スマホ決済

ドコモ、飲食店向けモバイルオーダーシステム提供開始 スマホで注文から決済まで完結

ドコモが本日1月20日(月)より、飲食店向けモバイルオーダーシステム「EasyEat(イージーイート)」の提供を開始しました。

【PR】Uber Eats(ウーバーイーツ)初回注文は1,000円オフ!

多言語表示、Alipay対応でインバウンド利用も可能に

「EasyEat」は飲食店において、スマートフォンで注文から決済まですべてを着席した状態で行えるモバイルオーダーシステムとなっています。これにより、店員の稼働時間削減が期待できます。

ドコモユーザー以外も利用でき、支払い方法はクレジットカードや現金、2020年4月以降はd払いAlipayも選べるようになる予定です。

海外からの来店客が利用できるようメニューは英語で表示可能なほか、2020年4月以降には韓国語と中国語(簡・繁)にも対応予定とのことです。

飲食店は管理画面でメニューや写真を登録可能。メニューは入れ替えられるため、曜日や時間帯によっておすすめメニューを変更するといった活用ができます。
また、売上向上に最適なメニューの検証を実施することでマーケティングにも活かすことが可能です。

なお、将来的にはスマートフォンで飲食店検索・予約から注文・決済までワンストップで行えるサービスを目指すとしています。

関連記事

11月25日(月)、NTTドコモとShowcase Gigはドコモのスマホ決済サービスであるd払いミニアプリの機能拡充と、日本の実店舗領域におけるモバイルオーダーサービスおよびOMOの浸透を目的に資本・業務提携契約を締結しました。【[…]

d払いはこちら

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。