スマホ決済「Apple Pay(アップルペイ)」の特徴やメリット、使い方を徹底解説!

iPhoneユーザーの利用者が着々と増加しているApple Pay。
この動きはスマホ決済の人気が高まっているという背景もあり、iPhoneユーザーであれば最低限知っておきたいスマホ決済システムです。

今回は、このApple Payとはどのようなスマホ決済システムなのか、そして利用するメリットや利用方法、実際に利用している方の口コミも紹介しています。

またApple Payを実際に利用できる店舗もいくつか紹介していきますので是非参考にしてみてください。

Apple Payはこちら

併せてオススメ

JCBカードならApple Payの利用で20%キャッシュバック!

Apple Pay(アップルペイ)の特徴は?

運営会社Apple
連携可能な電子マネーSuica、iD、QUICPay
特徴
  • クレジットカードを使ったキャッシュレス決済が楽になる
  • カード情報の登録も査定するだけでオーケー
  • 非常に高いセキュリティを誇る

Apple PayはFeliCaに対応したiPhone(iPhone7以降)だと店舗で利用することができ、Suicaをはじめとした電子マネーからクレジットカードやデビットカードを登録できるようになっています。

また、iPhone5以降の機種とペアリングしたアップルウォッチでも利用することが可能です。

Apple Pay(アップルペイ)を利用するメリット

店舗での決済がスムーズ

Apple Payは一度クレジットカードや電子マネー登録してしまえば、専用の機械にかざすだけで決済が完了します。

Apple Payに対応している店舗数は非常に多く、QUICPay・Suicaなどに対応している店舗(ビックカメラやマクドナルドなど)であれば使用することができ、キャッシュレス決済対応している店舗であれば、ほとんどの場合Apple Payでの決済にも対応しています。

オンライン決済がスムーズ

Apple Payは様々なアプリやウェブサイトで利用することができ、iPhoneで利用できるアプリで直接利用することが出来るアプリも増え続けています。

またオンライン決済の場合はFelica未搭載のiPhone6s以前やMacでも利用することが可能です。

交通機関の利用がスムーズ

Apple Payは交通機関での利用も想定されたスマホ決済システムであり、駅の改札を通るときもICカードをタッチするところにiPhoneをかざすだけで通過できます。

もちろん全国のバスでも利用することができ、乗車する際にICタッチするところにiPhoneをかざすだけで利用できます。

Apple Payはこちら

併せてオススメ

JCBカードならApple Payの利用で20%キャッシュバック!

Apple Pay(アップルペイ)の利用方法


それではApple Payの特徴や利用するメリットがいくつかわかったと思うので、Apple PayにSuicaを登録する方法とクレジットカードを設定する方法の二つを紹介していきます。

クレジットカードの設定

Apple Payにクレジットカードを登録する方法は非常に簡単です。

実際に登録するには以下の手順で行います。

  1. Wallet Appを起動する(初めからインストールされています)
  2. [+]ボタンか[カードを追加]をタップ
  3. 登録するカードの表面をカメラで撮る
  4. セキュリティコードを入力
  5. 利用規約が表示されたら[同意する]をタップ

これでクレジットカードの追加が完了します。
手動入力が必要なのはセキュリティコードのみであるため非常に手軽に追加できるようになっています。

追加したクレジットカードはQUICPay対応の店舗で利用することが可能です。
また、この次に解説するSuicaのチャージにも使うことができます。

Suica(スイカ)の設定

Apple PayにSuicaを登録する方法です。

Suicaを登録する方法は2通りあり、「Suicaを持っていない人」と「SuicaのICカードを持っている人」で手順が異なります。

まず、Suicaを持っていない人がApple PayにSuicaを登録する手順は以下の通りです。

  1. AppleStoreからSuicaアプリをインストール
  2. Suicaアプリを起動して[Suica発行]をタップ
  3. Suica(無記名)をタップ
  4. 取扱規則に[同意する]ボタンをタップ
  5. チャージ金額を選択
  6. Apple Payに追加されているクレジットカードを選択してチャージする
  7. Suicaアプリを閉じて、WalletAppを起動する
  8. [+]ボタンをタップ
  9. Suicaの利用規約が表示されるので、[同意する]をタップ
  10. 残高が表示されるので[完了]をタップ

これで、Suicaの新規登録が完了します。
この方法であればSuicaの発行費用(一時デポジット金)はかかりませんが、はじめて使用するためには最低1000円のチャージが必要ですので、注意しましょう。

一度登録し終わった後はこの制約もなくなり、自由にチャージできるようになります。

また、Suicaの新規登録の手順の途中で、Apple Payに登録済みのクレジットカードが必要になりますので、クレジットカードの登録はまだの方は、上で紹介している方法でクレジットカード追加しておいてください。

次は、「SuicaのICカードを持っている人」の登録手順です。

  1. 駅の券売機などで発行してもらえるSuicaカードを用意しておく
  2. WalletAppを起動する(初めからインストールされています)
  3. アプリを起動すると表示される[+]ボタンをタップ
  4. 追加できる電子マネーの一覧から[Suica]をタップ
  5. カード裏面に書いてあるカード番号の下4桁を入力
  6. の上が青カードの中央部に置いて残高を転送する

この手順で既にスイカを持って行くとの残高を移動させることができ、Suica購入時に支払った一時デポジット金(500円)が追加チャージという形で返金処理されます。

Apple Payに残高を移動させた後のスイカはもう使用することができないため、そのまま廃棄するようにしましょう。

Apple Pay(アップルペイ)の口コミは?


iPhoneユーザーかつApple Payを利用している方のレビューやSNS上でのつぶやきを見ていると以下のような口コミなどがありました

  • Apple Payあればだいたいなんとかなるから便利
  • 券売機でチャージする手間がないのですごく楽
  • Apple Payが便利すぎてAndroidに戻れない

やはりApple Payは電車に乗る際にも使えるうえに対応している店舗も非常に多いので、一度Apple Payを使ったキャッシュレス決済に慣れてしまうと、いい意味でなかなか離れられないものとなっています。

また、Apple Payはその名の通りApple製品以外(Androidなど)では使えないので、Apple Payに慣れてしまうと、iPhoneがあれば全て出来てしまうので、他の機種をメインにすることはなくなるでしょう

Apple Pay(アップルペイ)が使えるお店は?


最初の方でも少し書いていますが、Apple PayはSuica・iD・QUICPay対応の店舗であれば、どこでも利用することができます。

以下にApple Payを利用できる店舗を紹介していますがこれらはほんのごく一部です。

ローソンファミリーマートセブンイレブン
マクドナルドケンタッキーエディオン
イオンモールENEOSコジマ
ジョーシンすき家ソフマップ
TSUTAYAマツモトキヨシユニクロ

これら以外にもキャッシュレス決済に対応している店舗であればほとんどの場合Apple Payも利用できるので積極的に使っていくといいでしょう。

iPhoneユーザーにとってApple Pay(アップルペイ)は最適!

Apple PayはiPhoneユーザーだけが使える特権です。一度Apple Payを使ったキャッシュレス決済に慣れてしまうと、銀行からいちいち出金して財布に入れる必要もなく、店舗での支払いのために財布を開く必要もなくなります。

身分証を収納できるiPhoneケースを使っているのであれば、財布を持ち歩かなくてもiPhoneひとつでほぼ全ての決済と身分証明を行えるようになります。

それくらいApple Payを使ったスマホ決済は非常に便利なものですので、試しに一度使ってみると良いでしょう。

Apple Payはこちら

併せてオススメ

JCBカードならApple Payの利用で20%キャッシュバック!

CATEGORY

Apple Pay

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!