大垣市、市役所窓口でLINE PayとPayPay活用の実証実験実施へ 証明書交付手数料などの納付に対応

岐阜県大垣市が9月〜12月に市役所窓口において、スマホ決済サービスLINE Pay(ラインペイ)PayPay(ペイペイ)を活用した実証実験を実施することが発表されました。

【PR】PayPay、新規登録でもれなく500円相当のPayPay残高をプレゼント

全国の自治体初の試み

実証実験では窓口において、住民票の写しや所得などの各種証明書、火葬場墓地使用料など手数料がLINE PayやPayPayで納付できるとのこと。LINE PayやPayPayを活用した窓口納付は、全国の自治体で初の試みといいます。
実証実験は9月〜12月の期間に実施され、2020年1月から本格実施を目指すとしています。

なお、大垣市ではOrigami Pay(オリガミペイ)やクレジットカードによる市税や各種証明書手数料などの納付にも対応しています。

PayPayの店舗導入はこちら
 

店舗負担0円から始められるPayPay
最短1週間でご利用開始

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

この記事に関連するタグ

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。