スマホ決済アプリ「LINE Pay(ラインペイ)」とは?特徴、使い方、仕組みを解説!

スマホの画面をかざすだけで決済ができるとしてスマホ決済アプリが注目を集めています。しかし以前から「交通系ICカード」や「おサイフケータイ」などがあったものの、まだまだ日本は現金主義です。
そんな中、「ペイペイ」「Origami Pay」といったスマホ決済に特化した会社から、「みずほWallet」といったメガバンクまでサービスに乗り込んできています。

今回はそのなかでもLINEで友人とお金のやりとりができたり、独自のポイントサービスで注目を集めている「LINE Pay(ラインペイ)」について詳しくご紹介します。

LINE Pay公式サイトはこちらから

スマホ決済アプリ「LINE Pay(ラインペイ)」とは?

「LINE Pay(ラインペイ)」とはLINEが提供する「おサイフ機能のサービス」です。

加盟店での買い物の支払いや、LINEを通じてユーザー間での送金・割り勘が簡単にできます。

クレジットカードのような後払い方式ではなく、事前にチャージする前払い式で、チャージは銀行口座でのオートチャージや、コンビニで簡単にできるようになっています。

さらに「LINE Pay(ラインペイ)」が使えるお店だけでの特別優待もあり、サービスは日々増えていっています。

入会金や年会費は無料で、LINEユーザーであれば誰でも利用が可能。難しい審査はなく、わずか数分で登録が完了します。

スマホ決済アプリ「LINE Pay(ラインペイ)」の特徴とメリットは?

「LINE Pay(ラインペイ)」はバーコードかQRコードの読み取りでの支払い、またはプリペイド式の「LINE Payカード」での支払いの2種類があります。

このカード払いはほかのスマホ決済にはあまりないサービスと言えるでしょう。

しかし、一番の他社サービスと異なる点は、LINEを使ったサービスです。

支払いを友だちと割り勘!そんなときに使える送金機能

飲み会やプレゼント代など、友だちと割り勘をしたい…そんなときにLINEを通じて簡単に送金できます。

端数の金額がうやむやになることもなく、スムーズなお金のやりとりが可能です。

また、送金の際にメッセージや画像を添えることができるのもLINEならではのサービスです。

※送金には、本人確認による認証が必要です。

LINEで利用履歴が確認できる

さらに、お金の出し入れが発生すると、LINEで通知が届きます。支払い金額や送金・チャージされた金額などの「LINE Pay(ラインペイ)」での動きはリアルタイムで把握することが可能です。

家計簿アプリとも連動するため、家計管理ツールとしても使えますし、万が一、身に覚えのない利用があってもすぐに分かるため安心して使うことができます。

買い物できる店舗は続々増加中

コンビニやドラッグストア、飲食店はもちろん、オンラインショッピングなど、お金を支払う様々なシーンで「LINE Pay(ラインペイ)」を使用することができます。

加盟店にQRコードかバーコードを見せる「コード支払い」と、事前にチャージした金額分だけ使えるプリペイドカード「LINE Pay カード」など、状況に応じた支払い方法を選択できるようになっています。

どちらも選べると、使えるお店の選択肢が広がりますね。どちらも現金での決済よりも、スピーディに会計を済ませることが実現できます!

LINEならではの質問機能

LINEのトーク機能を使って、自動で質問に答えてくれるサービスがあります。使い方などで分からないことがあれば、いつでも気軽に質問できるようになっています。

スマホ決済アプリ「LINE Pay(ラインペイ)」のメリットは?

利用するたびにポイントが貯まる

「LINE Pay(ラインペイ)」を使ったり、キャンペーンに参加するとLINEポイントが貯まります。

貯まったポイントはコード支払いやオンラインに支払いに併用したり、「LINE Pay(ラインペイ)」の残高に交換することも可能になってます。

手数料が無料!

上記の特徴に加え、「LINE Pay(ラインペイ)」の送金機能は手数料がかからないことがメリット。

さらに銀行口座を知らない相手でも、LINEの友だちであれば送金ができるようになっています。

手数料がかからず24時間365日いつでも利用できるため、現金書留やATM振り込みをするよりもお得にお金のやりとりができます。

※ただし、銀行口座を通しての出金には216円の手数料がかかります。

安心の補償サポート

「LINE Pay(ラインペイ)」では、不正利用や架空請求に備えて、不正行為によって発生した損害を補償する利用者補償制度を導入しています。

期限や原則10万円までといった条件付きではありますが、もしものことがあった場合でも、安心して使えるのはうれしいですね。

LINE Pay公式サイトはこちらから

スマホ決済アプリ「LINE Pay(ラインペイ)」の登録方法は?

「LINE Pay(ラインペイ)」の登録は、LINEアプリから行います。

LINEアプリの画面右下にある「ウォレット」を開き、LINE Payを選択すれば、すぐに始めることができます。ATMや店舗へ行く手間が省けるため、あらかじめ銀行口座を登録しておくことをオススメします。

また、コンビニでは本人確認なしでのチャージが可能です。

「LINE Pay(ラインペイ)」で支払う方法は?

決済方法は、下記の3種類があります。

  1. 「LINE Pay カード」 国内外のJCB加盟店で使えて、使うたびにポイントが貯まります
  2. 「コード決済」リアル店舗のLINE Pay加盟店でのお会計の際に、LINE Payで支払うことを伝えます。スマホでコード画面を提示して、レジで読み取ってもらえば支払いが完了します。
  3. 「オンライン決済」オンラインのLINE Pay加盟店でのお支払いの際に、決済手段としてLINE Payを選択すればOK。

スマホ決済アプリ「LINE Pay(ラインペイ)」の口コミは?


実際に「LINE Pay(ラインペイ)」を利用しているユーザーの口コミをまとめました。

  • 友だち間での無駄なお金のやり取りから解放されました!周りにも勧めています!
  • LINEのアプリだけですべて管理できるのが本当に便利。出入金が見やすくお金の管理がしやすいため、節約にもなっています。
  • 思っていた以上に加盟店が多く、使わない日はないくらいです。加盟していないお店でも、カードが使えるため便利です。
  • 使えば使うほどインセンティブがあるので、お得感がある。

なじみのあるLINEアプリだけでお金の管理ができるのは便利ですね。友だち間での金銭のやりとりがスムーズな点も評価が高いようです。

スマホ決済アプリ「LINE Pay(ラインペイ)」が使えるお店は?

グルメ、ビューティー、エンタメなど、様々なお店で使えるようになっています。コンビニは現在はローソンだけですが、おそらく今後利用できるお店は増えていくのではないでしょうか。

人気のお店

買い物

ローソン、阪急百貨店、阪神百貨店、サンドラッグ

飲食店

白木屋、魚民、笑笑、月の雫、パスタママ

その他

ビッグエコー、ジャンボカラオケ広場、ゲオモバイル

オンラインでは、ZOZOTOWNや新ラクマなど、若者を中心に人気を集めているお店が多いようです。

詳しくは公式サイトで調べることが可能です。

「LINE Pay(ラインペイ)」の加盟店ではないお店でも、「LINE Payカード」であれば、国内外のJCB加盟店約3,300店舗で利用できるため、カードの登録もしておいたほうが利用の幅が広がりそうですね!

スマホ決済アプリ「LINE Pay(ラインペイ)」のキャンペーンは?

「LINE Pay(ラインペイ)」では、常時さまざまなキャンペーンを実施しています。
期間や詳細については公式ブログやLINEアプリからチェックしてみましょう。

  • 初めての銀行チャージ2,000円以上で、1,000円相当のLINE Pay残高プレゼント
  • ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo開催!コード支払いでポイント3%上乗せ
  • モンテローザグループの店舗でのコード支払いでご利用金額の10%還元

※2018年12月現在。すでに終了しているキャンペーンもあります。

「LINE Pay(ラインペイ)」でスマホ決済を始めてみては?

お会計のときに財布いらずでスマートに支払いができるスマホ決済アプリ。各社から多くの同様のサービスがありますが、中でもLINEは、なじみのあるアプリ内ですべて完了できるようになっています。

出入金も把握しやすいため、お金を簡単・手軽に管理したい人はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

友だちとの金銭のやりとりも「LINE Pay(ラインペイ)」を使えばトラブルなくスムーズに行うことができるでしょう。

登録はLINEアプリが入っていれば、30秒ほどで完了するので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

LINE Pay公式サイトはこちらから