LINE Pay(ラインペイ)

GMOメイクショップ、LINE Pay(ラインペイ)を決済方法に追加へ

GMOメイクショップがスマホ決済サービスのLINE Pay(ラインペイ)を決済方法に追加すると発表しました。

【PR】PayPay、銀行口座登録でもれなく1,000円相当のPayPay残高をプレゼント

ネットショップ構築ASP業界でLINE Pay初導入へ

ネットショップ構築ASP「MakeShop byGMO」は、2019年9月19日(木)より新たな決済方法として「LINE Pay」を追加します。

以下、プレスリリースより引用。

「LINE Pay」導入の背景

昨今のEC(オンライン)での取引は、時間や場所を問わず商品を購入できるという利便性から、物販分野のEC取引のうち39.3%がスマートフォンを経由しています(※1)。「MakeShop」においても、スマートフォンユーザーに親和性が高いID決済サービスの追加や機能改修に加え、スマートフォンからの閲覧にも最適なレスポンシブWebデザイン対応のデザイン編集機能「クリエイターモード」を提供するなど、スマートフォンユーザーに向けた環境整備に取り組んでいます。その結果、2018年の流通額はスマートフォンからの購入が前年と比較して17%増加しています(※2)。また、実店舗(オフライン)においてもスマートフォンで決済ができるサービスが多数登場し、キャッシュレス決済が普及し始めています。

GMOメイクショップはこのような背景から、オンライン・オフラインの隔てなくスマートフォンでの取引が行える共通の決済サービスを追加することでユーザーの利便性を高めることができれば、購買促進へつながるのではないかと考えていました。

一方「LINE Pay」は、月間8,100万ユーザーが利用するコミュニケーションアプリ「LINE」上で展開するモバイル送金・決済サービスとして、2014年12月より提供されています。LINEアカウントを持っていれば誰でも利用することができ、クレジットカードを持っていなくても銀行口座やコンビニでチャージした残高から送金や決済が可能なため、現在約3,600万人(※3)のユーザーが登録しています。

そこでこの度GMOメイクショップは、オンライン・オフラインの隔てなく利用できる決済方法として、スマートフォンユーザーに親和性が高く利用しているユーザー数も多い「LINE Pay」を「MakeShop」に追加することといたしました。なお、「LINE Pay」との連携はネットショップ構築ASP業界において初となります。

(※1)経済産業省商務情報政策局情報経済課「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」https://www.meti.go.jp/press/2019/05/20190516002/20190516002-1.pdf
(※2)自社調べ(2019年3月時点)
(※3)LINE Pay社調べ 「LINE Pay」国内登録ユーザー(2019年6月時点)

「LINE Pay」導入の概要

「MakeShop」をご利用のショップ運営者は、購入者向けに提供するお支払い方法に「LINE Pay」を追加することで、スマートフォン経由で購入するユーザーの利便性を高めることが可能となります。

対象

「MakeShop」のプレミアムショッププランをご利用のお客様

ご利用料金

初期費用 :無料
月額費用 :無料(※4)
決済手数料:物販/サービス 3.45%・デジタルコンテンツ 5.5%

ご利用方法

「LINE Pay」サイトにて加盟店申請をし、発行されるコードを
「MakeShop」の管理画面で入力するだけで実装が可能となります。
(※4)別途、「MakeShop」のご利用料金が必要となります。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!