スマホ決済

JCBのコード決済規格「Smart Code」がLINE Pay、au PAY、メルペイなど導入 1つのコードで複数のスマホ決済対応

ジェーシービー(JCB)のコード決済規格「Smart Code(スマートコード)」において、新たにスマホ決済サービス7種類が採用されることが発表されました。

【PR】Uber Eats(ウーバーイーツ)初回注文は1,000円オフ!

8種類のスマホ決済サービスが「Smart Code」加盟店で対応

「Smart Code」は、1つのQRコード・バーコードで複数のスマホ決済サービスが利用可能な規格です。決済に利用するコードを統一することで、加盟店による決済サービス導入・店頭オペレーションの効率化やユーザーの利便性向上が期待されています。
2020年夏をめどに、JCBが発行するカードのユーザーに対して「Smart Code」へ準拠したコード決済の提供が開始される予定です。

「Smart Code」ではメルペイに加えて新たにLINE Payau PAYゆうちょPay、EPOS Pay、atone、pring、K PLUSを採用することが明らかになりました。
これによりSmart Code加盟店において、それぞれのスマホ決済サービスを利用した支払いが可能になります。また、現時点では「キリン堂」「好日山荘」「コナカ」「DIFFERENCE」「SUIT SELECT」がSmart Code加盟店となる予定です。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら

併せてオススメ

LINEモバイル「学生応援!社会人にもあげちゃう最大5,000円相当プレゼントキャンペーン」実施中

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。