スマホ決済アプリALIPAY(アリペイ)の登録方法、設定方法は?

ALIPAY(アリペイ)は、中国国内で爆発的に利用されている決済アプリです。
中国ではキャッシュレスが浸透しており、2017年のモバイル決済金額は日本円にして約3,450兆円にも及びます。
店舗での買い物や食事の支払いはもちろん、屋台での買い物や地下鉄の乗車、家賃や学費の支払いに至るまであらゆる場面で活用されており、まさに世界最大のモバイル決済大国です。

そんな中国で爆発的な人気を誇るALIPAYですが、日本人でも登録・利用が可能です。
ここではALIPAYに登録する方法及び設定方法を解説していきますので、中国でALIPAYを利用したいと考えている方は是非参考にしてください。

スマホ決済アプリALIPAY(アリペイ)の特徴は?


ALIPAYは、中国の大手ITグループ『アリババグループ』が提供している中国での生活では欠かせない決済アプリです。
アリババ社のオンラインモール『タオバオ』の決済手段として生まれ、現在では生活のあらゆるシーンで利用されています。

ALIPAYには日本国内の決済アプリと同様に、ネットや実店舗で決済を行える機能に加え、様々なサービスが付随しています。
代表的なものとしては、

  • 電話番号のみで送金可能
  • 割り勘代金の請求機能
  • ALIPAYにチャージし、預金サービス「余額宝(ユアペイ)」に入金すると、銀行よりも高い利息が付く

などが挙げられ、送金アプリや預金口座のようにも利用可能で、充実したサービスがALIPAYならではの特徴です。

ALIPAY(アリペイ)の登録方法は?


まずはアプリをダウンロードしましょう。
日本国内からのダウンロードももちろん可能です。

登録方法

アプリをインストールしたら、画面左下の『Sign UP』をタップしましょう。

その後、登録画面に入りますので『AreaCode』を『Japan』に選択し、電話番号を入力します。(090・080から入力してください。)
SNSにて4桁の認証番号が届きますので、それを入力するとパスワード設定画面に移ります。
8桁~20桁までのパスワードを設定する事で登録が完了となります。

銀行口座の登録

アプリをインストールしただけではサービスは利用できません。
銀行口座を登録する必要があるのですが、中国内で開設した銀行口座でしか登録はできませんので注意してください。

銀行口座を登録するには、

  1. アプリの下部にあるタブから『Me』をタップし、『BankCards』をタップ
  2. 『+Add cards』をタップ
  3. 口座番号を入力する
  4. 実名&身分証明書の登録(日本人はパスポートが必須となります)

といった流れで紐づける事が可能です。

ALIPAY(アリペイ)にチャージする方法

中国国内の銀行口座を持っていない方は、クレジットカードを登録してチャージする事が可能です。

クレジットカードの登録方法は、

  1. アプリの画面最下部にあるタブから『Me』をタップし、『BankCards』をタップ
  2. 『+Add cards』をタップ
  3. クレジットカード番号を入力する(国際ブランドのみ対応しているため、VISA・Masterのみ登録可能)
  4. Card info.にて、クレジットカード情報や個人情報を入力
  5. 支払い時に使用する6桁のパスワードを入力

以上を行い、「添加成功」の文字が出れば紐付け完了となります。

1の段階で先に進めない場合はそのクレジットカード自体が対応していません。
5の段階の場合にはクレジットカードは対応していますので、入力した情報のいずれかに不備があります。
郵便番号や電話番号にハイフンを入れたり、ローマ字入力にしてみたりと修正を行えば成功する場合もありますので、何度か試してみると良いでしょう。

また、国際クレジットカードを持っていない方は、
・既にALIPAYを利用している方から送金してもらう
・チャージ代行サービスを利用する(実名認証を行ってくれる所もあります。)
といった方法でもチャージ可能となります。

日本在住の人にも普及していくかも!?


中国で爆発的な人気を誇り、日本国内でも多くの企業が導入しているALIPAYですが、中国人の方と外国人の方ではサービスが異なり、日本人が日本国内で店頭決済を利用はできません。
一部のネットショッピングにしか利用できないため、日本在住の日本人には現状使いやすいサービスとはいえないでしょう。

ですが、ALIPAYは海外への進出も積極的に手掛けているため、いずれは日本人が国内で利用できるようになる可能性もあります。
ALIPAYを導入している企業・店舗も非常に多いので、日本人が国内で利用可能となれば非常に便利になることは間違いありませんので、今後の展開に期待しましょう。

この記事に関連するタグ

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。