LINE Pay(ラインペイ)

LINE Pay(ラインペイ)カード発行のメリットは?使えるお店が海外にも

LINE Payといえば、スマホ決済アプリが有名ですよね。若い人を中心にユーザーを抱えるスマホ決済アプリは、キャンペーンやクーポンの豊富さから人気を集めています。利点の多いLINE Payですが、そのメリットをスマホ決済以外で利用したいと思いませんか。

中にはスマホ決済に抵抗がある人や、あまり利便性を感じない人もいるでしょう。それでもユーザーに還元されるキャンペーンは魅力的なはずです。

こちらでは、LINE Payのカード版「LINE Payカード」のメリットや使えるお店を解説していきます。

親記事スマホ決済アプリ「LINE Pay(ラインペイ)」とは?特徴、使い方、仕組みを解説!

LINE Pay(ラインペイについて詳しくはこちら

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

LINE Pay(ラインペイ)カードとは

まず、「LINE Pay」について理解していきましょう。

LINE Payは、LINEアプリ内で使えるスマホ決済サービスです。

スマホを使ったQR/バーコードでの決済に加えて、ユーザー間で現金の送受信を行える機能があります。

銀行・コンビニから現金をLINE Payにチャージすることで利用可能です。

では、LINE Payと「LINE Payカード」の違いはなんなのでしょうか。

LINE Pay(ラインペイ)と連動したプリペイドカード

LINE Payカードは、簡単にいえば、LINE Payのプリペイドカード版というイメージです。

一般的なプリペイドカードと同様で、現金をチャージすることによって買い物できる仕組みになっています。

LINE Payカードには、オンライン決済で使える「バーチャルカード」と店舗での決済で使える「プラスチックカード」の2種類があります。

バーチャルカードはスマホ上で利用するわけですが、これだと「LINE Pay」との違いがわかりにくいかもしれません。

違いとしては、QR/バーコード決済のLINE Payに対して、LINE Payカードはカード決済となります。

そのため今話題になっているスマホ決済サービスというよりは、「suica/モバイルsuica」のようなサービスに近いものです。

LINE Pay(ラインペイについて詳しくはこちら

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

LINE Pay(ラインペイ)カード発行のメリットは?

次に、LINE Payカードのメリットを紹介していきます。

ユーザー数も多いアプリのサービスであるためメリットがわかれば今すぐにでも使ってみたくなるでしょう。

入会費・年会費が無料

LINE Payカードは利用にあたって入会費・年会費が無料です。
システムの利用にお金がかからないというのはメリットとしてわかりやすいです。

年齢制限・審査なし

プリペイドカードと聞くと申込に審査が必要なのではと思ってしまうかもしれませんが、LINE Payカードでは、年齢制限や審査がありません

誰でも申し込んで利用を開始することができます。

国内・海外のJCB加盟店で利用可能

LINE Payカードは、ジャンル的にはJCBが取り扱うプリペイドカードということになります。そのためJCBに加盟している国内外の3,300万店舗で利用できます

LINE Payのようなスマホ決済アプリだと、国内でも使えるお店が限られてくる上に、海外ではサービスに対応していないことがほとんどです。

LINE Payカードは、国際ブランド「JCB」のプリペイドカードのため、単純な利便性からいえばスマホ決済サービスよりも断然優れています。

ポイント還元率は最大2%

料金や利便性以外の部分では還元率も気になるところです。

LINE Payカードでは最大2%という還元率を設定しています。100円あたり最大2円分のポイントが貯まるためその辺のクレジットカードよりもお得です。

オートチャージ設定できる

プリペイド式のカードのため利用にはチャージが必要となり、それが面倒という人も中にはいるでしょう。

それでもLINE Payカードでは、「オートチャージ」機能が備わっています。簡単に設定することができるためこれでチャージの手間がなくなります。

LINEに利用履歴が残る

キャッシュレス決済の1つでもあるプリペイドカードのため使いすぎが心配な人もいるでしょう。

ただ、LINE Payカードの場合LINEアプリ内に利用履歴が残るためそれを確認すれば利用状況が一目で把握できます。

紛失・盗難に遭っても安心

キャッシュレスの決済手段のリスクとして盗難や不正利用などが挙げられます。

スマホやカードを盗まれた場合、勝手に利用される可能性もありますが、LINE Payカードでは、そういった場合に最大10万円まで補償をしてくれます。

こういった補償内容は、サービスによって規約が異なるため心配な人はぜひ利用規約を確認してください。

LINE Pay(ラインペイ)が使えるお店が増えるカードを発行しよう

最近では各社がスマホ決済サービスに力を入れており、どこを見渡してもQRやバーコードを使った支払い方法を提供しています。

確かに便利かもしれませんが、ユーザーにとってはそれ以外の選択肢も持っておきたいところです。

LINE Payの場合、QRやバーコード決済を利用できますし、今回紹介したようなプリペイドカードを利用することもできます。

プリペイドカードに関してもユーザーにとって嬉しいメリットが盛りだくさんとなっているためぜひ使い方に合わせて自分の好きな方を選んでみてください。

LINE Payカードで買い物をよりスマートに便利にしていきましょう。

LINE Pay(ラインペイについて詳しくはこちら

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!