LINE Pay(ラインペイ)がWeChat Payと連携開始

スマホ決済サービスのLINE Pay(ラインペイ)が本日8月9日(金)より、中国のスマホ決済サービスであるWeChat Pay(ウィーチャットペイ)との連携を開始しました。

【PR】PayPay、銀行口座登録でもれなく1,000円相当のPayPay残高をプレゼント

LINE Pay加盟店でWeChat Pay利用可能に

今回の連携開始により、WeChat Payユーザーは日本国内のLINE Pay加盟店に掲示されたQRコードをWeChat Payで読み込むことで決済ができるようになりました。

また店舗や企業がLINE Payを新規導入する際、「LINE Pay Global Alliance」で提携するWeChat PayとNAVER Payも同時に加盟店申請、審査などの手続きを一度に行え、売上もLINE Payと合算し管理が可能となります。
WeChat Payの加盟店手数料もLINE Payと同じく、2021年7月31日まで0%で提供されます。
既存のLINE Pay加盟店でも本日以降順次WeChat Payに対応し、対応する店舗にはアクセプタンスマークが掲出されます。

LINE Payは日本国内はもちろんのこと、海外からのインバウンド対応も強化することで国内加盟店におけるモバイル決済をより活発化していくとしています。

LINE Payはこちら

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

おすすめ記事

この記事に関連するタグ

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。