LINE Pay(ラインペイ)、楽天ペイなど6サービス、QRコード決済統一規格「JPQR」対応へ

一般社団法人キャッシュレス推進協議会が8月1日(木)3:00より、QRコード決済統一規格「JPQR」においてスマホ決済サービス6種類が対応する旨を発表しました。

【PR】PayPay、銀行口座登録でもれなく1,000円相当のPayPay残高をプレゼント

楽天ペイ、メルペイ、LINE PayなどJPQR移行へ

スマホ決済サービスは、ユーザーが自身のスマートフォンでバーコードを表示し店舗が読み取ることで支払いが可能です。
一方で、この決済形式では店舗側においてJPQR対応のコードと従来型のコードの出し分けが困難なため、キャッシュレス推進協議会から各スマホ決済サービスに対し同一のタイミングでJPQR対応の導入・切替が求められています。

これを受け、8月1日(木)3:00より楽天ペイLINE Pay(ラインペイ)メルペイau PAY・銀行Pay(OKIPay、はまPay、ゆうちょPay、YOKA!Pay)・りそなウォレットの6サービスが「JPQR(利用者提示型・バーコード)」に対応します。
なお8月1日(木)以降もほかのスマホ決済サービスがJPQRへ移行するとしており、年内にさらに6サービスが対応する予定とのことです。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

LINE Payはこちら

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

おすすめ記事

この記事に関連するタグ

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。