う場合に発生します。
ただPayPayのように、QRスタンドとスマホだけが必要となる場合、導入費用が全くかからないといったサービスもあります。

また、そのほかに必要な費用としては、「決済手数料」や「入金手数料」などが挙げられます。
ただ、スマホ決済の特徴としては、導入費用やランニングコストなどの面では、クレジットカードよりもコストが低いと言われています。

人気のスマホ決済アプリ・加盟店キャンペーンを比較

スマホ決済アプリの仕組みや、導入方法などが理解できたところで、ここからは、人気のスマホ決済アプリが実施している加盟店向けのキャンペーンを紹介していきます。
加盟店にとってのメリットがあるキャンペーンを比較して、導入するサービスを選んでみてください。

PayPay(ペイペイ)

ユーザー側に大規模な還元キャンペーンを実施して話題を集めているPayPayですが、加盟店向けのメリットも用意されています。
PayPayでは、「初期導入費」「決済手数料」「入金手数料」0円を掲げており、決済手数料は2021年9月30日まで、入金手数料は2019年9月30日まで無料となっています。

LINE Pay

若者を中心に人気を集めているメッセージアプリ「LINE」から提供されているスマホ決済サービス「LINEPay」。こちらも決済方式ごとに加盟店向けのキャンペーンが提供されています。
LINEPayでは、「LINEPay据置端末」「プリントQR」「LINEPay店舗用アプリ」「StarPay端末」「POS」「オンライン決済」に対応していますが、それぞれ決済手数料などに期間限定のキャンペーンが盛り込まれています。

決済手数料 導入費用 月額費用
LINEPay据置端末 0%
(2021年7月31日まで)
0円 0円
(利用開始から6ヶ月間)
プリントQR 0%
(2021年7月31日まで)
0円 0円
LINEPay店舗用アプリ 0%
(2021年7月31日まで)
0円 0円
StarPay端末 3.45% 0円 0円
POS ~3.45% 0円 0円
オンライン決済 物販/サービス3.45%
デジタル5.5%
0円 0円

LINE Payはこちら

お得な情報
 

PayPay、新規登録でもれなく500円相当のPayPay残高をプレゼント

楽天ペイ

多様なネットサービスを展開している楽天のスマホ決済サービス「楽天Pay」。実店舗とオンライン決済に対応しています。
楽天Payでは、新規加盟店限定のキャンペーンとして、クレジットカード・電子マネー対応リーダーの購入代金が全額キャッシュバックとなります。
そのほかにも、スマホ決済で利用できるiPadWi-Fiモデルを特別価格で購入できます。

Square(スクエア)

Square(スクエア)は、スマートな端末でクレジットカードの決済ができるサービスです。
こちらでは、決済端末・決済手数料(決済額30万円分)が無料になるキャンペーンを実施しています。

Coiney(コイニー)

Coiney(コイニー)は、クレジットカード、電子マネーの決済ができるサービスで、訪日中国人向けのwechatPayにも対応しています。
こちらでは、決済に使用する端末19,800円が0円になるキャンペーンを2020年5月31日まで実施しています。

Airペイ(エアペイ)

Airペイ(エアペイ)は、クレジットカード、電子マネー、スマホ決済など幅広い決済方法に対応したサービスです。こちらでは、決済に使用するカードリーダーとiPadが0円で提供されるキャンペーンを実施しています。

AirPay(エアペイ)はこちら

あわせて読むとオススメ
 

編集部が選ぶQRコード・スマホ決済おすすめ最新アプリ決定版【2019】

スマホ決済は簡単・低コストで店舗導入できる!

スマホ決済サービスは、導入も非常に簡単ですし、何より低コストなのが店舗側にとって最大のメリットです。
レジの効率化だけではなく、売上金の管理など、あらゆる部分で効率化を図り、労働生産性を向上できます。

さらに、今なら各サービスが実施している加盟店向けのキャンペーンで、さらに低コストで簡単に導入できます。キャッシュレスの波に乗るなら、今がベストタイミングといえるでしょう。

加盟店キャンペーンを活用してスマホ決済を導入しよう!

スマホ決済の種類や加盟店向けのキャンペーンを紹介しました。
スマホ決済の導入を検討されているなら、加盟店キャンペーンが積極的に行われている今がチャンスです。キャンペーンを活用して、便利でスマートなスマホ決済を導入してみてください。


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

この記事に関連するタグ

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信