LINE Pay(ラインペイ)対応のキリンの自販機「タピネス」、設置数が50,000台突破

キリンビバレッジが展開するスマホ決済サービスのLINE Pay(ラインペイ)に対応する自動販売機「Tappiness(タピネス)」が、7月に設置台数50,000台を突破していたことがわかりました。

【PR】PayPay、銀行口座登録でもれなく1,000円相当のPayPay残高をプレゼント

タピネスでLINE Pay利用率が前年の2倍に

「Tappiness」はLINEから飲料を購入することができる、ビーコン経由でスマートフォンと接続可能な自動販売機です。飲料を購入すると1ドリンクポイントが付与され、15ドリンクポイント貯めることで飲料が無料になる電子チケットと交換可能できるようになっています。

支払いはスマホ決済サービスのLINE Pay(ラインペイ)も利用でき、キャッシュレス決済の需要が高まったことで「Tappiness」におけるLINE Payの利用率が前年の約2倍に増加しました。
またLINE Payを含めた「Tappiness」のキャッシュレス決済ユーザーは、現金決済ユーザーに比べて1人当たりの購入本数が約3割多い傾向があるとみられています。

LINE Payはこちら

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

おすすめ記事

この記事に関連するタグ

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。