LINE Pay(ラインペイ)

LINE Pay、残高が銀行口座へ振込可能に 相手の口座が分からない振込にも対応

スマホ決済サービスのLINE Pay(ラインペイ)が本日12月9日(月)より、LINE Payの残高を法人・個人の銀行口座へ振込できるサービスを開始しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

国内の決済サービス初となる機能を提供開始

本サービスでは相手の銀行口座が分かれば、手数料176円でLINE Pay残高から相手の銀行口座へ振込が行えます。
法人口座への振込もでき、習い事の月謝、商品購入代金、受験料、家賃などさまざまな用途での利用が想定されているといいます。

なお、相手の銀行口座が分からない場合でも、相手の名前・電話番号・メールアドレスといった情報が分かれば振込が可能。
この場合はLINE Payからの通知であることに加え、送り手が登録した口座名義のユーザーのみ受け取れる仕組みになっており、万が一電話番号やメールアドレスを間違えた場合でも悪用されないとのことです。

本サービスはiPhone・Androidで提供されているLINE Payのアプリ、もしくはAndroid版のLINEアプリから利用可能です。iPhone版LINEアプリでも、近日本機能に対応するといいます。

なお決済サービスの残高を銀行口座へ振込できるのは、国内決済事業者としてLINE Payが初となります。

LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら

併せてオススメ

LINEモバイル「夏のWプレゼントキャンペーン 最大10,000円相当プレゼント」実施中

最新情報をチェックしよう!
WRITER
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。